サイクリングマシンに乗る女性

エクササイズバイクおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!ダイエット効果抜群の使い方を教えます!

 

自転車がブームになっている中、屋外に自転車を乗りに行く時間的な余裕も無いという人も多くいます。そんなときに運動不足解消の役に立つのが「エクササイズバイク」です。

エクササイズバイクにはアップライトタイプやリカンベントタイプといった種類があり、それぞれ運動効果や形が異なります。おすすめのエクササイズバイクをベスト20をご紹介しつつ、ダイエットにも効果があるエクササイズバイクの使い方をご紹介します。

エクササイズバイクとエアロバイクの違いは

バイクエクササイズをする女性たち 「エクササイズバイク」は屋内で使えるトレーニング器具です。自転車のような形状をしていますが、実際に走ることはありませんし車輪もついていません。

ここまで聞くと「エアロバイクとの違いは?」と疑問に思う人もいるでしょう。どのような違いがあるのか見ていきましょう。

エクササイズバイクとエアロバイクは同じもの

一般的に「エクササイズバイク」と「エアロバイク」は同じものを指します。屋内で自転車こぎトレーニングを行う器具のことで、形状や負荷などは商品によって異なります。

「エアロバイク」という名称は商標登録された商品名なので、通常は「エクササイズバイク」または「フィットネスバイク」と呼ばれています。

エクササイズバイクは体に負担がかかりにくい

エクササイズバイクの最大のメリットは、「体に負担がかかりにくい」ということです。ランニングやウォーキングを始めとしたエクササイズはひざや腰といった関節に負担がかかりがちです。

エクササイズバイクは座ったまま運動ができるため、腰痛持ちの人でも体への負担を軽くしてエクササイズが行えます。

空き時間に気軽にできる

自宅にエクササイズバイクがあれば、空いている時間に気軽に行うことができます。TV番組を見ながら、CMごとに休憩を入れて漕いでいたら1時間経っていた、という人もいるくらいです。

音楽を聞きながら、動画やDVDを見ながらでもできるのがエクササイズバイクのメリットです。

エクササイズバイクの種類

エアロバイクでトレーニング中のグループエクササイズバイクには形状によって「アップライトタイプ」「スピンバイクタイプ」「リカンベントタイプ」という3種類があり、それぞれ効果が異なります。

アップライトタイプ

アップライトタイプが最も一般的なタイプのエクササイズバイクです。価格も3種類の中では割と抑えめで、折りたたみできるものも多いです。使うときも収納するときも場所を取らないのがメリットです。

スピンバイクタイプ

スピンバイクタイプはロードバイクにのっているときのような前傾姿勢で漕ぎます。負荷も3種類の中で最も高くなるようにつくられているため、心肺機能とスタミナの向上のために使われます。

アスリートがトレーニングで使うのはこのタイプです。運動不足の人やリハビリ目的、高齢者の体力維持には使いづらいバイクです。

リカンベントタイプ

リカンベントタイプは背もたれが付いているのが特徴です。背もたれに寄りかかって楽な姿勢で漕ぐことができます。リハビリ用や高齢者向けとして使われることが多いですが、サイズが大きくなりがちで折りたたみなども出来ないものが多いのが欠点です。

エクササイズバイクの選び方

ジムでトレーニングを行うストレッチウエアを着た男性エクササイズバイクを選ぶときには用途・価格・大きさ・機能をチェックしましょう。

用途で選ぶ

運動不足の解消が目的の人、入院後などのリハビリが目的な人、本格的にトレーニングを行いたい人では購入するバイクが異なります。

通常の運動不足解消であればアップライトタイプで十分ですが、体力を回復させたり高齢者が使ったりする場合はリカンベントを選ぶ必要があります。

また本格的なトレーニングのためにスピンバイクを購入したいのであれば、ギアの段数をチェックしましょう。32段階など段数が多い方が高負荷をかけることができ、細かい負荷の調節が可能です。

価格で選ぶ

エクササイズバイクの価格は安いものでは2万円弱、高いものでは家庭用なら10万円程度、業務用だと30万程度かかります。自分の中で予算を決めて置きましょう。1万5,000円から3万円くらいが最も商品の多い価格帯です。

大きさで選ぶ

家の中でどれくらいの広さの空間が取れるのかを考えて選びましょう。小さいものでは新聞を広げた広さの中にすっぽり入るものもありますし、折りたたみ不可能で広いスペースを必要とするものもあります。アップライトタイプの多くは折りたたみができます。

機能で選ぶ

心拍計がついているものや走行距離・回転数・速度・平均速度などが表示されるものや、段数の多いものなどがあります。心拍計があると自分にどれくらいの負荷がかかっているのかわかりやすいです。

スマホやタブレットが置けるスタンドが付いているものもあるので探してみましょう。

ダイエットに効果的なエクササイズバイクの使い方

ジムで鍛える男女エクササイズバイクはダイエット目的で使用する人も多いですが、正しい使い方をすることで効果を上げることが出来ます。ダイエット効果のある方法を確認しましょう。

全力で漕がない

ダイエットしたい!という気持ちが強い人はついつい全力で漕いでしまいます。ですがダイエットするときには全力でこがないことが大切です。

脂肪の燃焼は20分以上の有酸素運動を行う必要がありますし、20分でようやく脂肪が燃焼し始めます。そのため、最初から全力で漕いでしまっては体力が持ちませんし、無酸素運動になってしまうため脂肪燃焼効率は低くなります。

負荷を一定に保つ

長時間に渡って有酸素運動を続けるためには、負荷を一定に保つ必要があります。最初から飛ばしてしまってすぐにバテてしまうと長続きしません。心拍数や回転数・速度を一定に保ちましょう。

なお、最大心拍数(220−自分の年齢)の40〜65%がダイエットに適した負荷です。

20分以上漕ぐ

トータルで20分以上漕ぐことがダイエットには必要です。脂肪燃焼が始まるのが20分経過時だからです。一定の負荷で一定の時間漕ぐようにしましょう。

ただし20分ずっと漕いでいなければいけないわけではなく、10分漕いで3分休憩、また10分漕ぐということでも合計20分になります。

正しい姿勢で行う

腰を曲げすぎてしまったり、座り方が良くなかったりすると怪我のもとですし、効果も上がりません。背筋は軽く伸ばして座りましょう。座っているときには骨盤が立つように座ることを心がけてください。

エクササイズバイクおすすめランキング・20位〜11位

価格や機能・サイズ・口コミ評価などを考慮して厳選した20点のエクササイズバイクをランキング形式でご紹介します。

20位:ALINCO(アルインコ) クロスバイク4428 AFB4428

ALINCO(アルインコ) クロスバイク4428 AFB442
ALINCO(アルインコ)
販売価格 ¥11,000(2018年6月19日23時48分時点の価格)

低価格で軽量&コンパクト、使うときにも41cm×86cmという小さな範囲で使うことが出来、折りたたんで収納ができるため部屋がせまい人でも快適に使うことが出来ます。負荷を8段階に調節できるため、さまざまな用途の人に向いています。

19位:ダイコー(DAIKOU) リカンベントバイク DK-8718RP

ダイコー(DAIKOU) 電動マグネット式リカンベントバイク DK-8718RP
ダイコー(DAIKO)
販売価格 ¥61,848(2018年6月19日23時49分時点の価格)

背もたれがあるため楽に運動することが出来、座るときにも楽な態勢で乗り込むことができるリカンベントバイクです。シートがスライドするため身長150cmの小柄な方から190cmの背の高い方まで使えます。

18位:Ms. RAJA フィットネス スピンバイク

Ms. RAJA フィットネス スピンバイク
Ms. RAJA(ミズ ラジャ)
販売価格 ¥24,800(2018年6月19日23時49分時点の価格)

より高い負荷をかけたトレーニングが可能なスピンバイクです。静音性が高いため夜の使用でも安心です。心拍計もついているため最適な負荷をかけながらトレーニングができます。タブレットやスマホを置くホルダーも搭載しています。

17位:La-VIE(ラヴィ) 折りたたみ式クロスバイクneo

La-VIE(ラヴィ) 折りたたみ式クロスバイクneo
La-VIE(ラヴィ)
販売価格 ¥17,341(2018年6月19日23時49分時点の価格)

折りたたみ可能で軽量なアップライトタイプのバイクです。メーターには走行距離と時間・消費カロリー・スピードなどを表示しています。背もたれとシート横にもハンドルがついているため、体を起こした状態でもエクササイズ出来ます。

16位:イグニオ(IGNIO) フィットネスバイク IG-FB002LX YG

イグニオ(IGNIO) フィットネスバイク IG-FB002LX YG
イグニオ(IGNIO)
販売価格 ¥24,990(2018年6月19日23時49分時点の価格)

連続使用時間が60分に制限されているため、過度なエクササイズを防ぐことが出来ます。一般的にエクササイズバイクは40分程度がベストな時間と言われています。折りたたんで収納でき、車輪付きなので持ち運びも楽にできます。

15位:ダイコー(DAIKOU) リカンベントバイク DK-8304R

ダイコー(DAIKOU) マグネット式リカンベントバイク DK-8304R
ダイコー(DAIKO)
販売価格 ¥32,962(2018年6月19日23時49分時点の価格)

シートがスライド式なので幅広い身長に対応しています。低床型なので高齢の方でも楽に座れ、背もたれに持たれながら運動が出来ます。心拍センサーもついているため負荷を確認しながらエクササイズ出来ます。

14位:コナミスポーツクラブ エアロバイク S-BODY(RJ)

コナミスポーツクラブ エアロバイク S-BODY(RJ)
コナミスポーツライフ
販売価格 ¥53,784(2018年6月19日23時50分時点の価格)

ハンドルが無くサドルとペダルのみというシンプルなエアロバイクです。ハンズフリーなのでほかのことをしながらのエクササイズが出来ます。上半身でバランスを取る必要があるため、体幹も鍛えられます。

13位:ALINCO(アルインコ) クロスバイク AFB4417

ALINCO(アルインコ) クロスバイク AFB4417
ALINCO(アルインコ)
販売価格 ¥12,068(2018年6月19日23時50分時点の価格)

15kgを切る軽量性とコンパクトな折りたたみ式で、女性でも楽に収納・移動ができるクロスバイクです。オートスタート・オートストップ機能がついているため操作も簡単です。8段階の負荷調節とサドルの位置調節機能もついています。

12位:PURE RISE(ピュアライズ) フィットネスバイク

PURE RISE(ピュアライズ) フィットネスバイク
PURE RISE(ピュアライズ)
販売価格 ¥10,800(2018年6月19日23時50分時点の価格)

ベルト式ではなくマグネット式なので静音性が高く、負荷調節も可能なフィットネスバイクです。折りたたむとわずか30cm程度の幅になるため、狭い隙間に入れて収納できます。低価格ですがコストパフォーマンスの高い商品です。

11位:ALINCO(アルインコ) プログラムバイク AFB6016

ALINCO(アルインコ) プログラムバイク AFB6016
ALINCO(アルインコ)
販売価格 ¥18,995(2018年6月19日23時50分時点の価格)

16段階の負荷調節機能と12種類のトレーニングプログラムが搭載されているため、本格的なトレーニングをしたい人にもおすすめです。ハンドルを折りたたんで小さくして収納が可能です。ハンドルに心拍計が付いており、負荷をモニターで確認できます。

エクササイズバイクおすすめランキング・10位〜4位

トップ10の中には本格的なトレーニングをしたい人のために、高負荷をかけられるスピンバイクも多く入っています。自分がどのようなトレーニングをしたいかを考えて選ぶのがおすすめです。

10位:WASAI スピンバイク JT600S

WASAI スピンバイク JT600S
WASAI
販売価格 ¥18,980(2018年6月19日23時50分時点の価格)

本格トレーニングができるスピンバイクですが静音性が高いため、深夜でも使用できる商品です。ハンドルとサドルの高さ調節ができるので、無理のない姿勢でトレーニングが出来ます。

グリップ部分に心拍計がついているので一定の負荷でトレーニングが出来、乗ったまま負荷調節も可能です。

9位:HAIGE スピンバイク エアロフィットネス HG-YX-5006

HAIGE スピンバイク エアロフィットネス HG-YX-5006
HAIGE(ハイガー)
販売価格 ¥22,500(2018年6月19日23時52分時点の価格)

前傾姿勢で漕ぐタイプのスピンバイクで、高付加をかけてエクササイズすることが出来ます。心拍数や距離・カロリーだけでなくケイデンス(ペダル回転数)もチェックしながら運動できるため、負荷の管理がしやすいのが特徴です。

8位:コナミスポーツクラブ エアロバイク TYPEeGG(タイプエッグ)

コナミスポーツクラブ エアロバイク TYPEeGG(タイプエッグ)
KONAMI SPORTS LIFE(コナミスポーツライフ)
販売価格 ¥53,784(2018年6月19日23時52分時点の価格)

ハンドルがサドル上部についているため、歩いているときと同じような姿勢でトレーニングができるエアロバイクです。ながら運動も可能で、脈拍をチェックしながら運動できます。スマホアプリを使って運動記録を管理出来ます。

7位:HAIGE スピンバイク エアロフィットネス HG-YX-5007

HAIGE スピンバイク エアロフィットネス HG-YX-5007
HAIGE(ハイガー)
販売価格 ¥39,800(2018年6月19日23時52分時点の価格)

摩擦で負荷を調節する「摩擦調整式」のスピンバイクで、高い負荷をかけることができるので本格トレーニング向きです。ベルト式ですが静音性が高いので、時間を気にせずトレーニングが出来ます。

6位:ALINCO(アルインコ) アドバンスバイク AFB7014

ALINCO(アルインコ) アドバンスバイク AFB7014
ALINCO(アルインコ)
販売価格 ¥37,633(2018年6月19日23時52分時点の価格)

負荷調節が32段階もあるため、最適な負荷を選んでトレーニングが出来、高負荷にすることも出来ます。トレーニングメニューもプリセットされた12種類のほか、自分でメニューを設定することもできるため、さまざまな用途に合わせて使えます。

5位:ALINCO(アルインコ) エアロマグネティックバイク AF6200

ALINCO(アルインコ) エアロマグネティックバイク AF6200
ALINCO(アルインコ)
販売価格 ¥20,990(2018年6月19日23時53分時点の価格)

同社製品の中では特に人気の高いエクササイズバイクです。大型表示の液晶メーターがついているため、エクササイズの管理がしやすいのが特徴です。ジョグダイヤルで操作性も抜群です。

4位:ALINCO(アルインコ) 3WAYバイク BK2000

ALINCO(アルインコ) 3WAYバイク BK2000
ALINCO(アルインコ)
販売価格 ¥18,310(2018年6月19日23時53分時点の価格)

背もたれがついているエクササイズバイクで、サドルの横にハンドルがあるため楽な姿勢でトレーニングが出来ます。負荷を8段階に調整出来るほか、三段階の角度調節で鍛えたい部分や目的に合わせたトレーニングが出来ます

エクササイズバイクおすすめランキング・ベスト3

ベスト3には運動不足解消や体力増強・維持のためのアップライトタイプが多くランクインしました。運動プログラムがセットされていたり、一部分を集中的にトレーニングしたいという人にもおすすめの商品ばかりです。

3位:HAIGE エアロフィットネスバイク HG-QB-J917B

HAIGE エアロフィットネスバイク HG-QB-J917B
HAIGE(ハイガー)
販売価格 ¥13,800(2018年6月19日23時53分時点の価格)

折りたたみ可能なエクササイズバイクで、運動中の角度を2種類に変えられるため、通常のトレーニングのほかに太ももにより負荷をかけるトレーニングも行えます。負荷は10段階調整可能です。

2位:ALINCO(アルインコ) プログラムバイク AFB6216G

ALINCO(アルインコ) プログラムバイク AFB6216G
ALINCO(アルインコ)
販売価格 ¥23,000(2018年6月19日23時53分時点の価格)

16段階の負荷がかけられるため、かなり強度の高いトレーニングも行えます。トレーニングメニューがプログラムされているほか、心拍数や回転数に合わせたトレーニングができるため、効果的に鍛えることが出来ます。

1位:ALINCO(アルインコ) コンフォートバイク2 AFB4309WX

ALINCO(アルインコ) コンフォートバイク2 AFB4309WX
ALINCO(アルインコ)
販売価格 ¥18,790(2018年6月19日23時54分時点の価格)

通常の前傾姿勢と背もたれに持たれて行う姿勢と2種類の運動姿勢ができるエクササイズバイクです。ハンドルやサドルの高さ調節はもちろん、ペダルの角度を変えることで3種類の目的でトレーニングが出来ます。

ハンドル下部にエクササイズバンドもついているため、上半身のトレーニングも同時に行えます。

まとめ

コナミスポーツクラブのイメージ画像エクササイズバイクはトレーニングジムに行かなくても自宅で本格的なトレーニングができるマシンです。有酸素運動が可能なのでダイエットにも効果がありますし、負荷を高くして筋力や心肺機能をアップさせることも可能です。

使用する場所の広さや収納のしやすさ・負荷の程度や価格などをチェックしながら購入するのがおすすめです。上記のランキングは特に人気や評価の高いものの中から厳選していますので、是非購入の際に参考にしていただければと思います。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP