公園で筋トレする男性

リバースプッシュアップで筋トレ!自宅で簡単!三頭筋トレーニング

 

慣れ親しんだトレーニングであっても、少しやり方を変えるだけで強度が増したり、鍛えられる筋肉が変わったりします。
今回紹介する「リバースプッシュアップ」も、そんなトレーニングの1つ。

上腕三頭筋を鍛える効果がかなり高いと言われるリバースプッシュアップのフォームや取り組み方、コツなどについて解説しましたので、ぜひ参考にしてください。

上腕三頭筋とは

二の腕の筋肉

上腕三頭筋は、いわゆる「二の腕」の部分にある筋肉です。
その反対側にあるのが、名前のよく似た上腕二頭筋。
こちらはトレーニングに取り組む人でなくても知っているくらい有名な筋肉ですね。

力こぶでアピールできる上腕二頭筋と比べ、上腕三頭筋は若干地味な印象もあります。
しかし、腕の力強さを出すには両方をしっかり鍛えることが大切です。

二の腕のたるみが気になる方も、上腕三頭筋を鍛えて引き締めたいところです。

上腕三頭筋の働き

上腕三頭筋は、長頭、内側頭、外側頭の3つに分かれます。
全体としては肘の伸展(伸ばす働き)に関わります。
長頭は上腕の伸展や内転(手を体に近づける動き)にも関わります。

三角筋にも効果あり

リバースプッシュアップは、上腕三頭筋のほか、三角筋にもある程度の効果が見込めます。
三角筋とは肩周りの筋肉で、ここを鍛えることで頭を小さく、ウエストを細く見せる効果が期待されます。

たくましい腕

リバースプッシュダウンの特徴

トレーニングの準備

上腕三頭筋に効果があるリバースプッシュダウン。

このトレーニングは道具がなくても行なうことができますが、あるとより効果的なのは、「適度な高さの台」です。
適度な高さとは、座ったときに両足が付くイスの高さまでを想定してください。

トレーニング用のベンチがあればもちろんそれでもいいですし、イス、あるいはちょっとした段差を利用して取り組むことができるトレーニングです。

このトレーニングのように、器具を必要とせず自分の体重で筋肉に負荷をかけていくトレーニングを、自重トレーニングといいます。

鍛えたい筋肉の自重トレーニングをマスターしておくと、スポーツジムに行く時間や余裕がなくても、いつでもトレーニングに励むことができますよ。

ジムではこのトレーニングを

リバースプッシュダウンはどこでも取り組める利点がありますが、スポーツジムであれば器具を使ってより効率よく上腕三頭筋を鍛えることができます。

おすすめのトレーニングは「トライセプスダウン」。
ケーブルマシンを使って、上腕三頭筋にしっかり負荷を与えていきましょう。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 呼吸

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP