ハンギングレッグレイズ

ハンギングレッグレイズのやり方と効果!腹筋/下腹の筋トレ

 

同じ筋肉を鍛える場合であっても、トレーニングをする場所や強度などによってさまざまなトレーニングがあります。
中には身近な器具で取り組むことができるものもたくさんありますから、いくつか習得しておくと手軽にトレーニングに励むことができます。

今回紹介する「ハンギングレッグレイズ」は、レッグレイズの強化版とでも言うべきハードなトレーニングです。
ハンギングレッグレイズで腹筋をさらに引き締め、誰にも負けない体づくりを目指しましょう。

腹直筋下部に効果が高いトレーニング

腹直筋とは

ハンギングレッグレイズは、腹直筋の下部に高い効果が期待されるトレーニングです。

腹直筋とは、お腹周りにある腹筋のひとつ。
お腹の前面にあり、単純に「腹筋」という場合にここをイメージする人も多い筋肉です。
例えばシックスパックでも、「腹筋を6つに割る」なんて言いますよね。

腹直筋の下部は、「下腹」と呼ばれることもあります。
スリムに見せるためにはぜひ引き締めたい部分のひとつです。

腹直筋の働き

腹直筋は、体幹の屈曲(曲げる動き)、回旋(回したりねじったりする動き)、側屈(横に曲げる動き)、呼吸に関わります。

また、腹横筋(腹斜筋の奥)と連携して腹圧を高める働きをします。
腹圧を高める動きは、排便や排尿、そして姿勢の維持など日常生活に深く関わります。

女性であれば、出産時に力を入れる部分ですね。
腹筋を見せつけ寝そべる男性

ハンギングレッグレイズの特徴

必要な器具

腹直筋下部に効果があるハンギングレッグレイズ。
このトレーニングに必要な器具は以下のとおりです。

  • 適度な高さのバー

適度な高さとは、おおよそ胸の高さ以上です。
後ほど説明する姿勢を取ったときに、足がつかなければ問題ありません。
もちろん、公園にあるような鉄棒でも大丈夫です。

ただし、あまりに低いと脚を動かしづらく、高さを維持するために腕の筋肉も使うことになるので、なるべく高いものを探しましょう。

ハンギングレッグレイズは器具を必要とするものの、トレーニングにあたっては自分の体重で負荷をかけますので、自重トレーニングのひとつです。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 炭酸水 レモン ライム
  2. サンドイッチ
  3. バランス

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP