テニスラケットとシューズ

【テニス】振動止めおすすめ人気ランキング8選を徹底比較!振動止めは本当に必要?メリット・デメリットなど紹介します

 

ラケットに振動止めをつけようか迷っている人は多いと思います。果たして振動止めは本当に必要なのでしょうか?振動止めの役割やメリット・デメリットに加えて振動止めの種類と選び方、さらにおすすめの振動止めをベスト8をご紹介します。

振動止めの役割をチェック!

テニスをする男性テニスラケットにつける振動止めのもつ役割をチェックしましょう。

ショット時の振動を抑える

硬式テニスはかなり速いスピードでボールが飛んできます。サーブの場合、男子は時速200km程度、女子は時速140kmのスピードで約58gのボールが飛んでくるのを打ち返さなければいけません。

ストロークでもフォアは120km以上、バックでも110km以上のスピードです。これを弾き返すためのスイングスピードを合わせると、ものすごい衝撃が手首や肘・肩に加わります。このときの衝撃を抑えてくれるのが振動止めの役割です。

打った箇所によって振動は異なる

スイートスポットで打ったときとスイートスポットを外して打ったときでは、振動も衝撃も全く異なります。体への影響・負担を軽減してくれるために振動止めをつけるという人は多いです。

そのため、プロ選手でもアマチュアでも振動止めを使用しています。もちろんその振動を打感の一部として考えて、振動止めをつけない選手もいます。

振動止めは必要か?メリット・デメリットをチェック!

テニスをする男性果たして振動止めは必要なのでしょうか?振動止めをつけたときのメリット・デメリットから、必要性を考えていきましょう。

振動止めのメリットは

振動止めはボールを売ったときの振動を抑えてくれるというメリットがあります。この振動は不快なだけでなく、ボールが当たったポイントを感じにくくなるというデメリットがあります。

振動を止めることでボールが当たったポイントが良くわかるようになるため、上達も早くなります。またこの振動は手首や肘に確実に衝撃を与えていきます。手首や肘の怪我はテニスをしている人にはつきものですから、怪我を防ぐためにも振動止めを使う意味はあるといえます。

また、ボールの飛びすぎを抑えてくれるというメリットもあるため、ハードヒッターの間でつけている人は多いです。

振動止めのデメリットは

振動止めをつけると打感が悪くなる、と感じる人もいます。振動を止めてくれるために打ったときの感覚が振動止め無しのときと異なることを嫌う人がいるのも確かです。

またガットを動きにくくして振動を抑えるため、回転をかけづらくなってしまうというデメリットがあります。スピンを多用する人からすると死活問題といえるでしょう。

ただし全く回転がかからなくなるわけではありませんし、振動止めの種類によってはちゃんと回転をかけられるものもあります。

振動止めは使った方がよい!

メリットとデメリットを考えた上で、長い目で見ると振動止めは使った方が良いでしょう。何より怪我の予防になるという部分が非常に大きいです。

学校の部活でテニスをしている人は毎日ボールを打つことになりますので、怪我もしやすくなります。その場合、振動止めで怪我を予防することができるのは大きな利点です。

プロ選手で振動止めを使っている人が多いのは当たったポイントを確認しながら打つという点以上に怪我の予防のためと考えられるでしょう。

振動止めの種類をチェックしよう

テニスする男性振動止めにはいくつかの種類があります。それぞれ特徴が異なりますので、自分のプレースタイルに合ったものや見た目が気に入るものを選びましょう。

ワンポイントタイプ

非常に良く使われているのがフェイスの下の方でワンポイントで付いているタイプです。シリコンやポリウレタンなどの樹脂製のものが多く、フェイス下部の中央の縦糸2本に取り付けます。

このワンポイントタイプは衝撃を吸収する度合いは低く、最低限の振動を止めてくれるだけですがスピンが掛かりやすいというメリットがあります。そのためプロ選手で振動止めを使っている人の多くがこのワンポイントタイプを使っています。

外れやすく無くしやすいというデメリットもありますが、価格が安いので手が出しやすいため、まずはこのタイプから試してみると良いでしょう。

バータイプ

ラケットのウェイス下部に取り付けるタイプのバータイプの振動止めは、最も良く振動を抑えてくれるタイプです。怪我の予防としては最も良く働いてくれますが、飛びも回転もかなり抑えられてしまうので注意が必要です。

ボールが当たった場所や当たった感覚をしっかりと感じながら打ちたい初心者の人にはおすすめです。

ラバーバンドタイプ

太めの輪ゴムのようなラバーバンドタイプもあります。このタイプは2本の縦糸に巻きつけて結んで使います。バータイプほど振動は抑えませんが、外れにくいというメリットがあります。

グランドスラムを達成したアンドレ・アガシ選手が使っていたことで話題になりました。

フレーム装着タイプ

ガットではなくフレームに装着するタイプの振動止めもあります。ガットを抑えないため回転や飛びが抑えられることはありません。装着する個数によって衝撃の吸収率が変わりますが、多くつけることで重量バランスが変わる場合がありますので注意が必要です。

振動止めの選び方をチェック!

テニスラケットとテニスボール振動止めを選ぶときには、どの程度振動を抑えたいのかということを中心に、見た目、外れにくさ、価格などをチェックするようにしましょう。

どの程度振動を抑えたいのか

最大限振動を抑えたい人はバータイプ一択です。回転量や飛びを減らしたくない人はワンポイントやラバーバンドタイプが良いでしょう。振動の吸収率を調整したいという人はフレーム装着タイプを1つずつ増やしていきましょう。

見た目

見た目が変わらないのはフレーム装着タイプです。ほとんどつけていることが気にならないでしょう。色の選び方によっては差し色を入れるということも可能です。見た目として人気が高いのはワンポイントタイプです。シンプルなものからかわいいデザインのものまでさまざまなバリエーションのものがあります。

外れにくさ

最も外れにくいのはバータイプとフレーム装着タイプ、次がラバーバンドタイプです。ワンポイントタイプは最も外れやすいので、外れにくさを求める場合は避けましょう。

価格

振動止めはどのタイプも1,000円以内です。最も安いものではワンポイントタイプのもので300円以内で購入することが出来ます。高いものでも2,000円を切る程度の価格です。

テニス・振動止めおすすめランキング・8位〜4位

多くの人に支持されている振動止めの中でも特におすすめのものを、機能性やデザイン、価格などの独自基準で厳選し、ランキング形式で8点ご紹介します。どれも使いやすいおすすめ商品ばかりです。

8位:バボラ(BabolaT) ルーニダンプ フレンチオープン

バボラ(BabolaT) ルーニダンプ フレンチオープン
バボラ(BabolaT)
販売価格 ¥700(2018年7月28日12時28分時点の価格)

人気の高いBabolaTのワンポイントタイプの振動止めです。フレンチオープンの開催地であるローラン・ギャロス仕様になってます。

カラーはイエロー、ピンクとフレンチオープンのエンブレム仕様のアソートタイプの3種類から好きなものを選べます。2個セットなので1個単価も抑えめです。

7位:トアルソン(TOALSON) 振動止め ショックバスタージェル

トアルソン(TOALSON) 振動止め ショックバスタージェル 2個セット
GAMMA(ガンマ)
販売価格 ¥1,586(2018年7月28日11時29分時点の価格)

バータイプの振動止めです。独自開発の衝撃吸収ジェルによってかなりの割合で振動を抑えてくれます。ボールの速度はそのままに振動だけ効率よく吸収してくれるため、人気の高い商品です。

6位:DUNLOP(ダンロップ) リラックマ ストリング振動止め 2個入

DUNLOP(ダンロップ) リラックマ ストリング振動止め 2個入
DUNLOP(ダンロップ)
販売価格 ¥604(2018年7月28日12時28分時点の価格)

年齢性別問わず人気の高いリラックマの振動止めです。信頼性の高いダンロップ社製なので安心して使えます。リラックマにするかコリラックマにするか、どちらを使うか悩んでしまいそうですね。

5位:ゴーセン(GOSEN) テニス用 振動止め ぽちゃ猫 ダンプナー

ゴーセン(GOSEN) テニス用 振動止め ぽちゃ猫 ダンプナー
ゴーセン(GOSEN)
販売価格 ¥756(2018年7月28日12時29分時点の価格)

かわいいぽちゃ猫の振動止めです。見た目のかわいさを求める人には最適で、白猫と肉球の2種類のセットになっているため、日によって使い分けることも可能です。白猫の他、黒猫や三毛猫などもラインナップされています。

4位:ヘッド(HEAD) ジョコビッチ ダンパー

ヘッド(HEAD) ジョコビッチ ダンパー
ヘッド(HEAD)
販売価格 ¥335(2018年7月28日12時29分時点の価格)

ジョコビッチモデルの振動止めです。2個セットで、片方はHeadのブランゴロゴ、もう片方はジョコビッチのロゴになっています。ジョコビッチファンの方にはぜひおすすめの商品です。

機能面でも打感を残しながら振動をしっかり抑えてくれると評価が高いのが特徴です。

テニス・振動止めおすすめランキング・ベスト3

ベスト3は特に機能性の高いものがランクインしました。どれも振動をしっかりカットしてくれると評判の高い商品です。

3位:スポーツユニオン 振動止め VIBECUT(バイブカット)

スポーツユニオン 振動止め VIBECUT(バイブカット)
VIBECUT(バイブカット)
販売価格 ¥923(2018年7月28日12時30分時点の価格)

フレームに装着するタイプの振動止めです。1つで30〜40%程度、2つで60〜70%程度、3つで90%以上の振動を抑えてくれます。ガットのたわみやうごきを邪魔すること無くフレームの振動を抑えてくれるため、一度使うとやめられない人が続出しています。

2位:Kimony(キモニー) サウンドバスター

Kimony(キモニー) サウンドバスター
Kimony(キモニー)
販売価格 ¥373(2018年7月28日12時30分時点の価格)

ラバーバンドタイプの振動止めで、ガットに結びつけるため取れにくく無くすことがないと評価の高い商品です。ラバーバンドを結いただけでの見た目なのでおしゃれとは言い難いですが、機能性は申し分ありません。

打球感を失いたくない人や打球音にもこだわりたい人にもおすすめです。

1位:kimony(キモニー) クエークバスター

Kimony(キモニー) クエークバスター
Kimony(キモニー)
販売価格 ¥510(2018年7月28日12時30分時点の価格)

あの錦織圭選手が使用していることで人気が爆発した振動止め、クエークバスターです。中央に位置しているきのこ状の部品「マッシュルームマジック」が動くことで360度全ての方向の振動を吸収してくれます。

また、カラーバリエーションも10種類と非常に豊富なので、ラケットやガットの色に合わせて好きな色を選べるのも魅力です。

まとめ

テニスプレイヤー打ったときのボールが当たる感覚を確かめることができ、手首や肘への衝撃を減らすことができる振動止めは怪我を経験した人はもちろん、毎日のプレーで怪我を予防したいという人にも最適なアイテムです。

衝撃吸収性から選ぶことも出来ますし、デザイン性を重視して選ぶという人もいるでしょう。上記のランキングは多くの人から人気を得ている商品ばかりを取り揃えていますので、是非購入の際の参考にしていただければと思います。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. キックボクシングのスパーリングを受ける女性
  2. 太もも ダイエット
  3. バスケ 男性 ドリブル
  4. バスケットボール シュート
  5. 空手 男性
  6. バスケ ダンク
  7. カヌー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP