おいしそうに食べる女性

糖質制限ダイエットを加速させるチートデイ!チートデイを設けてダイエット停滞期を突破しろ!

 

ダイエットをしていると、必ずといって良いほどやって来るのが【停滞期】です。

どんなに節制をしても、ハードな運動をしても、微動だにしない体重。

そんな苦しい期間を乗り越える方法のひとつに【チートデイ】があります。

今回は糖質制限ダイエットと相性抜群、チートデイについて御紹介します。

ダイエットの「停滞期」とは

ダイエットのイメージ写真

ダイエットをしている人の多くは、ほんの僅かな肉体や体重の変化に一喜一憂するものです。

順調に減量が続くと、どんなに辛いダイエットでも「楽しいダイエット」に変化しますよね。数字は何物にも勝るモチベーション材料です。

しかしある時期を境に、唐突に体重が減らなくなる現象が起こります。

それこそが多くのダイエッターを悩ませ、ダイエットを阻む【停滞期】と呼ばれるものです。

食事制限ダイエットを行っている人に起こりがちな停滞期の原因やメカニズムは一体何なのでしょう。

停滞期が起こる原因

停滞期が起こる原因はいくつかありますが、最も多いパターンが制限ダイエット中のエネルギー不といわれています。

糖質制限や脂質制限など、ある種の食物(エネルギー)を控えるダイエットを行うと、体は停滞期に陥るのです。そのメカニズムは簡単にいってしまえば「生物としての生存本能」ともいえます。

人間は急激な環境の変化が起きても、一定の生命活動が保てる様に働く性質があります。これを生体恒常性(ホメオスタシス)といいます。

ダイエットにより体重や体内のブドウ糖が減少すると、脳は「飢餓状態である」と判断し省エネモードに突入するのです。

そうなると、例えば食物から摂取したエネルギーを出来る限り吸収しようとしたり、体内に蓄積させようとします。そして生命活動に使う消費エネルギーを極力抑えようとします。

それこそが「基礎代謝の低下」であり、これまでと同じエネルギーを摂取し、同じ量の運動(消費)をしても、体重が減らない原因となるのです。

一度停滞期に入ってしまうと、これまで以上の食事制限や運動をした所で状況は改善されないのが辛いところです。

停滞期の期間は?

カレンダーと虫眼鏡

ダイエットの天敵とも呼べる停滞期はいつ頃から始まり、どのくらいの期間で収束するのでしょう。

一般的に、停滞期はダイエット開始時から5%以上体重が落ちた辺りから起こりやすくなります。日数でいうならば、ダイエット開始から1ケ月前後といったところでしょうか。

そして肝心の停滞期間は、平均で2週間~1ヶ月ほどといわれています。

しかしこの期間には個人差があり、長い人になると2ヶ月を超える停滞期が待っている場合もあります。これではダイエットする心も挫けてしまいますよね。

そんな憂鬱な停滞期を乗り越える、おすすめの方法がチートデイなのです。

「チートデイ」とは

チートデイ(Cheat Day)とは、1日だけ食べたい物を満するまで食べて良い日の事。

満腹感・満感を感じる事で脳は「飢餓状態は終わった」と判断し、それまでのエネルギー温存モードを解除するのです。

脳を騙して停滞期を終了させる、というのがチートデイという方法です。

こんな人にチートデイはおすすめ

停滞期解消にチートデイが有効なのは、食事(糖質・脂質など)制限をしている人です。

特に糖質制限ダイエットをしているひ人は、体内のブドウ糖が増える事で意外と簡単に停滞期が終了する事も多いのです。

糖質を摂取するといっても、スイーツを爆買いする必要はありません。

これまで控えていたご飯やラーメンなど、その1日解禁するだけでOKです。

こんな人にはチートデイはNG

チートデイは停滞期解消の万能な魔法ではありません。逆にチートデイが不向きな場合もあるのです。

  • 極端な栄養の偏りがある人
  • 消化器の働きが悪い人

どちらも停滞期の原因になりうるのですが、どちらもチートデイは有効ではありません。

「○○抜きダイエット」「○○だけダイエット」などを行っていると極端な栄養の偏りが起こり、それが原因で停滞期に陥る場合があります。

この場合はバランスの良い食事を心がけたり、不足している栄養素を補ってあげる事で停滞期から脱却出来ます。

それまでの食生活を振り返り、欠けた栄養について一度考えてみましょう。

消化器の動きが悪くなる事で停滞期に陥る場合もあります。

スープダイエットや置き換えダイエットなどで流動性のある食事ばかりをしていると、胃腸の働きが衰え代謝の低下に繋がってしまうのです。

解決法としては、固形の食事をしっかり摂る習慣を身に付ける事です。

正しいチートデイのやり方

栄養のある食事

チートデイといっても、丸1日暴飲暴食をすれば良いというわけではありません。

効果を得るには正しいチートデイのやり方を覚えておきましょう。

ポイント1:チートデイは週に1回

停滞期中に行うチートデイは1週間に1回のペースで行いましょう。

それ以上の回数を行うと、カロリーオーバーで体重が増加してしまうので要注意です。

ポイント2:摂取カロリーは「基礎代謝量の3倍」

チートデイに摂取すべきカロリーは「自身の基礎代謝量の3倍」もしくは「普段の摂取カロリー+2500キロカロリー」といわれています。

結構なカロリーオーバーに思えるかも知れませんが、これより少ないとチートデイの効果が充分に発揮出来ない恐れがあります。

ポイント3:栄養バランスを考える

例え極端な食事制限でなくとも、ダイエット中には不足しがちな栄養素があるものです。

なのでチートデイでは普段節制している糖質・脂質の他にも、体を作るために必要なタンパク質や代謝を促すビタミンも積極的に摂って行きましょう。

特に食事制限と併せて有酸素運動筋トレをしている人には、高タンパクな食物は必須です。

ポイント4:アルコール類には要注意

美味しい食事を食べると、ついアルコールも欲しくなる人は少なくありません。しかし残念ながらチートデイといえど、アルコールの過剰摂取はNGです。

アルコールには脂肪の分解を妨げ、蓄積を促す効果があるので「適量」を厳守してください。

チートデイでダイエットを円滑に

ダイエットの計画

ダイエット中のチートデイというと「折角痩せたのに、リバウンドしてしまうのでは?」と心配に思う人もいる事でしょう。

確かにチートデイを終えた後に多少の体重増加はあります。

しかし停滞期を乗り越え、ダイエットを継続する事で増えた分は必ず元に戻りますので安心してください。

目先の体重の増減に気を取られず、長期的なスパンでダイエット計画を立てて行きましょう。

【関連記事】チートデイとは?チートデイすべき人とすべきでない人の違いとは??激的に痩せるダイエット裏技

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サプリメント
  2. 鍛えた身体
  3. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  4. ラグビーゲーム
  5. ゴルフをプレーする男性
  6. 落ち込むスケートボーダー
  7. トリックするスケートボーダー
  8. 雨の日のゴルフ
  9. アイシングしている足
  10. ボストンバッグ
  11. ホイッスルとコンパスとマップ
  12. ランニングする男性
  13. 柔道着
  14. ヨガアサナ
  15. 自転車で通勤する若い男性
  16. プロテインを持った女性
  17. ゴルフスイング
  18. ランナーの足
  19. 海岸でストレッチする女性
  20. ストレッチする女性
  21. ランニングする男性

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP