仕上がった臀筋、背筋群を見せつけるボディービルダー

お尻を効率的に鍛える筋トレとは?

 

美尻をゲットするために筋トレは必須

ダイエットに成功した女性

恰好良く引き締まったお尻、美しいヒップラインというのは年齢を追うごとに実現しにくくなります。
特に女性に関しては美しさを細さで語ることが多く、脂肪燃焼へ興味が行きがちです。

しかし、本当に美しいボディラインを目指すならば筋トレは欠かせません。
若い頃はあえてトレーニングせずとも自然なハリを保っていた臀部が、加齢につれ垂れてしまったり、脂肪のぶよぶよ感が出てしまったりと見栄えしません。

とは言え忙しい日常生活の中でトレーニングに多くの時間を捻出するのは現実的ではないでしょう。

ここでは隙間時間に自宅でトレーニング出来る、美しいヒップラインのための筋トレメニューをご紹介します。

ヒップラインを整えるおすすめの筋トレ方法

ヒップラインを美しくする筋トレ種目としておすすめしたいのがスクワットです。

臀部の筋肉である大臀筋を鍛えることで綺麗な丸みを帯びたお尻を実現出来るのは勿論ですが、スクワットでは太腿の筋肉である大腿四頭筋やその裏の筋肉であるハムストリングスも同時に鍛えられるのです。

太腿やお尻の筋肉は人間の身体の中でも大きな筋肉であるため、これらの筋肉が発達すると基礎代謝が向上し太りにくい体質になります。

太腿を鍛えると足が太くなる?

鍛え抜かれたヒップを見せつけるジムウェア姿の女性

太腿を鍛えると足が太くなると思ってはいませんか?
これは大きな誤解です。

無論、ボディビルダーのように筋肉の肥大に特化したトレーニングをしていれば別ですが、スクワット程度でそこまでの筋肉を作り上げるのは至難の業です。

確かに筋肉がつき始めた頃は体重が増えることもあります。
これは筋肉が脂肪よりも重いために起こりますが、同じ重さでも体積で言うと脂肪の方が小さいため、見た目の印象は大きく異なるのです。
また、筋トレを続けていれば徐々に脂肪が燃焼されるため、筋肉をつけた方が結局は細くなります。

では次に、基本のスクワットのやり方について紹介します。

スクワットでダイエット&美尻を実現する

基本のスクワットのやり方

  1. 直立し、両足を肩幅程度に開き、足先を少し外側に向けます。
  2. 背筋を伸ばしたまま、太ももが水平になるまで両膝を曲げて腰を落とします。
  3. 両膝を伸ばして腰を上げます。2と3を繰り返しましょう。

1日30回を目標に行います。
慣れを感じたら徐々に回数を増やしていきます。順調にいけば100回くらいはクリア出来るでしょう。

※スクワットのポイント
膝がつま先よりも前に出ないよう心掛けましょう。
背中を丸めず、胸を張ったまま行います。
出来る限りゆっくり実施します。

筋肉痛が起きた場合の対処方法

ふくらはぎの筋肉痛

トレーニングを始めて間もなく筋肉痛が生じるでしょう。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 筋トレ バーベル
  2. 女性 ヨガ
  3. トレーニング器具

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP