重量の変わる重し

パワーブロックダンベル【可変式ダンベル】の筋トレ方法とメリット・デメリット

 

筋トレにハマるとどうしても欲しくなるのがダンベルです。ただ、ダンベルは集め出すと数が多くなりやすく場所を取ります。アパートやマンションなどの方は十分な種類のダンベルを揃えるのは難しいでしょう。

そこでおすすめするのが「パワーブロックダンベル」という選択肢です。パワーブロックダンベルであれば従来のダンベルのように数を集めることもなく、ピンを抜き差しするだけで様々な重量に変化させることができます。

今回は、そんなパワーブロックダンベルのメリット・デメリットについてご紹介しましょう。また、パワーブロックダンベルの中でも特におすすめする商品についてもまとめていますので、合わせて確認してみて下さい。

パワーブロックダンベルのメリット

チェックリスト

冒頭で紹介した通り、パワーブロックダンベルはピンを抜き差しするだけで様々な重量に変化するダンベルです。では、まずはパワーブロックダンベルのメリットについて見ていきましょう。

細かな重量の調節

パワーブロックダンベルは「ウェイトスタック式」を採用しています。その為、筋トレの種類や自分のレベルに合わせて自由かつ素早く重量の調節が可能です。

インターバルが短く強度の高い筋トレでは素早い重量の調節が求められます。その点、パワーブロックダンベルであれば自宅にいながらジムと変わらないレベルの筋トレができます。

コンパクトで使いやすい

パワーブロックダンベルはシャフト・プレート(重り)などの部品を全て1つにまとめることができます。その名の通り「ブロック」のような状態にでき、非常にコンパクトで場所を取りません。

その上、使い勝手は従来のダンベルとそれほど変わりません。ダンベルプレス・ダンベルフライ・ダンベルシュラッグなどダンベルトレーニングであればいつもと変わらない使用感です。

長期的に使える

先述した通り、パワーブロックダンベルはブロックのような見た目で頑丈な作りをしています。作り自体もシンプルなので、少し乱暴に使用したとしてもまず壊れません。

また、仮に壊れたとしてもパワーブロックダンベル(パワーブロック社)には10年以上の保障制度が付帯されています。パワーブロックダンベルが1台あれば長く・安心して使い続けることが可能です。

パワーブロックダンベルのデメリット

注意点

これまではパワーブロックダンベルのメリットばかりが目立っていました。そこで、ここからはパワーブロックダンベルのデメリットについても触れたいと思います。

価格が高め

パワーブロックダンベルは従来のダンベルに比べて価格の設定が高めです。例えば、ダンベルであれば安いものなら2,000円程度で見つけられます。最近では100円均一にさえ置いてあります。

反面、パワーブロックダンベルは安いものでも数万円からです。また、変更できる重量の幅が大きなものになると10万円以上もするものもあり、本格的に筋トレをしないのなら勿体無い気がします。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 腹式呼吸

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP