男性の後ろ姿

カゼインプロテインおすすめ人気ランキング8選を徹底比較!ゆっくり吸収するから寝る前に飲むのが効果的!選び方も解説

 

プロテインといえばホエイプロテインがメインになりますが、就寝時の血中アミノ酸濃度を維持するためにはカゼインプロテインが最も適しています。

トレーニング効果を最大に引き上げるカゼインプロテインは「ビーレジェンド」や「マイプロテイン」「アルプロン」などさまざまなブランドが独自の配合で販売しています。

ホエイプロテインと比較すると数も多くありませんが、カゼインプロテインを価格や味だけで選んでいませんか?

トレーニング効果をしっかりサポートし理想の体に仕上げるカゼインプロテイン、購入の際に要チェックしておくポイントを伝授します。

カゼインプロテインの選び方

カゼインプロテインを選ぶ際はどんな事に注意すればいいのか。

単体では大きな効果が期待できないカゼインプロテインですが、それゆえにちょっと工夫を楽しんでみるのもいいかもしれませんよ。

タンパク質の含有量が多いものを選ぶ

若い男性アスリート プロテイン シェークで瓶を持って、白い背景に分離された彼の手を指して

プロテインを摂取するうえで欠かせないのはタンパク質の含有量チェックです。

カゼインプロテインの場合も例外ではなく、タンパク質含有量が多いのものを選びます。目安はタンパク質80%以上。

多くのカゼインプロテインは1食分の含有量が表記されているので、しっか確認する事が大切です。

またカゼインプロテインにはホエイプロテインが混合されているものも多く、表記がわかりにくい場合もあります。そんな時に確認すべきはカゼインとホエイの比率という事になります。

カゼインのメリットを生かす飲み方をするのに、カゼインの比率が少ないのでは意味がありません。

ホエイプロテインとブレンドするならフレーバー系がおすすめ

カゼインプロテインは単体で飲む場合と、ホエイとブレンドで飲む場合があります。

自分で調節しながらブレンドをするは、ストロベリー味やチョコレート味、ミルク味など独自のフレーバーを作り出すのもおすすめです。

ホエイプロテインに比べ、飲みにくさは感じにくいカゼインプロテインですが、独自のフレーバーを作る事で味飽きを感じずに済みます。

続けられる価格帯のものを選ぶ

休憩する男性

プロテインは毎日継続していくものなので、価格帯はやはり重要ですね。

特にカゼインプロテインを利用する場合、多くの人がホエイプロテインとの併用をします。継続していく為に無理のない価格帯のものを選びましょう。

カゼインのみ、ホエイのみのプロテインを購入するか、初めからブレンドされたものを購入するか自分の利用頻度や飲むタイミングなどを計算してお得な方を選ぶといいでしょう。

純度にもよりますが、一般的にはホエイがブレンドされたものよりもカゼイン単体の方が価格は抑えめです。

タンパク質の他の栄養成分を確認する

カゼインプロテインにはタンパク質の他にも体をサポートする栄養素が含まれています。

ビタミンKはタンパク質の働きを活性化させ、ビタミンCやビタミンB6はタンパク質の吸収を高めます。またビタミンDは筋肉のタンパク質合成を促すのです。

またミネラルは体の代謝に大きく関与し、筋肉の機能を正常に保ちます。

このようにタンパク質+αの栄養素が含まれていればトレーニングの効果を更に向上させてくれるでしょう。

メーカーによっては就寝間に摂取する事を考慮し、GABAなどのリラックス効果を高める成分を配合している場合もあります。

続ける為には飲みやすさも重視する

プロテインを作る男性

プロテインは飲みにくいというのが定説ですが、カゼインプロテインの場合は味というより「とろみ」が気になり飲みにくく感じる人が多いです。

ホエイプロテイン程ではありませんが「カゼイン独特の味が嫌だ……けれど筋肉の為に我慢して飲む!」という人も多くいます。

少しでも毎日のストレスを減らすために飲みやすいカゼインプロテインを選びましょう。上記したように独自のフレーバーを生み出すのもおすすめです。

更に溶けやすいものなら、とろみが少なく喉ごしも軟らかくなります。

カゼインにも種類がある

そもそもカゼインとは生乳を構成する成分の8割を占めるもので、水に溶けにくくゆえに吸収スピードがゆっくりになるプロテインです。

カゼインプロテインの成分表示をよく見てみると「カゼインカルシウム(カゼインネート)」「カゼインミセル(ミセラーカゼイン)」の表記があります。

これはカゼインの種類で、それぞれ特徴が違ってきます。

カゼインカルシウム(カゼイネート)は溶けやすい

プロテインとシェーカー

カゼインカルシウムはホエイ程の速さはないにせよ、体への吸収スピードは少々早めです。

元々水に溶けにくい性質のカゼインプロテインですが、カゼインカルシウムの場合は比較的溶けがいいですね。

飲みにくさも軽減され、使いやすいプロテインといえます。

ホエイプロテインとのブレンドタイプに多く、即効性のあるホエイにプラスして時間差でタンパク質の補給を行います。

カゼインミセル(ミセラーカゼイン)は吸収力が穏やか

タンパク質とカルシウムイオンがくっついて出来たのがカゼインミセルです。

牛乳が白いのはこのカゼインミセルの為で、牛乳のカゼインプロテインそのものともいえます。

緩やかな吸収力が特徴で、就寝前のプロテイン摂取ならばこのカゼインミセルがおすすめです。

就寝前はカゼインプロテインが断然おすすめ

腹筋のすごい男性

カゼインプロテインはトレーニング間やトレーニング直後の急速なタンパク質補給には向いていません。

しかしスポーツ栄養学的にも睡眠前のプロテイン摂取には最適といわれています。

カゼインは胃での消化に時間がかかり、体への吸収も遅いので血中のアミノ酸濃度を長く高い状態に保つことが出来ます。

この事は就寝中の長い時間、筋肉の合成を促す事につながります。

就寝前のタンパク質摂取量は多め

就寝中は腸の働きが弱くなる為に、栄養を吸収する力も鈍くなります。

これはタンパク質の吸収にもいえる事で、就寝前は約30gから40g程度のタンパク質の摂取が望ましいといわれます。

カゼインプロテインおすすめ人気ランキング8位~4位

8位~4位はカゼインプロテインにホエイをブレンドしたものもランクインしています。

溶けにくいので、口当たりがよくないという特徴を持つカゼインプロテインはフレーバ―系のものが人気です。

8位:(HALEO) ブルードラゴンアルファ 2kg ワイルドベリー

(HALEO) ブルードラゴンアルファ 2kg ワイルドベリー
ボディプラスインターナショナル
販売価格 ¥13,522(2018年9月13日15時12分時点の価格)

良質で長時間効くカゼインミネルを主成分としたカゼインプロテインです。

1食30gあたり、20gのカゼインミセルを含んでおり瞬発系のパワーに必要なべタインを1食につき500mg含んでいます。

更にプロバイオティクス乳酸菌配合で、腸の働きを良くし吸収力を高めます。

就寝前のカゼイン補給にぴったりのプロテインですね。

7位:GOLD’S GYM ホエイ&カゼイン ダブルプロテイン 

GOLD'S GYM ホエイ&カゼイン ダブルプロテイン バニラ風味 900g
THINKフィットネス
販売価格 ¥4,800(2018年9月13日15時7分時点の価格)

カゼインミセルを濃縮したMPCを使用、ホエイプロテインと1対1の割合でブレンドしたゴールドジムのプロテインです。

1食30gあたり約24.6gのタンパク質、ビタミンB群、ミネラルを豊富に配合し体つくりをサポートしてくれます。

バニラの風味は濃すぎる事無くサッパリとしていますが、プロテインに慣れていない人はホエイの味が少々気になるかもしれません。味付きの豆乳などで割ると飲みやすくなります。

6位:ビーレジェンド カゼイン&ホエイ プロテイン

ビーレジェンド カゼイン&ホエイ プロテイン いちごミルク風味 1Kg
株式会社 RealStyle
販売価格 ¥4,980(2018年9月13日15時4分時点の価格)

カゼイン9にホエイ1の絶妙な割合でブレンドされたビーレジェンドのプロテインです。

ビーレジェンドは美味しいプロテインメーカーとして有名ですが、溶けにくく口当たりの悪いカゼインも美味しく飲めると好評です。

更にビタミンCやビタミンB6を配合し、1食28gあたり20.66gのタンパク質を含んでいます。

イチゴミルク味の他には大人のミルクティ味なども発売しておりこちらの味にも定評があります。

5位:バルクスポーツ ビッグカゼイン 1㎏ チョコレート

バルクスポーツ ビッグカゼイン 1㎏ チョコレート
ボディプラスインターナショナル
販売価格 ¥4,054(2018年9月13日15時2分時点の価格)

比較的溶けやすいカゼインカルシウムを使用したバルクスポーツのプロテインです。

1食30gあたり22.7gのタンパク質を含み、筋肉の分解を抑えるグルタミンも豊富です。腹持ちがいいのでウエイトコントロール用に使用している人も多いですね。

少々溶けにくいとの声があり、撹拌付きのシェイカーで溶かすのをおすすめします。

4位:ゴールドスタンダート カゼインプロテイン 

ゴールドスタンダート カゼインプロテイン クッキーズ&クリーム 海外直送
Optimum Nutrition
販売価格 ¥9,200(2018年9月13日15時1分時点の価格)

カゼインミセルを使用したオプティマムニュートリションのプロテインです。

1食32gあたり24gのタンパク質、9gの必須アミノ酸、5gのBCAA、更に5gのグルタミンなどが含まれています。

甘さが強めで美味しいと好評ですが、甘いものが苦手な人には少々甘過ぎるのではないでしょうか。

カゼインプロテインおすすめ人気ランキング3位~1位

おすすめカゼインプロテインの上位には純度の高いものが選ばれています。

またウイダーのように飲みやすく続けやすいのも大きな条件になっていますね。

3位:PPNの100% カゼインプロテイン

PPNの100% カゼインプロテイン 業界最高レベルのタンパク質含有量を誇る高級カゼインプロテイン原料だけを使用した人気のリッチキャラメル味1.5kg
PPN(ピークパフォーマンスニュートリション)
販売価格 ¥11,000(2018年9月13日14時57分時点の価格)

PPNのカゼインプロテインはドーピング検査を取り入れ競技に出場するアスリートの人でも安心して摂取出来るプロテインです。

1食30gあたりタンパク質は24.72g、更に脂質は0.3gと低く炭水化物も1.71gに抑えられています。

タンパク質の他10種のビタミンもしっかりと配合され体つくりをサポートします。

価格は高めに設定されていますが、その分厳選された良質なカゼインプロテインなので質を求める人におすすめです。

2位:アルプロン カゼインプロテイン100 チョコレート風味

アルプロン カゼインプロテイン100 1kg【約50食】チョコレート風味(CASEIN ALPRON 国内生産)
ALPRON (アルプロン)
販売価格 ¥3,687(2018年9月13日14時55分時点の価格)

アルプロンのカゼインプロテインは砂糖、保存料、増粘剤、そして消泡剤も不使用という手間をかけたこだわりのプロテインです。

1食20gあたりタンパク質15.6g、脂質0.5g、カロリーも71.1kcalと低めです。

純度の高いプロテインが価格を抑え販売されています。添加物が少ない分飲みにくさを感じる人もいるので、カゼインプロテインに慣れていない人は牛乳や豆乳などで割ることをおすすめします

1位:ウイダー マッスルフィット プロテイン ココア味

ウイダー マッスルフィット プロテイン ココア味 (900g) 特許成分 EMR配合
森永製菓
販売価格 ¥3,680(2018年9月13日14時40分時点の価格)

国内人気ブランドウイダーのカゼインプロテインは、タンパク質の合成を強力にサポートするERM(酵素処理ルチン)が配合されています。

更にビタミン・ミネラル、必須アミノ酸グルタミンも配合されているので筋肉の修復合成力が強く体つくりに大きく働きかけてくれるでしょう。

1食20gあたり14.2gのタンパク質、アミノ酸100のスコアでタンパク質をしっかり生成していきます。

味も美味しく飲みやすいので、続けやすいカゼインプロテインとしても人気を集めています。

スタミナプロテインのカゼインでじっくり筋肉を育てよう

プロテインを持つボディビルダー

血中のアミノ酸濃度を長時間保つカゼインプロテイン、質のいいものを選びどう使いこなすかでトレーニング効果を引き出せるか否かが決まります。

無理なく継続でき、筋肉に確実に働きかけるカゼインプロテインを摂取していきましょう。

トレーニングOFFや就寝時でも筋肉の回復合成は進んでいます。強力なサポートを得てトップレベルの筋肉を目指しませんか。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. キックする前のラグビー選手
  3. タックするラグビー選手
  4. 柔道の試合
  5. プランクする男女
  6. フィールドホッケー
  7. ボクサー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP