圧迫された血管

加圧トレーニングにダイエット効果はある?筋肉の負荷を体験してみる

 

トレーニングの負荷を上げる方法の1つとして「加圧トレーニング」をご存知ですか?加圧トレーニングとは、血流を制限した状態で目指す効果に合わせた運動を行うトレーニング法です。

加圧トレーニングを行うことで、「血行の促進」「筋力の増強」「新陳代謝の活性化」など様々な健康効果を得られます。ただ、加圧トレーニングは正しいやり方でないと危険なトレーニングでもあります。

今回は、そんな加圧トレーニングの基礎理論から丁寧に説明していきましょう。また、加圧トレーニングで得られる効果ややり方のポイントに至るまでまとめていますので、合わせて参考にしてみてください。

加圧トレーニングを基礎理論から

血管の様子

冒頭でお伝えした通り、加圧トレーニングは専用の器具を使用し血流を抑制しながら運動を行うトレーニングです。ではまず、加圧トレーニングの基礎理論から見ていきましょう。

加圧前

加圧トレーニングでは、加圧前に個人に合わせた「加圧」を設定しておきます。先述した通り、加圧トレーニングでは血流を抑制できます。つまり、圧力で血管を締め付けている状態です。

年齢・性別・体重など、さまざな状態により血管が耐えられる圧力というのは異なります。適切ではない加圧を行うと、血管が耐えられず「破裂」という危険性もあります。必ず有資格者の指導のもと行いましょう。

加圧時

加圧トレーニングでは専用の器具を使用し、腕・脚周りの血管を加圧していきます。加圧することにより太い血管が優先的に締め付けられ、普段はあまり働いていない毛細血管に血流が流れます。

また、血流が制限されることにより筋繊維に送られる酸素量が減り、血中の乳酸濃度が高まります。高まった乳酸は筋繊維(受動態)を刺激し成長ホルモンの分泌を促すという訳です。

加圧後

成長ホルモンの働きの1つに「体脂肪の減少」というものがあります。これは、成長ホルモンが体内の脂肪分を燃焼させ、発生した遊離脂肪酸が血中に流れ出すことで起こる働きです。

また、その他にも成長ホルモンは私たちの体組織に様々な効果をもたらします。このように、加圧トレーニングは加圧前・加圧中・加圧後と体の中で様々な変化を起し、体に良い効果へと繋げるトレーニング法です。

加圧トレーニングの効果

健康的な女性

先ほどは、漠然と「良い効果」と表現しました。おそらく「どんな効果?」と思った方がほとんどでしょう。そこで、ここからは加圧トレーニングにより得られる効果についてまとめていきます。

血行が促進される

加圧トレーニングにより締め付けられた血管は極端に血流の少ない状態です。私たちの脳は、常に体を正常な状態に保とうと作用します。その為、脳は心臓に血流を増やすよう指示を送ります。

血流が増えることにより、太い動脈・静脈だけでは血液を受け止めきれなくなります。その結果、余った血液が毛細血管に流れ込み血行がよくなるという訳です。また、同時に血管自体を柔らかくする効果も期待できます。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 炭酸水 レモン ライム
  2. サンドイッチ
  3. バランス

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP