ジムのトレーニングエリアで腹筋する男性

クランチを極めて腹筋を効率的に鍛える!

 

クランチを極める!

腹筋する男性

様々な筋トレメニューの中でも、とりわけクランチは多くの人が経験しているだろう種目です。
クランチというと分からない方もいるかもしれませんが、所謂腹筋運動です。

自重を使ったトレーニングなので特別な器具も広いスペースも必要ありません。
その手軽さからエクササイズとして行っている方も多いでしょう。

そのクランチ、実は間違ってるかも

ポイント

ただ、ポピュラーなトレーニングなだけに見様見真似でやっている方も多いでしょう。
正しいフォームや意識で行うとトレーニング効果も変わってきます。

加えてクランチにも幾つかのバリエーションが存在し、やり方次第で効かせる部位が変わります。
クランチに対する知識を深めて、効率良く体を鍛えましょう。

改めてクランチをしっかり学ぶ

クランチで鍛えられる筋肉

まず、クランチによって得られる効果を確認しましょう。
クランチで鍛えられる筋肉は次の通りです。

  • 腹直筋

腹直筋は腹部の中心にあり、シックスパックとして浮き上がる部分でもあります。

腹直筋の役割

引き締まった腹筋の男女

クランチで鍛えられる腹直筋の役割は次の通りです。

  • 胸郭全壁の引き下げ
  • 骨盤の前部の引き上げ
  • 体幹の屈曲
  • 腹腔内圧の引き上げ

腹直筋を鍛えれば体幹が強化され腹部全体が引き締まります
無論、代謝も向上し太りにくく痩せやすい体質に近づいていきます。

クランチのやり方

では、クランチの正しいやり方をご紹介します。

  1. 床にマットなど敷き、仰向けになります。脚は曲げた状態にしましょう。
  2. お腹で息を吸いこみながらゆっくり体を丸めながら上体を持ち上げる。
  3. 息を吸いながらゆっくり体を戻す。

まずは30回を目標にフォームを意識しながら行います。
慣れてきたら回数を徐々に増やしていきましょう。

クランチのポイント

筋肉の鎧をまとった男性

クランチのポイントは次の通りです。

  • 背中の中心が床になんとか着いているくらいの角度で行います。
  • 脚や腕の力は出来るだけ抜き、腹筋のみで収縮していることを常に意識しながら、ゆっくりと体を丸めます。
  • 限界まで腹筋を収縮させて、そのまま2秒、しっかりキープしましょう。
  • 戻す時も、背中の真ん中あたりから上、肩甲骨周辺は床につけずに浮かせたままの状態を維持し、再びゆっくりと体を丸めていきます。

慣れたら負荷を上げる

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット (片手20KG×2個)
始めのうちはきつくとも、慣れてくると100回程度はこなせるようになるでしょう。

その後も回数を増やしていっても良いのですが、トレーニングに掛かる時間が伸び、集中力が下がってしまいます。
意識が散漫になると一回毎のクオリティが低下し、飽きてしまえば継続も困難です。

その場合は胸にダンベルを抱えるなどして負荷を増やし、効率良く追い込んでいきましょう。

クランチとシットアップの違い

クランチはシットアップというメニューに似ています。
シットアップも腹直筋は鍛えられますが、よりお腹にポイントを置きたい方はクランチを中心に行いましょう。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 朝エクササイズ
  2. 走っているランナー
  3. 女性のお腹と花
  4. 炭酸水 レモン ライム
  5. サッカー トレーニング
  6. シューズ、女性
  7. フィットネスジム
  8. パン
  9. サンドイッチ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP