バランスボールの上でセラバンド

セラバンドってどれを選べばいいの?長さ、強度別のおすすめランキング!

 

家庭用のトレーニングマシンも一般に販売されていますが、費用であったり設置スペースであったりを考えると、購入するのは簡単なことではありません。
なるべく手軽なトレーニング器具を用意したいところなのですが、そこでおすすめしたいのが「セラバンド」です。

セラバンドとはどのような商品なのか、いくつかある中でどれを選べばいいのか解説します。

セラバンドとは

ゴム製のトレーニング器具

セラバンドは、ゴム製のトレーニング器具です。
主にリハビリテーションの現場で、筋力が衰えた方が手軽に利用できる器具として愛用されています。
もちろん筋トレにも利用可能であり、単純な器具ながらその使い方によってさまざまな筋肉を鍛えることができます。
詳細は後ほど解説しますが、ゴムの強度にも何段階かありますので、それによってトレーニングの強度を調整することもできます。

セラバンドは商品名

なお、セラバンドは特定のメーカーの商品名です。
ただし、ショッピングサイトで検索すると「セラバンドっぽいもの」もたくさんヒットします。
もちろんそれらが粗悪品であるとは限りませんが、レビューなどを確認して耐久性や品質をリサーチしてから購入するようにしましょう。
セラバンド(THERABAND) トレーニングチューブ バンドタイプ 2m TBB-4 ブルー 強度レベル+2

セラバンドを利用するメリット

強度を調整してトレーニング可能

セラバンドは8色に分かれていますが、単にデザイン上の理由というわけではありません。
色によってバンドの抵抗レベルが異なり、抵抗レベルが高いほどバンドが伸びにくくなっています。
具体的には、「黄褐色→黄色→赤色→緑色→青色→黒色→銀色→金色」この順番に抵抗レベルが上がり、黄褐色なら伸びやすく、金は伸びにくいといった具合になっています。

このように、バンドの色によって引っ張る際に必要な力が変わりますので、高齢者からスポーツマンまで、あらゆる方のトレーニングに使うことができます。

持ち運び、保管が容易

自宅で使えるトレーニング器具といえば、ダンベルが思い浮かびます。
ダンベルもトレーニング器具の中では小さい方ではありますが、それなりに重みがありお子様のいらっしゃる家庭では厳重な管理が必要になります。

セラバンドは薄いゴムバンドですから、危険性も低いですし小さくして収納することができます。
持ち歩くことも容易ですので、仕事の合間であったり、出張先のホテルであったり、手軽に利用できるのは大きなメリットでしょう。

多彩なトレーニング

セラバンドの一般的な使い方は、両手で端を持って胸の前で引っ張ること。
ただしそれだけではなく、引っ張り方を変えることでさまざまなトレーニングに応用することができます。
単純な器具であるがゆえに、工夫次第でその利用法は広がります。

次の項目では、セラバンドを活用したトレーニングを紹介します。

セラバンドを利用したトレーニング

広背筋のトレーニング

  1. 足を肩幅程度に開く
  2. 両手にセラバンドを持つ
  3. 前方にまっすぐ手を伸ばす
  4. 手を広げセラバンドを引っ張る
  5. ゆっくり戻す

セラバンドの基本的な使い方です。
戻すときは筋肉を使ってゆっくりと戻し、ゴムの力に頼らないようにしましょう。

上腕二頭筋のトレーニング

  1. 足を肩幅程度に開く
  2. 片手にセラバンドを持つ
  3. 適当な長さのところでセラバンドを踏んで長さを固定する
  4. 脇をしめて肘を固定したまま、肘を曲げてバンドを引っ張る
  5. ゆっくり戻す

イメージとしては、「ダンベルカール」の動きです。
バンドの抵抗力が強すぎると、肘を伸ばすときに勢いよく持っていかれますので、十分に注意しましょう。

こちらの動画は両手ですが、もちろん片手でも構いません。

https://www.youtube.com/watch?v=RNodGH_vQo8

大腿四頭筋を鍛える

  1. 両手にセラバンドを持つ
  2. 両足でセラバンドを踏んで固定する
  3. おしりを突き出し、上体を45度位傾け背筋は伸ばす
  4. セラバンドを引き上げ上体を起こす
  5. ゆっくり戻す

普通はバーベルを使う「デットリフト」のような動きをセラバンドで行います。

https://www.youtube.com/watch?v=3Ep1FkBS5FY

おすすめ強度ランキング

ここからは、トレーニング目的で利用する方が選ぶべきカラーのセラバンドを紹介します。

3位:ブルー

下から5番目の強度の色です。
やや強度が高めのシェイプアップから、上腕筋、大胸筋などをしっかり鍛える目的までに適した強度です。

2位:イエロー

下から2番目の強度の色です。
抵抗は弱めで、軽いシェイプアップにちょうどいい強度となっています。
セラバンドの入門編といった感じですから、とりあえずこのあたりから始めるとよいのではないでしょうか。

1位:グリーン

下から4番目の強度の色です。
ほどほどの強度のシェイプアップや、軽めの筋トレに適した強度となっています。
トレーニング目的であれば、もっとも使いやすい色ではないでしょうか。

お手軽ながら幅広い使いみちが想定されるセラバンド。
自重トレーニングが中心という方は、セラバンドを取り入れるだけでトレーニングの幅がぐっと広がることでしょう。

今口コミで徐々に人気の最新トレーニング器具

今口コミで人気が広がっているフィットネス器具がBODYBOSS2.0です。

チューブ系、エキスパンダー系のトレーニング器具の中でも、そのトレーニング出来るバリエーションは群を抜いて多く、ちょっとしたホームジムのような充実した機能性を持ちます。

まさにこれ一台で全部出来るという万能性がBODYBOSSの魅力です。

しかも値段もホームジム系のフィットネス器具として比較して破格の安さを誇り、徐々に口コミで人気が広がっている最新トレーニング器具です。

【国内正規品】BODYBOSS 2.0 ポータブルフィットネスジム ボディボス … (BODYBOSS 2.0, BODYBOSS 2.0)
BODYBOSS2.0
販売価格 ¥34,000(2018年8月23日14時2分時点の価格)

実際に編集部で体験した記事が以下にありますので、興味がある方はこちらをご覧ください。

関連記事:【体験レポート】BODYBOSS 2.0を試してみました!持ち運べるポータブルフィットネスジム

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. キックボクシングのスパーリングを受ける女性
  2. 女性 腹筋
  3. 男性 ダンベル
  4. ラグビー スクラム
  5. 太もも ダイエット
  6. ストレッチする女性
  7. バスケットボール シュート
  8. バスケ 男性 ドリブル

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP