ベンチプレスをする男性

ファットグリップのおすすめランキングをプロがご紹介!前腕を効果的鍛える使い方とは?!

 

本格的な筋トレを行うとなると、バーベルやダンベルなどの筋トレ器具を使用するのが一般的です。ただ、実際にバーベルを握ると分かりますが持ち手が細くて掴みにくく感じます。「掴みやすくならないの?」と感じた方も多いのでは?

であれば、ファットグリップを使用してみてはいかがでしょうか?ファットグリップを持ち手の部分に装着するだけ、持ち手を通常の2倍ほどの太さにできます。しっかり掴めるので、前腕周りの筋肉への負荷を高めるのに効果的です。

ちなみに、ファットグリップはあまり知られていない筋トレグッズです。実際に選ぶとなると「どれが良いの?」と迷うことになります。そこで、今回はファットグリップからおすすめしたい3商品についてご紹介します。ぜひ参考にして下さい。

ファットグリップって何?

バーベル

日本ではまだ知られていないだけに「ファットグリップって何?」という方も多いのでは?確かに、冒頭で紹介した”持ち手を2倍に”と言われてもイメージがつきません。では、まずはファットグリップについて詳しくご紹介しましょう。

ファットグリップとは

ファットグリップとは、”ファット=太る”と名のつく通りにグリップ(持ち手)を太らせる為だけに提供されている筋トレグッズです。あくまでバーベルやダンベルなど持ち手のある筋トレ器具に装着するもので、単体では使いません。

ファットグリップを装着することで持ち手が2倍ほどの太さになり”持ちやすく”なります。また、ラバー素材のものが多く”滑り止め”としても効果的です。「もっと(持ち手)持ちやすくならないの?」と感じている方にはおすすめでしょう。

ファットグリップの効果

腹筋が綺麗な男性

ファットグリップは持ち手を持ちやすく、滑りにくくするだけではありません。持ち手を2倍ほどの太さにすることで、以下のような効果が期待できます。

  • 筋肉への負荷を高める
  • 筋肉同士の動作を助ける
  • 握りを強くし握力を強化する

中でも、ファットグリップは手首から前腕部に掛けての負荷を高めてくれます。ただ、負荷が強くなることで関節部への負担も大きくなるので、無理な使用には注意しましょう。

ファットグリップの使い方

ファットグリップの使い方は非常に簡単で、バーベルやダンベルなどの持ち手に”ファットグリップを装着する”だけです。あとはベントオーバーローイングラットプルダウンなど普段通りの感覚で筋トレを行えば違いを実感できます。

ちなみに、ファットグリップは持ち手さえあれば基本的にどの筋トレ器具にも装着できます。例えば、チンニングスタンド(懸垂器具)に装着すれば、前腕だけでなく広背筋などへの負荷も高められるのでおすすめです。

ファットグリップのおすすめ3選

ウェイトリフティング

今でこそスポーツ用品店などで見かけるファットグリップも、数年前までは専門店でしか取り扱っていませんでした。正直、「どれが良いの?」という方も多いのでは?そこで、ファットグリップの中でもおすすめの3選をご紹介しましょう。

3位:Fat Gripz ファットグリップ – アームビルダー

ファットグリップと言えば、でまず名前が挙がるのが”Fat Gripz ファットグリップ – アームビルダー”です。本体の切れ目を開き持ち手に装着するだけ、簡単に持ち手の太さを2倍ほどにできます。その上、強度にも注目して設計されているのでデットリフトのような高重量が掛かっても潰れにくく、長く愛用できるファットグリップです。

2位:ファットグリップ – グリップボール

ファットグリップの中でも変わり種と言えるのが”ファットグリップ – グリップボール”です。一般的なファットグリップが円柱状なのに対して、これは”球体”をしています。その為、ファットグリップとしての効果はそのままに”握りやすさ”だけが高められています。握力に自身のない初心者の方などにはおすすめのファットグリップと言えるでしょう。

1位:日本国内発送、マヌスグリップ

高い品質のものを選びたいのであれば”日本国内発送、マヌスグリップ”をおすすめします。ファットグリップの多くが海外からの輸入品なのに対して、これは国内発送なので品質にも安心感があります。また、価格帯も4,000円ほどと他のファットグリップに比べてもお手頃です。「試してみたい」という方でも気軽に手に取れます。

ファットグリップで効率的に前腕を鍛えよう!

ダンベル筋トレ

いかがでしたでしょうか?今回は、バーベルやダンベルなどの持ち手を2倍の太さにするだけと、シンプルな作りの”ファットグリップ”についてまとめてみました。前腕周りをより集中して鍛えたいなら用意しておきたい筋トレグッズです。

また、ファットグリップは衛生用品としても活用できます。様々な方がジムを利用する中、知らない方の汗が付着したバーベルに対して「できれば直接は触りたくない…」というのなら、ファットグリップで保護するのも1つの手です。

ちなみに、紹介したファットグリップはどれも”Amazon”で購入できます。興味のある方はぜひチェックして下さい。

【関連記事】西川遥輝の筋肉画像が凄い!イケメン野球選手のトレーニング方法を公開!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. サッカーシューズ
  2. ストレッチ
  3. 絶壁を登るクライマー
  4. サプリメント
  5. サーフィンする男性
  6. ラクロス スティック
  7. 男性スケートボーダー
  8. 道路を滑るスケートボーダー
  9. 鍛えた身体
  10. スケートボード
  11. ボルダリング 女性
  12. ヨガ
  13. スケートボードを抱えてたつ人
  14. バレーボールのサーブ
  15. サプリメント
  16. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  17. アンプル 美容成分
  18. トリックするスケートボーダー
  19. 食物繊維を多く含む食品
  20. 落ち込むスケートボーダー
  21. アイスホッケー スティックとパック
  22. 雨の日のゴルフ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP