トライアスロン選手

トライアスロンの大会一覧!開催地・大会名・日程をチェック!

 

トライアスロンの始まりは?

トライアスロンの自転車レース
トライアスロンは1974年、サンディエゴのトラッククラブメンバーたちがアメリカのカリフォルニア州サンディエゴで開催した大会が最初です。

スイム(水泳)・バイク(自転車)・ラン(ランニング)の3種目を休みなく続けて行なう特性から、ラテン語の3(トライ)と競技のアスロンを組み合わせて、トライアスロンとなったそうです

その4年後、ハワイのワイキキ2.4マイルのスイムレース(3.86km)、オアフ112マイルのバイクレース(180km)、ホノルルマラソン(42.195km)とそれぞれ同じ距離をスイム・バイク・ランの距離に設定し、15人参加のトライアスロン大会が行なわれました。

その大会は後にアイアンマンという名称となり、世界各地で同じくらい過酷なレースが開催され、スポーツのビジネスという側面でも成功を収めています。
【関連記事】トライアスロン用バイクの選び方!性能・サイズ・予算などポイントを解説!

トライアスロンの仕組み、世界的な組織や取り組み内容

トライアスロン スイム
トライアスロンは、距離やルール・運営の方法などが変革することにより、種目が細かく分かれていく傾向にあります。例えばウィンタートライアスロンは、比較的に気温が低いヨーロッパを中心にして盛んに開催されるようになりました。

その他、スイムなしで競われるデュアスロン、バイクなしで競われるアクアスロンについても毎年、世界選手権が開催されています。

また、室内の競技場にプールを特設して行なわれるインドアトライアスロンや、エルゴメーターを利用する模擬的なトライアスロンなども開催されています。個人だけでなくグループ間でレースを行なう形や、リレー競技なども注目の的です。

ITU(国際トライアスロン連合)は、設立の当初から男女間の平等を盛んに主張しており、アンチドーピング体制の構築にも積極的な姿勢を見せています

また、観客に優しい姿勢(スペクテイターフレンドリー)、テレビの優位性を保つ姿勢(テレビジョンフレンドリー)を大事にすることが、競技存続のテーマとされています。

さらに、エリート競技での周回コースの設定・ドラフティングの許可・レースナンバー廃止とユニフォームに選手名の表示を行なうことなどにより、選手の見栄えが良くなることを追求しています。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. マスク トレーニング
  2. パンプアップ
  3. パーソナルトレーナー
  4. トレーニング ストレッチ
  5. 食事

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP