ストレッチする筋骨隆々の男性

ストレッチで防げる?不快な筋肉痛

 

筋肉痛とストレッチについて

激しいスポーツをした後は普段あまり使わない筋肉を酷使するため、翌日はガチガチの筋肉痛に見舞われることがあります。
これは中々辛いし、嬉しいとは思わないでしょう。

ただ体を鍛えるために筋トレをしている方の中には、筋肉痛をご褒美にように感じる方も多いはずです。
筋肉を肥大させたい時は、トレーニングで追い込むことで筋組織を壊し、それをしっかり休ませ栄養補給をすることで超回復をはかるのです。
筋肉痛にならなければ筋肉を追い込みきれていない訳ですから、筋肉痛になった時にこそ達成感を覚えるのです。

筋肉痛が出ている時はトレーニングはNG

無論、そんな方々にとっても筋肉痛が心地良い訳ではありません。
あくまで達成感に満足しているだけで、筋肉痛がしている間はその筋肉を鍛えることが出来ません

単に筋肉を大きくしたいだけの方であればそれでも良いでしょう。ただ筋トレと平行してダイエットしている方からすると、筋肉痛が生じる=運動が出来なくなってしまうことに等しいのですから、脂肪燃焼のことを考えると焦れったくもなるでしょう。

なってくれなければ困りますが、なってしまったらしまったで鬱陶しい筋肉痛。
例えば、早く治したり、痛みを軽減する方法はないのでしょうか。

筋肉痛以降の筋トレ

ジョギングするスポーツマン

ストレッチで筋肉痛の部位を伸ばすというのは、セオリーとして実施しても良いものでしょうか。

答えはノーです。
やはり筋組織、筋繊維が壊れているところに刺激を加えるのは超回復の妨げになります。基本はやってはならないことです。
ただし筋トレ直後、まだ筋肉痛が始まっていない時に静的ストレッチを行うのは効果があるようです。

具体的には、鍛えた部位の疲労を抜くイメージでその部分をゆっくり伸ばす、などであれば問題ありません。軽めにジョギングをしたり、エアロバイクを漕いだりするのも良いでしょう。
激しくマッサージして体をほぐすようなストレッチは逆効果になります。

筋肉的には炎症を抑えるためにアイシングをましょう。
熱い風呂には入らずに、シャワー程度をにするか、基本は冷やした方が良いでしょう。
あとは栄養源となるたんぱく質をとって休み、痛みが引くのを待ちます。

【関連記事】筋トレ効果を最大化する食事メニューと食材とは

なぜ筋肉痛は痛いのか

背中の痛みと上半身裸の若い男のクローズ アップ。灰色の白い背景の上に立っている若い男

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ジョギング ウォーキング
  2. プール

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP