プロテインを飲む女性

プロテインのカロリーはどれくらい?ダイエット時に注意したい摂取方法はこちら

 

最近は、ダイエット目的でプロテインを摂取しているという女性が多いようです。
確かに、効果的に摂取することでダイエット効果は見込まれるのですが、ただプロテインを摂取するだけでは足りません。

プロテインの摂取をダイエットに取り入れる場合に気をつけたいことをまとめましたので、参考にしてみてください。

プロテインダイエットとは

プロテインダイエットとは、一日の食事のうちの一部をプロテインサプリメントに置き換えるダイエット方法のことを指します。
これは主に、「炭水化物(糖質)」「脂質」の摂取量を減らすことを目的としています。

人間の三大栄養素といえば、タンパク質、糖質、脂質です。
これらはいずれも人間にとってエネルギー源となる栄養素であり、カロリーの大部分を占めます。

このうち、タンパク質をプロテインサプリメントの形で多く摂取し、他を減らすことで、全体の摂取カロリーを減らしつつタンパク質で必要分を補います。

なぜタンパク質を摂取するのか

タンパク質には筋肉など体をつくる働きがあります。
筋肉は代謝、つまりエネルギー消費の多い部分であり、摂取したカロリーを効率よく燃焼してくれます。
そのため、筋肉が多くついている人の方が太りにくい体質と言うことができるのです。

つまり、筋肉をつけて代謝を上げるために、プロテインだけはしっかり摂取するということなのですね。
筋トレする女性

運動しなくていいはありえない

プロテインダイエットに取り組む方の中には、プロテインだけ摂っていればどんどん代謝が上がって太りにくい体質になると考えている方が少なからずいらっしゃいます。
しかし、それは完全に間違っていると言うことができます。

確かに、摂取カロリーを減らせば体重は落ちますから、それをもって太りにくくなったと勘違いしてしまうかもしれません。
しかし、それは大きな勘違いで、脂肪が落ちて体重が軽くなっているだけ。
運動しなければいくらプロテインを摂取しても筋肉はつきませんし、むしろ筋肉は落ちてしまいます。
そうなると、体重を維持するには食事制限を続けるしかなくなり、そんな無理は続きませんから、結果としてリバウンドしてしまうというオチへとつながります。

筋肉をつけて代謝を上げるには、プロテインの摂取ともに運動をすることが不可欠です。
運動といっても、スポーツジムでやるようなものばかりではありません。
ウォーキングであったりジョギングであったり、日常生活の中に少し加えるだけでも十分にその効果を実感できることでしょう。
川沿いをウォーキングする女性

主要商品のカロリー比較

プロテインダイエットに取り組む場合、摂取カロリーを減らすことが大きなテーマになります。
一食をプロテインサプリメントに置き換えることで、その分のカロリーは減ります。
ただし、プロテインサプリメント自体にのカロリーについては、それほど注目されていないように感じます。

プロテインダイエットとして人気の商品について、一食分のカロリーを調査しましたので、参考にしてみてください。

  • DHC プロテインダイエット:163〜169kcal(フレーバーによって異なる)
  • ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味:79kcal
  • Kentai ウェイトダウン ココア風味:77.5kcal

カロリーだけで評価するのは禁物

もっとも、商品の良し悪しはカロリーだけで決まるものではありません。
これらの商品はプロテインだけではなく、さまざまな栄養素を添加しています。

プロテインダイエットでは、一食を置き換える分だけ他の栄養素が不足しがちです。
せっかくダイエットができても体調を崩しては意味がありませんから、他の栄養素の補給手段についても常に頭に入れておくようにしましょう。

過剰摂取で悪影響も

腎臓に大きな負担

タンパク質は体内においてアミノ酸に分解され、それぞれ利用されます。
その際に使われずに残ったものは窒素からアンモニアとなり、腎臓で無毒化された上で体外に排出されます。
タンパク質を摂取しすぎると、この働きが過剰になり、腎臓に大きな負担がかかります。
むくみや血尿などの症状は、腎臓に負担がかかっている可能性がありますので、十分に注意しましょう。

適切な摂取量は?

国際機関の指針では、タンパク質は総エネルギーの10-15%が良いとしています。
これをもとに計算すると、

成人男性:100g程度
成人女性:75g程度

が上限となります。
もちろん一日の活動量によって変動しますが、頭に入れておいた方が良さそうです。

プロテイン

プロテインダイエットは、運動と合わせて実施することで確かな効果が見込める方法です。
ただし、栄養が偏りやすいという側面もありますから、その点には十分な配慮が必要です。

結局大切なのは筋肉をつけることですから、ある程度効果が出たと判断したら適当なところで見切りをつけても問題はありません。
その後は、適切な食事と運動で自分の体型をコントロールしましょう。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー
  4. タックするラグビー選手
  5. キックする前のラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP