ナイアシン

ナイアシン(ビタミンB3)の効果とは?含まれる食品、摂取方法、栄養を解説!

 

ナイアシンとは

ナイアシンはビタミンB群の一種で、ビタミンB3とも呼ばれています。

食品から摂取する際にニコチン酸として吸収され、体内でニコチンアミドに変換されます。

ニコチン酸は、タバコのニコチンと化学構造が似ていることからニコチン酸と名付けられましたが、タバコのニコチンとは直接関係はありません。

ナイアシンは体内において補酵素という役割を担っており、全身の細胞で必要とされています。また、酵素の構成成分として体内で最も多く存在しています。

酵素は食物の消化・吸収、皮膚の新陳代謝、血液の循環に大きな働きをしていますが、ナイアシンは酵素を補助する補酵素です

脂質や糖質を燃やしてエネルギーに変換するときに必要な成分のため、ダイエットとも深い関わりがあります。

ナイアシンは体内で他の物質と結びつき、NAD(ニコチンアミド、アデニン、ジヌクレオチド)という物質になります。

体内の400種類以上もの酵素がNADを必要としています。

ナイアシンは肉や魚、野菜など幅広い食品に含まれており、普段の食事から十分な量を摂取することができます。

また、体内では必須アミノ酸のトリプトファンからも生成されています。

ナイアシンの効果

美肌効果

美肌

ナイアシンは体内でNADに変化した後、さらに他の物質と結びつき、NADP (ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチドリン酸)という物質に変化します。

NADPはDNAやホルモンを作ることに関与し、細胞の生まれ変わりをサポート

ナイアシンを意識的に摂取すると、皮膚の粘膜が健康に保たれ、肌のターンオーバーも活発になるため、美肌にも効果があります。

アルコールを分解

アルコール

肝臓に運ばれたアルコールは、酵素によってアセトアルデヒドに分解されます。アセトアルデヒドはさらに酵素によって酢酸に分解されます。

ナイアシンは酵素がアルコールを分解する働きを助けるので、ナイアシンが体内に十分にあると二日酔いを防ぐことができます

もし、ナイアシンが不足していると、アセトアルデヒドが分解されずに残ってしまうため、二日酔いになってしまいます。

疾患を予防する効果

体内でニコチン酸となって吸収されるナイアシンに血行を促進する効果があり、脂質異常症を予防したり治療したりすることが期待されています

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. トレーニング ストレッチ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP