腹筋の綺麗な女性

大谷翔平の筋肉が美しい!二の腕、腹筋画像とともにトレーニング方法を紹介!

 

日本ハムファイターズの若きエースとして、スラッガーとして二刀流の異名で知られる野球選手と言えば”大谷翔平”です。高身長から放たれる速球は打者を三振に打ち取り、バッターとしてホームランを打つ姿にファンは湧きます。

正直、「大谷翔平選手の筋肉はどうなってるの?」と疑問しかありません。というのも、野球の世界では投手と野手で求められる筋肉が違います。その為、投手と野手という二刀流で大成した選手はこれまでいなかったのです。

そこで、今回は二刀流で知られる”大谷翔平”選手の美しい筋肉の秘密に迫りたいと思います。その上で、大谷翔平選手の実践しているトレーニング方法についても触れますので、ぜひ美しい筋肉を作る参考にしてみて下さい。

大谷翔平の筋肉&プロフィール

@pachi_11_pachiがシェアした投稿

大谷翔平の筋肉は”美しい”の一言です。では、彼の高身長から放たれる速球、力強いホームランと”二刀流”の秘密に迫ってみましょう。

大谷翔平のプロフィール

大谷翔平は1994年7月生まれの23歳、小学校から野球を始めると小学3年生には全国大会に出場を果たします。高校時代には甲子園にも出場、3年の夏には”最速160km”を記録するなど注目を集めていました。

2012年10月のドラフト会議において日本ハムファイターズが交渉権を獲得するも、「メジャーで戦いたい」という意志から一時は交渉を拒否したそうです。その後、数度の交渉の末に日ハムに入団、”二刀流”として開花します。

身長・体重・BMI

大谷翔平選手は身長193cmに体重97kgと、高身長が一般的な野球選手の中でも特に背の高い印象です。また、BMIから算出される身長193cmの理想体重は82kg、彼が意図的に重さを付けていることが分かります。

ちなみに、大谷翔平選手の体脂肪率は15%前後だとか。体脂肪率が15%を切ると筋肉が浮き出やすいので、彼の腹筋はバキバキに割れていることでしょう。高身長なだけに気づきにくいですが、彼の筋肉はすごいのです。

筋肉が美しいと話題に!

大谷翔平選手の筋肉の中でも、特に肩から腕に掛けての張り具合がすごいと言えます。2012年に日本ハムファイターズに入団した当初と見比べると、2017年現在の彼の肩周りは一回りも二回りも発達しています。

彼曰く「正確に体を動かすには筋力が必要」とのことで、技術力と同時に筋力を高めるのにも余念がないようです。大谷翔平選手がプロ初と言える”二刀流”で大成できたのも、美しくバランスの良い筋肉あってのことでしょう。

大谷翔平のトレーニング方法

大谷翔平の二刀流を支えているのは、技術力と同時に筋力に秘密が隠されていると言えます。そして、彼ならではの美しくバランスの取れた筋肉には、大谷翔平流のトレーニング方法があるはずです。

徹底したウェイトトレーニング

https://youtu.be/o0LkzqKuGog

大谷翔平選手は筋力を高める為に”ウェイトトレーニング”を重視しているそうです。というのも、私たちの体は筋肉によって制御されています。彼が193cmという巨体でありながら繊細な動きができるのも、筋肉のおかげです。

残念ながら、大谷翔平選手が実際に挑戦している筋トレメニューは発見できませんでした。ただ、彼ほどの選手ですから日々の状態に合わせたトレーニングのメニューを、その都度組み立てるくらいはしているはずです。

”血流制限トレーニング”も

ジムでのトレーニングの他に、大谷翔平選手は”血流制限トレーニング”と呼ばれるトレーニングも実践しています。血流制限トレーニングとは、加圧トレーニングのように部分的に血流を抑えながら挑戦するトレーニング方法です。

もとはリハビリ目的で研究されていたものですが、筋肉に送られる酸素量(血流)を減らすことで負荷を高める効果が期待できます。ただ、専門性の高いトレーニングなので、国内で実践できるところは少ないのが現状です。

”1日7食”の食事トレーニング

食事

大谷翔平選手の筋肉の源は食事にあります。実は、彼は”1日7回の食事”を摂るそうです。それも1回ずつが軽食ではなく、お腹いっぱいになる量の食事をしっかり7回摂るのですから彼の体が大きくなるのも納得できます。

また、7回の食事の他にもフルーツやプロテインなどの間食?を積極的に摂っているのだとか。ビタミンやミネラル、たんぱく質など体づくりに欠かせない栄養素もしっかり摂取できており、今後さらに体が大きくなることが予想できます。

大谷翔平は徹底して体づくりに励んだ!

今回は、今後の日本球界を背負って立つであろう野球選手”大谷翔平”の美しい筋肉の秘密について迫ってみました。いかがでしたか?肩から腕に掛けての盛り上がり具合、体脂肪率15%と十分に鍛え上げられています。

2012年に日本ハムファイターズに入団した当時と、2017年現在を比べると彼の体は一回りも二回りも大きくなっています。身長193cmという自身の才能に溺れず、プロ選手として上を目指そうと努力してきた結果ということです。

ぜひ、大谷翔平選手のストイックな姿勢を参考にし、皆さんも自身の肉体改造に挑戦してみて下さい。

【関連記事】【野球選手】最強筋肉ランキングベスト10!野球選手最強の筋肉を持つのは一体誰だ!?

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サッカーシューズ
  2. ストレッチ
  3. 絶壁を登るクライマー
  4. サプリメント
  5. サーフィンする男性
  6. ラクロス スティック
  7. 男性スケートボーダー
  8. 道路を滑るスケートボーダー
  9. スケートボード
  10. ボルダリング 女性
  11. 鍛えた身体
  12. ヨガ
  13. スケートボードを抱えてたつ人
  14. バレーボールのサーブ
  15. サプリメント
  16. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  17. アンプル 美容成分
  18. 食物繊維を多く含む食品
  19. 落ち込むスケートボーダー
  20. トリックするスケートボーダー
  21. アイスホッケー スティックとパック
  22. 雨の日のゴルフ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP