ストレッチゴムバンド

ストレッチゴムおすすめ人気ランキング15選を徹底比較!肩甲骨、背筋、腹筋など筋肉別の正しい使い方を教えます!

 

ストレッチゴムは場所を選ばず手軽にトレーニングできる器具として注目されています。

その名の通りトレーニングと併用して筋肉を伸ばし、ケアをするという使用方法から、スポーツメーカー「ミズノ」や「アルインコ」などが作る本格的なトレーニングストレッチゴムまで多種多様な商品が並びます。

今回はストレッチゴムを使用した筋肉トレーニングにフォーカスを当て、人気の商品をランキングで紹介!正しい使用方法をしっかり伝授します。

筋トレに効くストレッチゴムの選び方

ストレッチゴムはトレーニングチューブとも呼ばれ、様々な形状をしています。自分が何を求めるかで選ぶべきストレッチゴムの条件は決まってきます。

負荷を掛けたい!強度に注目して選ぶ

ストレッチゴムには強度の違いがあり、多くの人は強度を基準に選んでいきます。

スポーツクラブなどでストレッチゴムを使用したクラスを受けると、同じトレーニング内容でもゴムの強度によってトレーニング効果が違ってくるのがわかります。

強度はレベル1、2などの数字で表されたり、ソフトやハードなどと表記されたりしますが筋トレが目的ならば経験に合わせて強度の強いものを選ぶといいでしょう。

筋トレを目標に選ぶ場合は、トレーニングを繰り返すうちに、どんどん強度の高いストレッチゴムが必要になってきます。始めに強度の弱いものを購入すると、直ぐに強度の強いものに変え変える必要性が出てきてしまいます。

そのため、強度の違う何本かのストレッチゴムがセットになっているものなどがおすすめです。

筋トレ後のストレッチではあまり強すぎないものを選ぶ

ストレッチゴムを使用して気持ちよく伸びをしたい人は、強度が弱いものをおすすめします。強度が強すぎると無駄な力がかかってしまい、気持ちよく筋肉を伸ばす事が出来なくなります。

ストレッチゴムの優れた所は、筋トレと筋トレ後のストレッチの双方で使用できる点です。

弱めの負荷のストレッチゴムを自分の体形やストレッチ力に合わせて短くしたり、長くしたりと強度を調節していきましょう。

グリップの付いていないものは幅広いトレーニングが可能

お腹を見つめる男性

ストレッチゴムには幅の広いバンドタイプや、持ち手のあるチューブタイプ、そして持ち手のないチューブタイプなどがあります。グリップのないものは長さを自分に合わせて調節出来、負荷を自在に変える事が出来ます。様々な部位をトレーニングしたい人は持ち手のないものがおすすめです。

しかし筋トレなどを行う際にしっかりとグリップが効いた方が使いやすい!という人は持ち手のあるものを選びましょう。最近ではカラビナなどの付いたタイプもあり、複数本のチューブをつける事で強度を上げていくタイプもあります。筋トレ目的の人にはちょうどいいストレッチゴムと言えますね。

更に初心者から上級者まで人気を集めているループタイプもあります。こちらもグリップ部分はついていませんが足や手を通して引っ張るという単純な動作で大きな筋トレ効果を得られます。こちらは腕や脚そしてお尻の筋トレに向いていますが、全体をくまなくトレーニングするには、やはりグリップのないひも状のストレッチゴムがおすすめです。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP