靴紐を結ぶ女性

【ランニングシューズ】おすすめ人気ランキング12選を徹底比較!有名メーカーの特徴を紹介!初心者必見の選び方も教えます!

 

ランニングを目的としてつくられているランニングシューズは、普通の靴にはない様々な機能がついています。

に負担がかかりにくい設計になっているので、足の故障を防ぐためにもランニングシューズは必要です。

そこで初心者向けに、ランニングシューズ選ぶときのポイントと有名メーカーの特徴についてご紹介していきます。

ランニングシューズの種類

靴紐を結ぶ女性

ランニングシューズは主に3つのタイプに分かれています。

クッション性重視タイプ

クッション性重視のランニングシューズは、高性能のクッションが入っているため高い衝撃吸収性があるのが特徴です。

また、クッションが入ることによってソールは厚くなり、ほかのタイプのランニングシューズに比べると重くなっています。ですが、初心者の場合はランニングシューズの重さはそれほど気にしなくていいでしょう。

それよりも、クッション性が入っていることで足にかかる負担を軽減し、さらにアーチ(土踏まず)部分などもサポートされていることが多いので、初心者向けのランニングシューズといえます。

軽量性重視タイプ

軽量性重視のランニングシューズは、とにかく軽量化を意識して設計されているのが特徴です。

クッション性は低いですが、重さが軽いので長距離を走った場合にシューズの重みで足が動かしにくくなるということがほとんどありません。

その一方で、クッション性が削られているので足を保護したり、負担を軽減させるという機能がほとんどないのも特徴です。

レース系のランニングシューズといわれており、フルマラソンなどの長距離に向いているシューズですが、初心者の場合は足に負担がかかりやすく怪我につながることもあるので、あまり向いていません。

上級者、またはプロ向けのランニングシューズといえるでしょう。

クッション性+軽量性のバランスタイプ

クッション性があり、さらに軽量化も意識して設計されていることからトレーニング系ランニングシューズといわれています。

足にかかる重みを軽量化し、かつ衝撃を吸収するクッションも備わっているので足にかかる負担を減らしつつ、高いパフォーマンスを引き出してくれます。

ただ、軽量化されているのでクッション性重視のランニングシューズよりは足に負担がかかりやすくなっています。

初心者の場合は、まずクッション性重視タイプのものを選んだうえで、次のステップアップトレーニングに入った段階でバランスタイプ(トレーニング系ランニングシューズ)に買い替えるといいでしょう。

自分の足のタイプを知ろう!

トレーニングシューズ

一般的に靴を購入する時は足のサイズで選ぶことがほとんどだと思いますが、ランニングシューズの場合はサイズだけではなく足の形にも注意しなければいけません。

足の形は主に、エジプト型、ギリシャ型、スクエア型の3つのタイプに分かれているため、まずは自分の足のタイプがどれに属しているのかを知っておくことが大切です。

ランニングシューズは普通の足のサイズとは違う

ランニングシューズを選ぶときは、足のサイズ(縦)だけではなく横幅のサイズも合わせなければいけません。また、足の形(タイプ)によって選ぶときに注意すべきポイントも違ってきます。

サイズが合っていないと、爪や指を痛めたり、マメや靴擦れといったトラブルの原因になります。

さらに、足や膝の故障にもつながるので、ランニングシューズを選ぶときの大前提として、自分の足のタイプとサイズは前もって確認しておきましょう。

エジプト型

日本人の多くはエジプト型と呼ばれる足の形をしています。

特徴は以下の通りです。

  • 親指が一番長い
  • 親指から小指にかけてゆるやかに傾斜を描く(短くなっていっている)

エジプト型の場合は親指が一番長いので、指先に余裕がないシューズを選んでしまうとつま先がシューズに当たって足を痛めてしまいます。

酷い場合は外反母趾になってしまう危険性もあるので、つま先の形に注意してランニングシューズを選びましょう。

ギリシャ型

エジプト型に次いで日本人に多いのがギリシャ型で、約2割の人がこのタイプだといわれています。

特徴は以下の通りです。

  • 人差し指が一番長い
  • 親指よりも人差し指が長いので、足先が尖った形になっている

ギリシャ型の場合は比較的どんなシューズにもなじみやすい足の形ですが、試着をする時は人差し指がつま先に当たっていないかどうかをチェックし、ぶつかっている場合はつま先に余裕があるものを選びましょう。

スクエア型

日本人の1割がスクエア型だといわれており、足の指がほぼ同じ長さ(横に平行に揃っている)というのが特徴です。

スクエア型の場合は、小指が親指と同じ長さなので先細りしているシューズを選んでしまうと、小指がつぶれてしまいます。

エジプト型、ギリシャ型に比べて足の幅が広いため、シューズを選ぶときはつま先の形よりも、シューズの横幅(ウィズ)を確認して自分の足周に合ったものを選ぶようにしましょう。

※ウィズ(ワイズ)、足囲とは?
ランニングシューズの横幅をウィズ(ワイズ)、足の横幅のことを足囲といいます。足囲は、親指の付け根から小指の付け根を通り、足の甲から足裏までを一周させた長さです。

初心者が選ぶ時のポイント

軽快に走り女性

初心者に一番向いているのはクッション性重視のランニングシューズですが、それでもまだ様々なタイプがあります。

どんなポイントに注意して選べばいいのか紹介していきます。

シューズの重さよりもクッション性を重視

ランニングシューズは重いよりも軽い方が足は疲れにくいと思っている方も多いようですが、軽量化されているランニングシューズはクッション性が低いものが多くなっています。

初心者の場合は、走りのフォームが安定していなかったり、足にかかる力が偏っていたりすることもあるので、最初のうちは足の負担を軽減してくれるクッション性が高いランニングシューズの方がおすすめです。

長距離を走る場合も、クッションが衝撃を吸収してくれるので疲れにくくなったり、足首や膝の怪我を防ぐ役割も果たしてくれます。

目的別に選ぶ

どんな目的でランニングをはじめるのかというのも選ぶときの大きなポイントです。

ランニング初心者で、運動解消やダイエット目的であればクッション性が高いランニングシューズを選びましょう。

フルマラソンを目指している人や長距離ランナーで、ランニングシューズの買い替えを検討している人はトレーニングでも使われているクッション性+軽量性のバランスタイプのシューズでもいいかもしれません。

ただし、クッション性は低くなるので中級者以上の人であればおすすめですが、初心者の人は長距離だとしてもやはりクッション性の高いランニングシューズを選んだ方が怪我のリスクを抑えられて安心です。

タイムを競ったりする上級者であれば、軽量化タイプのシューズがおすすめです。

有名メーカーから選ぶ

店舗で購入するときは店員さんなどからアドバイスを貰えますが、近年はネットショッピングで購入する方も増えてきています。

一度にたくさんの種類のランニングシューズを比較することができますが、試着できないのが難点です。

試着ができないネット通販を利用する場合は、失敗を防ぐために有名メーカーから選ぶ方法もあります。

有名スポーツメーカーの場合は、多くの愛用者もおりメーカーごとの特徴も分かっているので、自分に合ったものを選びやすいはずです。

どれも機能性は高いものばかりなので、デザイン性を重視しても失敗することは少ないといえるでしょう。

ランニングシューズ有名メーカーの特徴

壁にかけられたシューズ

アディダス

三本のラインが入ったシューズが特徴のアディダスですが、もともとはシューズを補強するバンテージとして入れられているものです。

アディダス独自の「ブーストフォーム」は発泡熱可塑性ポリエチレンビーズに微細な気泡を閉じ込めることで、最高ランクのクッション性を実現させています。

ブーストシリーズは初心者にもおすすめです。

ミズノ

国内スポーツブランドのミズノは、スニーカーブランドとしても高い人気を誇っています。

海外ブランドとは違い国内のメーカーであるため、日本人向けに設計され日本製品であることにこだわっているのも人気の秘訣です。

初心者向けのランニングシューズとしては、「イージーライン」シリーズやパラレルウェーブが搭載されているクッション性の高い「ウエーブ」シリーズがおすすめです。

アシックス

アシックスのランニングシューズも日本人に合う設計になっており、初心者向けのモデルも多数あります。

「GEL(ゲル)」シリーズは、クッション性に優れており、アーチ(土踏まず)のサポートなどもあって初心者でも安定した走りを実現しやすいように設計されています。

ニューバランス

Nの文字が特徴になっているニューバランスですが、初心者には安定性があってクッションもしっかりと入っている「FRESH FOAM」がおすすめです。

基本は海外製なので外国人の足幅に合わせてありますが、日本人向けに開発されたシューズもあります。

ナイキ

ファッション性も高く、ランニングシューズに限らず幅広い世代に人気があるナイキ。

ランニングシューズの場合は、「AirMax(エアマックス)」「Lunar(ルナ)」「Zoom(ズーム)」「Free(フリー)」という4つのシリーズが有名です。

初心者であれば、クッション性と反発性の両方を兼ね備えているLunar(ルナ)、衝撃吸収性は最高ランクのAirMax(エアマックス)、メーカーも初心者に推奨しているZoom(ズーム)がおすすめです。

ランニングシューズ人気ランキング第12位~第6位

第12位:[ニューバランス] ランニングシューズ MFLSH

[ニューバランス] ランニングシューズ MFLSH(現行モデル) ブラック/グレー 25.5 cm D
Posted with Amakuri at 2018.6.27
new balance
販売価格 ¥3,189(2018年6月27日23時25分時点の価格)

ミッドソール素材を使用し、高いクッション性を備えながらも軽量化してあります。

第11位:GUAYUTスポーツシューズ ランニングシューズ

GUAYUTスポーツシューズ ランニングシューズ スニーカー ウォーキングシューズ カジュアル メンズ レディース アウトドア 新デザイン ファッション感 クッション性 超軽量 運動 カラー/サイズ多様 24.5 CM/EU 39 E ホワイト
Posted with Amakuri at 2018.6.27
販売価格 ¥2,799(2018年6月27日23時26分時点の価格)

エアーソールを採用しており、厚いソールが衝撃を吸収してくれます。また、天然ゴムを採用しているので、滑り止め効果もあります。

第10位:[ミズノ] ランニングシューズ ウェーブ ソニック

[ミズノ] ランニングシューズ ウェーブ ソニック グレー×グレー×ブルー 26.5 (現行モデル)
Posted with Amakuri at 2018.6.27
MIZUNO
販売価格 ¥7,689(2018年6月27日23時26分時点の価格)

人気の「ウエーブ」シリーズです。波状(ウエーブ)のプレートによってクッション性を高めつつ、安定性も実現させています。

第9位:[アディダス] ランニングシューズ GLX 4 M

[アディダス] ランニングシューズ GLX 4 M メンズ ハイレゾレッド S18/ハイレゾレッド S18/カーボン S18 26.5 cm
Posted with Amakuri at 2018.6.27
adidas
販売価格 ¥3,218(2018年6月27日23時27分時点の価格)

ミッドソールが柔らかいのが特徴で快適に走ることができます。また、メッシュ素材を使用しているので通気性も抜群です。

第8位:ナイキ(NIKE) エア ズーム スピード ライバル 6

ナイキ(NIKE) エア ズーム スピード ライバル 6 ワイド(ボルト/ブラック/バレリーボルト) 880554-700 700 ボルト/ブラック/Bボルト 26.0cm
Posted with Amakuri at 2018.6.27
ナイキ
販売価格 ¥4,490(2018年6月27日23時27分時点の価格)

ナイキでは人気の「ズーム」シリーズです。こちらは、上級者向けの軽量化されたタイプですが、メッシュ素材で通気性もよくストラップによってしっかりと足を固定させることができます。

第7位:WEIDANSIER ランニングシューズ スニーカー

ジョギングシューズ メンズ レディース 靴 シューズ ランニングシューズ スニーカー メンズ靴 運動靴 ウォーキングシューズ スポーツシューズ 通学靴 運動 軽量 防水 防滑 通気性 スニーカー ホワイト レジャー 軽い 4E 通販 紺 27.0cm
Posted with Amakuri at 2018.6.27
販売価格 ¥2,588(2018年6月27日23時28分時点の価格)

デザイン性が高くお手頃な価格ということで人気のランニングシューズです。片足220~250gと軽いのが特徴です。

第6位:[アディダス] ランニングシューズ adiZERO japan BOOST 3

[アディダス] ランニングシューズ adiZERO japan BOOST 3 メンズ ハイレゾグリーン S18/ランニングホワイト/ボールドグリーン 26.5 cm
Posted with Amakuri at 2018.6.27
adidas
販売価格 ¥7,830(2018年6月27日23時28分時点の価格)

日本人向けに設計されたもので、高い反発力とクッション性を備えています。アディダスで人気の「ブースト」シリーズです。

ランニングシューズ人気ランキング第5位~第1位

第5位:Ahico ランニングシューズ スニーカー第3世代

Ahico ランニングシューズ 第3世代 軽量スニーカー エアクッション クッション性 カジュアル デイリー 通勤 通学 日常着用 メンズ レディース
Posted with Amakuri at 2018.6.27
販売価格 ¥2,669(2018年6月27日23時28分時点の価格)

かかと部分にエアソールを採用し、高い反発力があるのが特徴です。全体の素材には一体織りメッシュを使い、足にフィットするように設計されています。

第4位:[アディダス] ランニングシューズ aerobounce pr m

[アディダス] ランニングシューズ aerobounce pr m メンズ コアブラック/ランニングホワイト/ランニングホワイト 30 cm
Posted with Amakuri at 2018.6.27
adidas
販売価格 ¥7,610(2018年6月27日23時55分時点の価格)

EVA素材のクッションを使用し、軽量化のためにメッシュ素材も使用している中級者~上級者向けのモデルです。

第3位:[アディダス] ランニングシューズ Duramolite M

[アディダス] ランニングシューズ DURAMOLITE M メンズ コアブラック/コアブラック/ハイレゾレッド S18 26.5 cm
Posted with Amakuri at 2018.6.27
adidas
販売価格 ¥3,218(2018年6月27日23時30分時点の価格)

耐久性に優れており、アッパーにはメッシュ素材を使用しているので長時間走ってもムレにくい設計になっています。

クラウドフォームミッドソールを使用することで丈夫かつ、クッション性も備えています。

第2位:[アシックス] ランニングシューズ GEL-KAYANO 24

[アシックス] ランニングシューズ GEL-KAYANO 24 (現行モデル) 5890ピーコート/ブラック 28.0
Posted with Amakuri at 2018.6.27
ASICS
販売価格 ¥8,300(2018年6月27日23時30分時点の価格)

アシックスで人気の「GEL」シリーズです。メタルクラッチをかかと部分に使い、より足にフィットするように設計されています。

緩衝材であるT-GELを使用しているので、衝撃吸収に優れているのも特徴です。

第1位:[アシックス] ランニングシューズ JOG 100 2

[アシックス] ランニングシューズ JOG 100 2 ブラック/ブラック 28.0 (現行モデル)
Posted with Amakuri at 2018.6.27
ASICS
販売価格 ¥3,800(2018年6月27日23時31分時点の価格)

アシックスの初心者向けランニングシューズです。足幅が広いワイド設計なので、締め付け感がないのも特徴です。

人気ブランドでありながら、お手頃価格なのも人気の理由です。

ランニングシューズおすすめ人気ランキング12選のまとめ

ランニングシューズは、自分に合ったものを選ばないと故障の原因になってしまうこともあります。

たくさんのランニングシューズの中から、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP