壁に掛けられたボクシングのグローブ

伊勢谷友介の筋肉マッチョまとめ!映画『あしたのジョー』で行ったダイエット方法とは?

 

伊勢谷友介さん演じる力石徹が「原作そのまま」と評判に!


映画『あしたのジョー』では、力石徹を演じる伊勢谷友介さんの肉体改造が話題になりました。

役づくりとはいえ「よくぞここまで造り上げた」と絶賛された肉体は、なんと体脂肪3パーセント

そこまで体脂肪を落とせば日常生活すら困難になりかねないレベルです。

そんな状態で「力石徹」を演じ続けた伊勢谷友介さんは、さすがとしか言いようのない役者魂を見せつけてくれました。

力石徹といえば過酷な減量

ちなみに「力石徹」って?

「あしたのジョー」は原作の連載開始が今から約50年前の1968年という、かなり古い漫画です。

「力石徹」の名前は聞いたことがあっても、どんなキャラクターなのか実はよく知らない、という方は多いのではないでしょうか。

そんな方のために少し説明すると、力石徹は天才ボクサーで、主人公・矢吹ジョーの永遠のライバル

冷静沈着な立ち居振る舞いの中に熱い魂を秘めた姿は、とにかく「カッコイイ」の一言、作品中で1位、2位を争う人気キャラクターでした。

力石徹が行った減量とは

ミネラルウォーター

当時フェザー級で活躍していた力石徹は、1ランク下のバンタム級である矢吹ジョーと対戦するために減量を行います。

「1ランクだけ下げるのなら、そう大変じゃないのでは?」と思うかもしれませんね。

しかし力石徹はもともとウェルター級(上限約66kg)だったことを知れば、その評価は変わるしょう。

つまり、もともとのベストを9kgほど絞ってフェザー級(約57kg)にしていたところを、さらにバンタム級(約53kg)まで下げる、合計13kgの減量を彼は行ったことになります。

力石徹はジムの1室に暖房を入れて鍵をかけ、雨合羽を着込んでトレーニングに励みました。

口にするものは1日リンゴ1個、水も飲まないという、死と隣り合わせと表現しても決して大げさではない、過酷なダイエットに挑んだのです。

伊勢谷友介が行った過酷なダイエット法


そんな原作を忠実に受け、伊勢谷友介さんも役づくりのために非常に過酷なダイエットに挑んでいます。

あまりの壮絶さを見かねて、周囲のスタッフ達が「やめさせて」と監督に進言したという話も残っているほど。

それでも伊勢谷さん本人は「(役づくりは)役者だからあたりまえ」とダイエットを敢行、その最中は愚痴など一言も漏らさなかったそうです。

減量のピークである計量時の、まるでエイリアンのように腹筋がえぐれた映像が衝撃的でしたが、CGなどのごまかしは一切ない状態なのだとか。

伊勢谷友介さんは一体どのようなダイエットを行っていたのでしょうか。

1日の総カロリーはなんと250kcal

レモン伊勢谷友介さんのもともとの体重は67kg。それを撮影前に1週間かけて10kg落とし、57kgにしたそうです。

その方法とは、1日の総摂取カロリーを250kcalに抑えるというもの。

体重が67kgある30代男性の基礎代謝量(心臓の動作や呼吸など、生命維持のために最低限必要なエネルギー量)がおよそ1500kcalということから考えると、かなり危険なダイエットであることが分かります。

減量ピーク時の1日に許された食べ物は、キウイとレモン1個ずつのみ。

その状態でサウナに入り、水分を絞りとるのです。

伊勢谷さんいわく、減量時は体がずっとしびれたような状態で、夜も体が熱くて全然眠れなかったとのこと。

歩くときも感覚がおかしくて、立ちくらみがしていたそうです。

減量中も役づくりのために筋トレ

役づくりのために、まさに生きるか死ぬかのダイエットに臨んでいた伊勢谷友介さんですが、力石徹は天才ボクサーなので筋肉を落としてはいけないという難題があります。

それなので、伊勢谷友介さんは過酷なダイエットに励む傍ら、筋トレも着々と行っていました。

その方法は、腹筋や背筋といった自重トレーニングを30分続けるというもの。

矢吹ジョー役の山下智久さんと同じ内容のトレーニングですが、「あいつが頑張っているから俺も!」というふうに、お互いに刺激し合って続けたそうです。

伊勢谷友介さんの役者魂にひたすら感服

伊勢谷友介さんは、まさに死の淵を見るようなダイエットを力石徹になりきるために行い、その結果非常に説得力のある映像ができあがりました。

伊勢谷さんはこのダイエットを監督などに強制されたわけではなく、自発的に行ったのだそうです。

「力石徹役だからと、ごく自然な流れでやった」(要約)とのこと。

そんな素晴らしい役者魂を持つ伊勢谷さんは、ほぼ毎日ツイッターで自身のつぶやきを発信しています。

内容はやはり仕事のことが多いですが、ときにはフォロワーからのこんな質問にも丁寧に返信しているみたいですね。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP