EZバーおすすめ人気ランキング15選!トレーニング方法や正しい持ち方などご紹介!【2018年最新版】

 

EZバーとは?

バーベルを担いだボディビルダー

「EZバー」と聞いてピンとこない方も、ジムなどで見かける持ち手の曲がったバーベルといえば、すぐに思い浮かぶのではないでしょうか?

EZバーはバーベルに使われるシャフトの名称です。緩やかな曲線を描くW字型の形状で、ストレートバーを使ったバーベルトレーニングとは違った効果を感じられます。

EZバーを使うメリット

それでは、EZバーを使うとどのような効果があるかを見ていきましょう。

EZバーは関節に対して自然な形で握ることができる

ストレートバーとEZバーの1番大きな違いは、握ったときの角度です。

曲がったバーを使うことで関節に対して自然な形で握ることができるので、手首や肘の回転に対する負担が軽減されます。

また、自然な形でバーを握ることにより、腕や肩などターゲットに対してピンポイントで効果的なストレッチ効果が期待できます。

より大きな重量でトレーニングできる

EZバーは手首に負担がかからない分、同じ長さのストレートバーと比べ大きな重量に耐えることが可能です。

筋肉への負荷があがるだけでなく、いつもより大きな重量のプレートに堪えられる自分に対してのモチベーションも上がります。

EZバーを使うことで気づくこともある

EZバーは腕が開きづらいので、背中の筋肉などが意識しやすいというメリットがあります。

そのため、筋トレが最近停滞しているという方は、シャフトをEZバーに変えることで新たな気付きを得ることができるかもしれません。

ストレートバーでのバーベルトレーニングが停滞している人は、EZバーを試してみる価値あり!

また、普段のトレーニング時に少し痛みや違和感を感じている方も、EZバーを取り入れることで握り方が変わり痛みや違和感を軽減できるかもしれません。

種目によって効果的に使い分ける

EZバーのメリットをご紹介しましたが、何もストレートバーが悪いというわけではありません。

ストレートバーが得意なトレーニングは、ベンチプレスやスクワットなどいろいろあります。

手首を曲げて行うリストカールなども、EZバーよりストレートバーの方がスムーズです。

シャフトの形状は、種目や筋肉に合わせて使い分けるのがベスト。

家に両方揃えるのが理想ですが、無理な場合は自宅ではEZバー、ジムではストレートバーと分けて利用するようにしましょう。

【関連記事】バーベルシャフト選択の決め手はコレだ!ダンベルにもなるトレーニング用品の選び方

基本の持ち方とトレーニング方法

バーベルトレーニングを行う男性

バーベルを使ったトレーニングといえば、まず思い浮かぶのがバーベルカールです。

ここでは、アンダーグリップ(逆手)でのEZバーの正しい持ち方と、バーベルカールトレーニング方法をご紹介します。

【関連記事】バーベルカールのやり方!上腕二頭筋に効かせる方法と効果

アンダーグリップの場合の正しい持ち方

逆手で持つ場合は、シャフトの握る位置が重要です。

持ちやすさでいえば、シャフトの曲がった部分の真ん中辺りが楽ですが、この部分を握ると前腕に力が入り上腕二頭筋や上腕に負荷がかかりません。

それでは、せっかくのバーベルトレーニングの効果が薄れてしまいます。

EZバーを持つときの正しい位置は、1番外側の曲がっている角です。そこに、親指と人差し指を合わせて握ります。

そうすることで、上腕二頭筋や上腕に負荷がかかり効果的なトレーニングが期待できます。

バーベルカール(ターゲット:上腕・上腕二頭筋

バーベルカールはバーベルを使ったトレーニングの基本です。ただしい姿勢で、効果的なトレーニングを行いましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=PchdWhx3w7Q
  1. 腕と足を肩幅の広さに開き、アンダーグリップでバーベルを持ち上げる
  2. 正面を見据え背筋を延ばす
  3. 肘を固定して、息を吐きながらゆっくり持ち上げる
  4. 息を吸いながらゆっくりとスタート位置までバーベルを戻す

肘をずれないようにしっかり固定して、胸に引き寄せるような形で持ち上げましょう。

EZバーと相性のいいトレーニング

次に、EZバーと相性のいいトレーニングをご紹介します。

EZバーを手に入れたら、とり入れて欲しいものばかりですので、ターゲットを参考にしっかりチェックしてください。

リバースカール(ターゲット:上腕筋・腕撓骨筋)

バーベルカールの次にスタンダードなトレーニング法です。上腕筋と前腕の筋肉である腕撓骨筋を鍛えます。

https://www.youtube.com/watch?v=vRYphiGQhGw
  1. バーベルを順手で持ち、手を肩幅の広さに合わせる
  2. 上腕を固定した状態で、息を吐きながら肘を曲げゆっくり持ち上げる
  3. 息を吸いながらスタート位置までバーベルを戻す

順手のまま持ち上げるのは大変ですが、手の平を下にした状態で持ち上げるのが上腕を鍛えるポイントです。
また、肘を体になるべく近づけておくと効果がアップします。

プリチャーカール(ターゲット:上腕二頭筋)

プリチャーカールはトレーニング時に手首がつっかえないよう、ストレートバーよりEZバーでのトレーニングが推奨されています。

プリーチャーカールは自宅ではなかなか行えませんが、ジムなどでトレーニングするときにストレートバーを使っている方は、EZバーに変えてみるとぐっとやりやすくなりますよ。

https://www.youtube.com/watch?v=g6ZXL6pV3k0
  1. プリチャーカールベンチに腰掛け肘を固定する
  2. 息を吐きながら、45度を目安に肘を曲げてバーベルを上げる
  3. 息を吸いながら、ゆっくりバーベルを下ろす

握り方はアンダーリップです。先に紹介した正しい握り方を参考に取り組んでください。

スカルクラッシャー(ターゲット;上腕三頭筋)

スカルクラッシャーは、仰向けになった状態で額の上でバーベルを上下する運動です。主に上腕三頭筋を鍛えるのに効果的な種目です。

https://www.youtube.com/watch?v=ZRDfLyZL_yM
  1. フラットベンチに仰向けに寝る
  2. クローズグリッパーでバーベルを肩の真上に向かってまっすぐ持ち上げる
  3. 上腕を固定した状態で息を吸いながら、額から2~3cmのところまでゆっくりおろす
  4. 息を履きながら、ゆっくりとバーベルを持ち上げる(肘を伸ばしきらないように注意)

スカルクラッシャーは腕を太くするために、とても効果的なトレーニングですが、頭の上で行うため大変危険です。
特に補助なしで自宅で行う場合は、無理のない重量で安全に行えるよう注意してください。

トライセプスエクステンション:(ターゲット:上腕三頭筋)

トライセプエクステンションは、上腕三頭筋を集中的に鍛えるトレーニングです。

ダンベルでは立ったまま行いますが、バーベルにプレートを付て行う場合は安全のためにも座った状態でスタートしましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=y87pkpK5f2U
  1. 背筋を真っ直ぐに伸ばし座位の姿勢をとる
  2. 肘を真っ直ぐに伸ばし、バーベルを頭上に持ち上げる
  3. 息を吸いながらゆっくりとバーベルを頭の後ろにおろす
  4. 息を吐きながらゆっくりとバーベルをスタート位置に戻す

アップライトロワ(ターゲット:肩と背中)

憧れの逆三角形の体を手に入れるためには、肩と背中のトレーニングが欠かせません。

しかし、負荷をかけすぎると肩関節にストレスがかかるため、適度な重量で行いましょう。

     
続きを読む >>
  

関連記事

  1. トレーニングバンド

    トレーニングバンドの選び方は?プロが選ぶおすすめベスト5!最強の背筋を目指せ!

  2. ロデオボーイ

    ロデオボーイのおすすめベスト3!本当に痩せる!?を口コミと評判か効果を徹底解析!【どんどんスリム】

  3. 赤いダンベル

    筋トレに役立つ!オススメのトレーニング器具

  4. バンドを引っ張る男性

    セラバンドで筋トレ!トレーニングメニューと使い方解説!

  5. ストップウォッチ

    ストップウォッチはこれがおすすめ!ベストストップウォッチランキング!ラップ、タイマー機能があるのはど…

  6. ベルトをする男性

    トレーニングベルト(パワーベルト)の筋トレ効果と選び方の基礎知識

  7. ボディービルダーの筋肉男が黒の背景上の大きなダンベルのエクササイズ

    ベントオーバーローイング!広背筋に効かせるやり方と効果、鍛え方

  8. バランスをとる練習

    ヨガボールの値段別おすすめベスト5!サイズ別トレーニングと効果を教えます!

  9. 腹筋ベルトEMS

    腹筋ベルト(EMS)の効果とは!?本当に簡単に痩せる?評判や口コミを分析!

人気記事

  1. セクシーボディーの筋肉男性
  2. スピードスケートをする男性
  3. close up picture of woman trained abs
  4. ジムの一角に置かれた腹筋ローラー
  5. 女性のヒップ
  6. 綺麗な筋肉の男性
  7. グランド ガーデン アリーナでアクションでプロ野球選手
  8. 卓球選手
  9. 火災熱い組合せの野球
  10. 赤い腹筋ローラー
  11. 筋肉質な足
  12. バドミントンプレイヤー
  13. 床に斜め crunches スポーティな男
  14. ジムで練習後ポーズをとって筋肉運動ボディービルダー フィットネス モデル
  15. ジムでトレーニングするハンサムな外国人男性
  16. 腹筋の綺麗な男性
  17. アンクルウエイト
  18. 足首を気遣うランナーの写真
  19. 筋肉の美しい女性
  20. 腹筋の鍛えられた女性
  21. むきむきな男性
  22. 卓球選手
  23. 灰色の背景上にボールを持つ筋肉の若い男
  24. 軽いダンベル
  25. 柔道の試合

あなたへのオススメ記事

最近の記事

  1. ゲレンデ、スキー 【スキーブーツ】おすすめ人気ランキング12選を徹底比較!サイズの測り方や選び方も…
  2. ランニングスカートおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!かわいいランスカでモチ…
  3. チンニングスタンド最強おすすめ人気ランキング20選を徹底比較!
  4. マウスガードおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!スポーツ選手の必須アイテム、…
  5. 【左利き】野球グローブおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!ポジションごとの違…
  6. クライミングハーネスおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!種類やサイズ、選び方…
  7. HMBおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!効果や副作用を徹底解説!摂取方法や…
  8. 【メンズ】スイミングインナーおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!そもそもイン…
  9. スライドボード 【体験レポ】人気ナンバー1スライドボード、バランスワンのスライドボードがどれだけ…
  10. 靴紐をくくる女性 【マラソン】キャップおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!機能性の良いオシャレ…

カテゴリー

PAGE TOP