話しているジムの 2 人

カーブスの店舗一覧!女性専用のフィットネスクラブで運動&ストレッチ!

 

肥満問題が顕在化しているアメリカで誕生したフィットネスプログラム

フィットネス センター
カーブスは、お客様だけでなくスタッフもすべて女性のみで成り立っているフィットネスクラブです。コンセプトは、【30分で行なう健康体操教室】

健康体操というコンセプトではありますが、例えばラジオ体操のようにみんなで一斉に体操を行なうようなものとは違います。

体操を楽しむように手軽に運動を行なうことができるマシンを使用してトレーニングに取り組むためのフィットネスプログラムです。

カーブスはアメリカ発祥

カーブスはスポーツや運動の本場アメリカで誕生しました。創業者はゲイリー・ヘブン氏で、創設は1992年です。

アメリカで今とても深刻な健康問題となっている肥満。創業者は、自身の母親のように肥満で苦しむ女性を少なくしたいという考えから、カーブス事業をスタートさせました

これまでにない女性だけの手軽なフィットネスクラブとして、カーブスは急速に世界に広まり、女性たちの口コミも手伝って大きなブームを起こしました。

カーブス


【関連記事】 【カーブス】女性限定のフィットネスクラブ!評判・店舗・料金情報をチェック!

ホームページで近くの店舗を検索!すぐ近所で店舗が見つかるかも?

トレーニング後のフィットの若い女性
カーブスが日本で展開している店舗数は全国約1750店以上となり、会員数は約75万人以上となっています。店舗はほとんどの都道府県内で営業しており、地域によっては同じ市内や区内だけでも10店舗以上あるところもあります。

例えば東京都の世田谷区であれば10店舗以上、札幌市・大阪市・名古屋市・福岡市など主要都市になると15店舗以上や20店舗以上になるところもあります

人口がある程度集中している市町村であれば、どんなに少なくても1~2店舗はあるようなので、気になる方はカーブスのホームページ内で自宅近くの店舗を検索してみましょう。

カーブス


カーブス急成長の秘密を徹底解説

女性専用で手軽な運動を誰でも何歳でも始められる

ウォーキングする女性
カーブスには、20代から90代の方までさまざまな年齢層の女性が通っています。特に40代から60代の女性を中心に人気が高いです

カーブスは、一人ひとりの体力や筋力などに合わせてスタッフが新設丁寧に運動指導を行なってくれるので、安心して取り組むことができます。

運動が苦手という方体力・筋力に自信がない方など、一般のフィットネスクラブに一人で通うのは気後れしてしまう、という方にもおすすめです。

運動が続かないという人にこそおすすめ!

カーブスに通っている会員の方々に見られる特徴は、長続きしているという点です。
プログラムも30分という短いメニュー設定なので、体力的にも気持ち的にも無理をする必要がありません。忙しい女性にも向いています。

カーブスはスタッフも女性のみ。男性の会員はもちろん、男性スタッフの目を気にすることもありません。同じ女性と気兼ねなくプログラムを楽しむことができます。

仲間をつくることができ、たくさんの人とコミュニケーションがとれる

口コミ
カーブスは、通うこと自体が楽しくなる教室です。来店すると、親切なスタッフや顔見知りの会員の方々が笑顔で迎えてくれます。スタッフが、会員一人ひとりの名前をファーストネームで呼んでくれるのも親しみがわきます。

カーブスは会員の方々に楽しく通ってもらうため、楽しく運動を行なってもらう・スタッフとのコミュニケーションを楽しんでもらう・会員同士の触れ合いを楽しんでもらう、ということを会員の方々に実践してもらうようにしています。

楽しんでもらうことで、ダイエットや体づくりの効果を促進させることができ、コミュニティーに参加できるという精神的な満足感も得ることができます。

人気の秘密はカーブス独自のマーケティング!

数多くの競合フィットネスジムの中でも、カーブスが選ばれるのにはいくつかの理由があります。そこには従来のフィットネス業界の常識を破った、カーブスならではの“強み”が存在します。

日本におけるカーブスは、広げがちなターゲットを絞ったことでまずその名が知られるようになりました。

主婦が多いのが特徴

ターゲットは50歳以上の主婦層で、今までほとんど運動をしたことのない“運動初心者”に向けたフィットネスとしたのです。

今や共働きの家庭が多い中、主婦を対象に絞ったことも斬新であり、また健康ブームでジムに通う人が増えているにもかかわらず“運動初心者”に的を絞ったことがフィットネス業界の常識を破るものだったのです。
その理由をいくつかご紹介していきましょう。

カーブス素材07

〇〇さんのお母さんではなく、名前で呼んでもらえる

日々の家事を忙しくこなす主婦にとって、旦那さまや子供のことを最優先にせざるを得ず、「〇〇さんの奥さん」や「〇〇ちゃんのお母さん」でいることが多いことでしょう。

カーブスでは、エクササイズをしている最中はその人自身の時間として過ごしてほしいという考えから、ファーストネームで呼ばれます。

一人の女性としてエクササイズに励んでキレイになってほしいというカーブスの思いが込められているのですね。

サボるとコーチから電話がかかってくる?!

女性トレーナーとパーソナルトレーニング

普通のジムでは考えにくいことですが、カーブスでは1週間以上お休みするとコーチから電話がかかってきます。

多くのジムでは、1週間来ない人なんて数が多すぎてフォローしきれないに違いありません。しかしカーブスはスタジオの数は多いものの、1スタジオの人数が多くはないので、コーチの目が届きやすいのも特徴です。

カーブスとしては、エクササイズの効果を考えた場合、週に2~3回通うことをおすすめしているので1週間来ないお客さんは”黄色信号“になるのでしょう。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. マスク トレーニング
  2. パンプアップ
  3. パーソナルトレーナー
  4. 食事
  5. トレーニング ストレッチ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP