腹筋する女性

アブコースターの効果は本当にあるのか!?自宅で使える?腹筋を鍛える最終兵器!

 

みなさんはトレーニングをどこでしていらっしゃるのでしょうか。
マシンがたくさんあるスポーツジムという方もいるでしょうし、自宅が中心という方もいらっしゃることでしょう。

自宅での筋トレというと、自重トレーニングであったり、使ってもダンベル程度が多いと推測されます。
しかし、自宅に設置できる器具の中にも、効果の高いものはたくさんあります。

今回紹介するのは「アブコースター」です。
アブコースターとはどんな器具なのかまとめましたので、参考にしてみてください。

アブコースターとは

アブコースターは、腹筋を鍛えるトレーニング器具です。
手で握るグリップと、膝を乗せるパッドがあり、弧を描くように配置されたレールの上を、パッドで前後に移動します。
パッドを前に動かし引き上げるときに、腹筋が鍛えられる仕組みになっています。

アブコースターは商品名であり、特定のメーカーからしか販売されていません。
ただし、アブコースターの原理を利用した腹筋トレーニングマシンであれば、別のメーカーのものも存在します。

ALINCO(アルインコ) マッスルスライダー ブラック EXG046

アブコースターの特徴

自宅にも設置可能

アブコースターのサイズは、「幅64cm×高さ127cm×長さ130cm」です。
それほど大きなものではありませんので、比較的容易に設置することができます。
ただし、重さが30kg以上ありますので、気軽に移動できない点は知っておいたほうがよいでしょう。

腰への負担が少ない

腹筋を鍛えるトレーニングというと、「クランチ」や「シットアップ」など、器具なしでも手軽に取り組めるものがあります。
これらのトレーニングでは、下半身を固定した状態で上半身を動かし、腹筋を鍛えることを意図しています。
一方で、この動きの中では腰も使うことになります。

腰のトレーニングにもなるというプラスがある一方で、それより懸念されるのが腰痛です。
座り仕事が増えた現代では、腰痛に悩む人が増えています。
そんなみなさんにとって、腹筋を引き締めようと思ってもクランチやシットアップは大変辛い運動になるのですね。

アブコースターでも、ある程度は腰を使いますが、クランチやシットアップほど曲げ伸ばしを繰り返すわけではありませんので、腰への負担は比較的少ない中で腹筋を鍛えることができます。

【関連記事】シットアップのやり方と効果とは?腹筋の筋トレ実践と注意点
【関連記事】クランチ(腹筋)の正しいやり方とは?腹筋の筋トレ方法解説

トレーニングに集中する必要がない

黙々とノルマをこなしていくトレーニングも、それはそれで楽しいものです。
一方で、その領域に達する前にトレーニングに飽きてしまう人が多いのもまた事実です。

体を起こし、ほとんど下半身だけを動かすアブコースターでは、他のことをしながら取り組む余裕を作ることができます。
テレビを見るのもよいでしょうし、誰かとおしゃべりしながらでもよいでしょう。

トレーニングは決してストイックである必要はありません。
大切なのは、しっかり効果を出すことです。
楽しく取り組むことができれば、それだけ長続きしますので、確かな効果を期待できるのではないでしょうか。
ジムのトレーニングエリアで腹筋する男性

アブコースターの使い方

  1. それぞれの手でバーを握る
  2. 膝パットに膝を乗せる
  3. 背筋を伸ばして正面を見据える
  4. 上半身を固定し、下半身を使って膝をゆっくり前後させる

下半身の力でパッドを持ち上げるのが、効果を上げるポイントとなります。
とはいえ、レールに沿って前後させるだけですから、それほど気を使うことなく取り組むことができるでしょう。

使い方は以下の動画が参考になります。

https://www.youtube.com/watch?v=sqb9NGP3hNA

腹斜筋にも効く

通常の使い方であれば、主に鍛えられるのはお腹正面の腹直筋です。
シックスパックの腹筋を作るためにはしっかり鍛えたいところですが、脇腹のお肉を取りたいと考える人は、腹斜筋にも負荷をかけたいと思うでしょう。

膝を乗せるパッドは、左右に回転することができます。
こうすることで、腹直筋だけではなく腹斜筋にも負荷をかけていくことができます。

よりハードに使うには

アブコースターは筋トレ初心者から扱えるトレーニング器具です。
それゆえに、上級者向けではないと考えられるかもしれませんが、そんなことはありません。
ウェイトを取り付けることで負荷を増やし、よりハードな腹筋トレーニングにすることが可能です。
手持ちのプレートが使えるかもしれませんので、対応しているプレートを確認してみるのもよいのではないでしょうか。
腹筋

お腹は年齢とともにたるみが出やすい部分ですから、なんとかしたいと考える人も多いでしょう。
それでも、忙しかったりあちこち痛かったりすると、なかなかトレーニングしようという気にはなりません。
アブコースターは、過度の負荷をかけることなく腹筋を鍛えることができるマシンです。
ウエストのワンサイズダウンを目指してチャレンジしてみませんか?

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP