フィットネス ランナーの女性

トライアスロンに女子もチャレンジ!初心者向け入門講座を紹介!

 

トライアスロンは初心者女子でも挑戦できる!

トライアスロンはどんな競技?

トライアスロンの自転車レース
トライアスロンは、スイム(水泳)・バイク(自転車)・ラン(ランニング)の3種目を連続して行なう競技です。一般的なトライアスロンの基準となる距離をオリンピックディスタンスといい、総距離は51.5km(スイム1.5km・バイク40km・ラン10km)となります。

トライアスロンは、大会ごとに定められた一定の合計距離を、3種目に分けて行なうところに特徴があります。水泳や自転車を専門としている選手やマラソン選手であれば、スイム1.5km・バイク40km・ラン10kmはそれほど長い距離だとは感じないかもしれません。

その3種目を一度にこなさなければいけないとき、スピードや技術・スタミナの配分などをどのようにすべきかを考えるところに、トライアスロンの醍醐味があるといえるでしょう。
【関連記事】トライアスロンの大会まとめ!水泳・自転車・長距離の白熱する耐久レースを見応えあり!

初心者の方はしっかり事前のトレーニングを積みましょう!

女性アスリート
トライアスロンのレースに出るような態勢を整えるには、まず、トレーニングを組み込んだ生活を習慣づけることが重要です。

トライアスロン自体が初めての女子でも、多少泳ぐ経験がある方なら、およそ3ヶ月の正しいトレーニングで、ショートトライアスロンといわれる短めのトライアスロンレースであれば完走できるようになるはずです。

もちろんハーフマラソンが完走できるくらいの体力になれば十分といえますが、走る以外にも3種目すべてが十分な状態になるようなトレーニングと知識は必要です。

初めてチャレンジする方は、どうしてもレースを目標にしてしまうものですが、女子は特に健康的で美しいスタイルを形作ることを目標にしてもいいのではないでしょうか

トライアスロンは、正しいフォームで3種目をこなすことができれば、記録も早くなり筋肉もきれいに形作られていくものです。つまり、何ヶ月かトレーニングをしているにも関わらず美しいスタイルになっていないのなら、フォームがあまり良いといえない可能性があります。

安全なレースを行なうためにも正しいフォームは必要です。ケガやアクシデントなくレースを楽しみたいのであれば、まず美しいスタイル形成を目指しましょう。

トライアスロンを行なうことで女子が得られる効果とは?

トライアスロンを行なうことで、理想的なスタイルが実現できる

もも上げする女性
トライアスロンを行なっている方の多くは、ムキムキの体ではなく、手足が細くスラリと引き締まった体の方が多いようです。

これは、一般的な女子が憧れるようなスタイルの良い体と同じものだといえます。トライアスロンは、基本に則した正しいフォームでトレーニングを行なえば、体幹を中心に筋肉が発達して、お腹周りやお尻などの筋肉が引き締まります

例えば間違ったフォームでランの練習を繰り返ししてしまうと、脚が必要以上に太くなったりします。しかしトライアスロンの各種目を均等にトレーニングすれば、その種目ごとに使い方が異なることで、筋肉にかかる負荷も分散されます。

特にトライアスロンで重視されているのは引く動作です。引く動作は体の後ろ側を使うことになるので、お尻や太ももの裏・足首などが引き締まってきます。

初心者女子は早い時期に強くなろうと焦らないことが重要

トライアスロン スイム
女子が初めてトライアスロンにチャレンジするのであれば、いきなりオープンウォーター(自然の海や川など)で競うレースではなく、安全なプールで競うレースに最初は出場するのがおすすめです。

水泳のクロールなど正しいフォームや、海や川など自然に関する知識が身につかないうちにオープンウォーターのレースに出るのは危険だといえます。

ランやバイクも、もちろん周りの安全に気をつけなければいけませんが、初心者の方は特に、まず泳法を焦らず徹底的に練習しましょう

トライアスロン初心者女子の練習方法

クロールをする男性
スイムのためのトレーニングとしておすすめは、スポーツジムなどで泳ぐことです。ジムのインストラクターに泳法を習うと、より万全になるでしょう。クロールのフォームづくりのため、肩関節のストレッチを行なうこともおすすめです

バイクのトレーニングはフォームを整えるためにも、最低でも週に1~2回ほど走ることをおすすめします。 走行距離も慣れるまで少しずつ伸ばしていくようにしましょう。

トライアスロンの種目の中で最もきついといわれているのがランです。心肺機能や筋力を強くするためにも、週3回以上の練習が望ましいでしょう。
【関連記事】トライアスロン初心者の方必見!トレーニング方法・おすすめ大会情報を紹介!

トライアスロンに女子が耐えるための食事内容

バランスのよい食事
トライアスロンは初心者でも、練習やレースでのエネルギー消費が大きくなります。レース本番で完走するためには、ある程度の筋肉量も必要です。食事に関しては、栄養バランスのよいメニューを心がけ、タンパク質を多めに摂取するようにしましょう。

ただ、タンパク質を食事から大量に摂るのは難しいものです。そんなときは市販のプロテインを活用するのが効率的だといえます。

また、消費が激しい栄養素として注意しておかなければいけないのが糖質です。トレーニング中やレース時は、タンパク質と併せて糖質も十分に摂取しましょう

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サプリメント
  2. 鍛えた身体
  3. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  4. ラグビーゲーム
  5. ゴルフをプレーする男性
  6. 落ち込むスケートボーダー
  7. トリックするスケートボーダー
  8. 雨の日のゴルフ
  9. アイシングしている足
  10. ボストンバッグ
  11. ランニングする男性
  12. ホイッスルとコンパスとマップ
  13. 柔道着
  14. 自転車で通勤する若い男性
  15. ヨガアサナ
  16. プロテインを持った女性
  17. ランナーの足
  18. ゴルフスイング
  19. ストレッチする女性
  20. 海岸でストレッチする女性

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP