下腿の筋肉

ふくらはぎを筋トレで細くする2つの方法とは?

 

筋トレで脚痩せを目指す!

ウォーキング

女性の場合、筋肉がつくこと自体を嫌がる方も多いでしょう。
筋肉がついても脂肪が落ちなければ外見面では太くなってしまいそうですし、仮に脂肪が落ちたとしても、今度はゴツゴツしてしまいそうだと思いがちです。

理想であるほっそりとした女性らしい脚を目指すために、積極的なトレーニングによる脚痩せや、ふくらはぎ痩せにトライする人は少ないようです。

しかし、これは本当に正しい知識でしょうか?
ここでは筋トレによる脚痩せは有効な手段と考え、その根拠とおすすめの筋トレ種目をご紹介していきたいと思います。

筋トレで脚は太くなるか?

青空のもとストレッチをする男女

まず、筋トレで足が太くなるのかという点について考えていきましょう。

ボディビルダーがするようなトレーニングや、アスリートのように鍛え上げれば太くもなるでしょう。
しかし彼らのように過酷なトレーニングを一般人がやる必要があるでしょうか?足が太いな、と感じるまで鍛え上げるのは至難の業です。

例えば腕の筋肉で考えてみてください。
腕立て伏せをある程度の期間行っただけで上腕二頭筋が盛り上がるなんてことは、まず有り得ません。

筋肉を肥大させるのは難しい

ワンレッグスクワットをする女性

筋肉を肥大させるのは簡単ではありません。
隙間時間でのトレーニングでマッチョになれるかと言えば、大抵の方は無理だと否定するでしょう。

ましてや、ふくらはぎは普段から上体を支えている筋肉です。
多少負荷を掛けたくらいで大きくなるような筋肉ではありません。

ふくらはぎは元々脂肪のつきにくい部位

ランニングをする男女の後姿 ふくらはぎ

では、筋トレはすべきかという点ですが、これはすべきです。

ただし、ふくらはぎを鍛えればふくらはぎだけ痩せるという認識ではいけません。
ふくらはぎは元々脂肪がつきにくい部分なのです。

脂肪を落としたいならば部分ごとではなく身体全体で考えるべきで、有酸素運動は欠かせませんし、太りにくい体質を作りたければ太腿、お尻、背中などにある大きな筋肉を鍛えて脂肪の燃えやすい身体を作る必要があります。

ふくらはぎのトレーニング

ランナー達の美しく鍛えられた足

ふくらはぎのトレーニングですが、先述の通り脂肪がつきやすい部位ではないので、やり過ぎる必要はありません。

筋肉をつける、というよりは引き締めて綺麗な線を作るイメージで行いましょう。

スタンディングカーフレイズ

  1. 段差に足先を乗せ、踵を宙に浮かせて立ちます。
  2. ふくらはぎを十分にストレッチさせましょう。
  3. ストレッチさせた状態から、ふくらはぎの力で体を持ち上げます。

非常に簡単に行えるトレーニングです。
段差を使ってやるのが難しければ平らな場所でも構いません。

■トレーニングのポイント
反動は利用せずに、トップポジションで2秒程静止するとより効果的です。
戻るときは負荷を感じながらゆっくり戻りましょう。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ジョギング ウォーキング
  2. プール

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP