バーベルをする男性

バーベルのおすすめランキングベスト5!失敗しない選び方と使い方について

 

”筋トレ器具=バーベル”という方も多いのでは?自宅でより本格的に鍛えるのならバーベルセットは用意しておきたいところでしょう。ただ、実際にバーベルを選ぶとなると「どれを選べば?」「何を基準にすれば?」と迷うものです。

そんな時は、バーベルの”シャフトの長さ”と”プレートの素材”に注目してみることをおすすめします。一見するとどれも同じに見えるバーベルですが、シャフトの長さとプレートの素材からおすすめのバーベルセットを見つけられます。

そこで、今回はバーベルセットの失敗しない選び方と正しい使い方についてご紹介したいと思います。その上で、数あるバーベルセットの中でも特におすすめしたい5セットについてもまとめますので、ぜひ合わせてチェックして下さい。

バーベルの選び方

バーベル

バーベルを買うとなると、まず気になるのが「何を基準に選べば?」ということかと思います。実は、バーベルは”シャフトの長さ”と”プレートの素材”に注目すると簡単におすすめが見つかります。

シャフトの長さ

バーベルのシャフトには、主に160cm・180cm・200cmと3種類の長さが提供されています。体格や性別などはありますが、自宅用(特に初心者の方は)であればシャフトの長さは”180cm”を選ぶのがおすすめです。

というのも、シャフトの長さが短いと「トレーニングしたいのに幅が足りない…」ということに。反対に、長すぎると「自宅用としては長すぎて置き場に困る」ということになるのです。まずは無難に180cmを試してみるのが良いわけです。

プレートの素材

バーベル

バーベルのプレートには、主に鉄素材の”アイアン”とゴム素材の”ラバー”の2種類が提供されています。「予算が…」と少しでもお得なバーベルを探しているのなら、一般的に価格帯が安めなアイアンのプレートがおすすめです。

ただ、自宅用として長く愛用するのであれば、床が傷つきにくいラバーのプレートをおすすめします。実際、バーベルは軽いものでも10kg前後、重いものになると100kg以上になることもあり万が一を考えるならラバーという訳です。

バーベルの使い方

ウェイトリフティング

バーベルは高い負荷の掛けられる筋トレ器具として人気です。ただ、重量があるだけに使い方を間違えると怪我や故障の原因になります。もし、自宅用として考えているのならバーベルの正しい使い方を学びましょう。

ストレートバー

バーベルと聞いてまずイメージするのが”ストレートバー”です。その名の通り、シャフト部分がまっすぐになっており高重量なトレーニングに耐えられる強度があるのが特徴と言えます。ストレートバーの使い方としては、ペンチプレス・デットリフトなど体全体に大きく負荷の掛かるメニューがおすすめです。

EZバー

ストレートバーの次に有名なのが”EZバー”です。EZの文字のようにシャフト部分が折れ曲がっているのが特徴で、手首や肘などへの負荷を軽減する形状となっています。ただ、ストレートバーに比べて高重量には耐えられません。EZバーの使い方としては、バイセップカールなど体を部分的に鍛えるメニューにおすすめです。

バーベルのおすすめベスト5

トレーニング機器を持つ男

バーベルの選び方、使い方についてはご理解いただけたと思います。では、実際にバーベルセットの中でもおすすめのベスト5をご紹介しましましょう。

5位:IVANKO ペイントバーベルセット

IVANKO独自の加工はされていないものの、他のバーベルセットに比べて10万円ほどとお得な価格設定なのがおすすめポイントです。また、プレートの直径が少し大きめに設計されているので持ち上げやすい設計でもあります。ただ、プレートがアイアンなので自宅でも取り扱いには注意です。

4位:鉄人倶楽部 ザ・バーベル

収納性の高さで選ぶなら”鉄人倶楽部”のバーベルで決まりです。従来のバーベルと同様にプレート部分が取り外せる上に、シャフト部分を分割できるのでアパートやマンションでも置き場に困りません。自宅用としてはもちろん、公園や体育館など広い場所まで持ち運べるのもポイントです。

3位:ファイティングロード バーベル ブラックタイプ

価格帯が2万円ほどと、バーベルセットの中ではダントツで安いのが”ファイティングロード”のバーベルです。もちろん”安い=悪い”ということもなく、バーベルセットとして十分に機能します。また、重量も50kgから140kgと幅広く提供されており、初めての方にも手が出しやすいのがポイントです。

2位:IROTEC ラバーバーベル ダンベル

価格・品質のバランスの良さで人気なのが”IROTEC”のバーベルです。自宅用として提供されているだけあり、プレート(ラバー)には床を傷つけにくい加工が施されており安心して使用できます。また、シャフト部分もしっかりグリップ感があるので使用中もズレにくいのがポイントです。

1位:IVANKO スタンダードラバーバーベル

バーベルメーカーとしては老舗と呼べる”IVANKO”が提供しています。シャフト部分にIVANKO独自の加工が施されており”滑りにくさ”に定評があります。バーベルトレーニングはシャフトをしっかり掴むことが求められるので、IVANKOの滑りにくさというのはおすすめポイントです。

おすすめのバーベルで筋肉にワンランク上の負荷を!

プリーチャーカール

今回は、本格的な筋トレに1セットは用意したい”バーベル”の選び方についてまとめてみました。いかがでしたでしょうか?バーベルは”シャフトの長さ”と”プレートの素材”の2つに注目すると簡単におすすめが見つかります。

ただ、バーベルは非常に重量があり、万が一にでも落下させると床を傷つける危険があります。自宅用で考えているのなら、バーベルのシャフトの長さは”180cm”でプレートの素材は”ラバー”を選ぶのがおすすめです。

ちなみに、紹介したバーベルは全て”Amazon”でも購入できるので、興味のある方はチェックしてみて下さい。

【関連記事】トレーニングベンチの人気ランキング!おすすめマシンと選び方情報

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP