機能トレーニングをする女性

女性向けおすすめ筋トレダイエットのトレーニング方法をマスターして、ダイエット効果アップ!

 

ダイエットに筋トレをオススメする理由

プッシュアップバーをする女性

ダイエットと聞くと最初に思い浮かべるのは食事制限やランニングなどの有酸素運動もしくは筋トレではないでしょうか。これらが目標体重に近づけるための王道かついちばんの近道ではないかと思います。

しかしやり方を間違えたりするとただ体がやせ細っていくだけの不健康なダイエットになってしまったり、結局続かなかったりと大変なことになるのは目に見えています。

そうならないために筋トレをしてまずは痩せやすい体に変えていくことが大事だということを、今回はご説明します。

筋トレダイエットの効果

基礎代謝を上げることができる

グラフ

人間の体は動いていないときにも生命維持活動のためにカロリーを消費しています。これが基礎代謝です。

痩せるためには代謝のアップが欠かせません。有酸素運動などでカロリーを消費するだけでなく、筋トレを行い筋肉をつけることによって基礎代謝のアップもできます。

基礎代謝のアップができるということは痩せやすい体になるということ。筋トレはしておいて損はありません。

バストアップやヒップアップが可能

ヒップラインが綺麗な女性たち

筋肉の衰えによりバストやヒップは垂れ下がることがあります。筋トレで胸の筋肉を鍛えることによりバストアップに、お尻の筋肉を鍛えることでヒップアップに繋がるとともに予防にも効果的です。

女性らしい引き締まった体になる

ダイエットに成功した女性

バストアップやヒップアップが可能ということは女性らしい体により近づけるということです。また腹筋運動などでくびれを作ることもできるため、ただ痩せるだけの方法よりも効果的です。

姿勢を美しくできる

腹筋や背中の「体幹」と言われている筋肉は姿勢を支えるコルセットの役割を果たします。現代の生活はとにかくパソコンやスマホ、事務作業など近くのものを見る生活で姿勢が前のめりになってしまうことが多いです。

そうならないためにも筋トレで体幹は鍛えておきたいものです。

上半身のトレーニング方法

プッシュアップ(腕立て伏せ)

https://www.youtube.com/watch?v=pgT_EyNuHd0
  1. 手とつま先で体を支え、腕立ての姿勢になります。
  2. 手の幅は肩幅よりやや広めに取ります。
  3. しっかりと腕を曲げ、床に着く寸前まで体を下ろします。
  4. 腕を伸ばして体をスタートポジションまで上げます。

1セット8回〜12回を3セット行います。8回もきついという方はできる回数で構いません。バストアップに効果的な大胸筋を鍛えることができます。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 腹式呼吸

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP