バックエクス テンション運動屋外トレーニング フィットネス男

バックエクステンションで脊椎起立筋を鍛えろ!その効果とやり方は?

 

バックエクステンションで鍛えることができる体の主な筋肉

広背筋を披露するボディビルダー
バックエクステンションは、主に脊柱起立筋や大臀筋・ハムストリングスなど、体の裏側を鍛えることができる筋力トレーニングです。他の筋トレ種目で例えると、デッドリフトとほぼ同じような効果が期待できます。

体の裏側の筋肉は特にアスリートにとって重要で、トラックや跳躍・投擲種目などの陸上競技、ラグビーや野球・サッカー・テニス・バスケなどの球技も含め、スポーツ全般にわたり強く意識されている筋肉です。

また体の裏側の筋肉はアスリートだけでなく、ダイエットや健康づくりなどのため一般的にトレーニングを行っている人にとっても、鍛えることはとても有意義なことといえるでしょう。

特に脊柱起立筋や大臀筋などは体の中でも比較的に大きな筋肉の部類に入りますので、鍛えて発達することにより、脂肪燃焼や姿勢を保持する際に役立ちます。

バックエクステンションは、身体能力の向上や体質改善・関節保持など、さまざまな分野の基礎筋力向上に利用できる万能筋力トレーニングなのです。
【関連記事】デッドリフトの正しいフォームで最高の筋トレ効果を!そのやり方と効果を解説します

脊柱起立筋とはどのような筋肉なのか?

背筋群の解剖図(脊柱起立筋)
バックエクステンションで鍛えることができる筋肉の中でも、重要な要素の1つとなる脊柱起立筋とはどのような筋肉なのでしょうか。

脊柱起立筋は、背中の動きをコントロールする司令塔のような働きを持っています。体幹という言葉がありますが、この脊柱起立筋はまさに体の中心部を支える大事な役目を担っています。

脊柱起立筋が構成される場所は、背中の中でもより中心に近い位置です。また筋肉として単独で作られているのではなく、9つの筋肉がより集まることで構成されています。

脊柱起立筋が収縮することは、上半身を起こす動作につながります。背伸びをするときや姿勢を正すときに背筋を伸ばすようなイメージです。作用を及ぼす際は9つの筋群全てを動員することになります。

脊柱起立筋を表面から確認することはできません。いわゆるインナーマッスルとして背中の内部に存在しており、他の筋肉と比較しても細く長い形が特徴的です。

インナーマッスルゆえに、鍛えている感覚や発達している感覚などをつかむのが難しいため、トレーニングの行いすぎなどには注意が必要です。

バックエクステンションの種類と正しいやり方

女性フィットネス マット コア ストレッチを行います。ジムでストレッチ運動を行う筋肉の若い女性。
バックエクステンションにはさまざまな方法があり、自身の体重のみの負荷で行う方法・道具や器具などを使用する方法・マシンを利用する方法などに分かれます。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. マスク トレーニング
  2. パンプアップ
  3. パーソナルトレーナー
  4. トレーニング ストレッチ
  5. 食事

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP