ダンベルと紙幣

スポーツジムが安い!安いスポーツジムをプロが徹底比較!

 

昨今の健康ブームを受けて、スポーツジムの数は増加傾向にあります。
様々なジムの中からどこを選ぶか考える時、料金の問題は非常に重要です。

そこで今回はスポーツジムを選ぶ基準のひとつ、料金にフォーカスして様々なジムをご紹介します。
特に「安さ」でジムを選ぼうと思っている方は是非参考にしてください。

安さで選ぶ!?スポーツジム

スポーツジムとは?

スポーツジム

スポーツジムと混同されがちな施設としてフィットネスクラブがありますが、施設内にプールやスタジオが完備されているフィットネスクラブとは少し違い、スポーツジムトレーニングマシンを中心とした施設です。
その分、フィットネスクラブに比べて料金が安い場合もあります。

【関連記事】フィットネスクラブとスポーツジムの違いについて理解しやすく説明します!

多様な営業形態のスポーツジム

マシントレーニングをする男性

最近は一口にスポーツジムといっても、ジムごとに特徴は様々です。

例えばライザップで注目されるパーソナルジム(プライベートジム)や、24時間・365日営業のジム公営ジムなど、多種多様なスポーツジムが続々オープンしています。

ここではそれぞれの特徴を簡単にご紹介し、その中でも安さに秀でているジムを比較していきます。

民営ジムと公営ジム

コナミスポーツクラブのイメージ画像

スポーツジムを料金面で比較する場合、まずはスポーツジムを大きく次の2種類に分けて考える必要があります。

  • 民営ジム
  • 公営ジム

何故この2つに分ける必要があるかと言うと、料金面で大きな差があるためです。
簡単に言ってしまうと、民営ジムのほうが高く、公営ジムは安い傾向にあります。

単純に安さだけで選ぶなら公営ジムの方がお得なケースが多いということです。

では、ひとまずここでは民営ジムから確認していきましょう。

1.民営ジム

民営ジムの特徴

民営のジムの料金面における主な特徴は次の通りです。

  • 会員制の月会費制で、月に何度施設を利用しても料金が変わらない固定式。

多種多様な民営ジムがあるため例外もありますが、主にこのような仕組みになっています。

割安感を売りにするスポーツジムが急増!


フィットネスクラブと比べてお得な料金傾向にあるスポーツジム。

それでも交通の便の良い都市部は、月料金が1万円を超す施設も多いのですが、最近は少し事情が変わってきたようです。
と言うのも、提供する運動種目をある程度限定し、月料金を割安にする施設が増えているのです。

例えばスタジオやジムが中心の中小型施設は、維持費のかかるプールをなくし、月会費を5,000円前後に抑えています。更にはスタジオすら省いてジムに特化した施設もあります。

特に、近年右肩上がりに増えているのが24時間営業のジムです。
あえてマシンによる筋トレや、有酸素運動などに種目を限定し、スタッフも必要最低限に絞った結果、月会費は軒並み安くなっています。

尚、このようなジム特化型のスポーツジムは男性の利用が目立ちます。

女性をターゲットに成功した特化型スポーツジムも


例外として、女性限定のスポーツジムとして成功したアメリカ発のカーブスでは、複数の筋トレ用マシンを休憩を挟みながら30秒ずつこなし、合計30分で終了する独自の運動プログラムのみを提供しています。
予約不要のカーブスは短時間で運動出来るという点や、女性同士の社交場としても非常に人気を集めています。

尚、24時間営業のジムが流行するなかでカーブスは原則日曜日と祝日がお休みで、お昼休憩まであります。
そんなカーブスの利用料金は月額5,900円~6,900円程度です。

おすすめの民営ジムをランキングで紹介!

全国で沢山展開されている民営ジムの中から、おすすめのジムの6つランキングで紹介します。

ジムごとに売り出している強みが全く違うので、ジム特徴を見ながら自分にあったジムを選択すると良いでしょう。

1位:ティップネス

ティップネスは関東を中心として、関西・東海地方にもエリアを広げているフィットネスクラブです。

トレーニングのバリエーションが非常に豊富なので、初心者でも萎縮することなく自分にあったトレーニングを選択することが出来ます。

最安1,850円/月でジムに通うことが出来るキャンペーンもあるので、比較的安価でパーソナルトレーニングを行うことが可能です。

展開地域

  • 関東エリア…東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬
  • 甲信越・中部エリア…愛知・静岡
  • 関西エリア…大阪・京都・兵庫

おすすめポイント

  • 月毎のキャンペーンを実施
  • 1,850円/月という安さでジムに通える
  • プログラムが豊富

2位:24/7 ワークアウト

「3食たべて痩せる」を掲げ全国展開している24/7 ワークアウト。

ダイエットするなら食べるのを制限しないと…と考えている人は多いと思いますが、「食べて痩せられる」といわれると希望が感じられますね!

どのくらいの期間で痩せるか、どんな体が理想なのかなど、一人一人の目的に応じたプランが用意されます。

食べても大丈夫だからこそ、リバウンドしたくない方から絶大な支持を得ています。

展開地域

  • 北海道・東北エリア…北海道・宮城
  • 関東エリア…東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・群馬
  • 甲信越・中部エリア…山梨・長野・新潟・石川・静岡・愛知
  • 関西エリア…大阪・京都・兵庫・和歌山
  • 中国エリア…岡山・広島
  • 九州・沖縄エリア…福岡・大分・鹿児島・沖縄

おすすめポイント

  • 手ぶらでジムに通える
  • 朝昼晩の食事を取れる
  • 数値の変化を見ながら楽しくダイエットできる

24/7ワークアウト

3位:RIZAP


特徴的なCMでご存知のRIZAPは、全国で120店舗以上を構え、海外進出も果たしているパーソナルトレーニングジムです。

初期費用で約35万円がかかるため大きな出費となりますが、それ相応の体を手に入れることが出来るでしょう。

食事のためのサポートセンター、独自のトレーニングメソッドなどを設けており、トレーニングに関することであれば何でも頼れるという安心感があります。

展開地域

  • 日本…47都道府県
  • 海外…中国(台北・上海・香港)・シンガポール

おすすめポイント

  • 食事のサポートがつく
  • 30日間無条件全額保証付き
  • 2ヶ月という短期で痩せることが出来る

RIZAP

4位:Reborn Myself

Reborn Myselfは、女性らしい体を目指した女性限定のパーソナルトレーニングジムです。

トレーナーが全員女性なので、異性の目を気にすることなくトレーニングを行えます。男性に綺麗に見られたいからジムに通っているのに、その過程を見られるのは恥ずかしいものでしょう。この部分は多くの女性から評価されています!

無料のカウンセリングが24時間受付という点は、なかなか時間が取れない働く女性にもありがたいポイントです。

展開地域

  • 北海道・東北エリア…北海道・福島・宮城
  • 関東エリア…東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・群馬
  • 甲信越・中部エリア…石川・新潟・長野・愛知
  • 関西エリア…大阪・京都・兵庫
  • 中国エリア…広島
  • 九州・沖縄エリア…福岡

おすすめポイント

  • 女性トレーナーのみによる指導
  • 女性らしい体になるためのメソッドが効果的
  • ブログで店舗情報や食事方法を掲載

Reborn myself

5位:XSLIM

人生最後のダイエット、いい響きですね!

XSLIMは関東を中心に関西にも展開しているパーソナルトレーニングジムです。ダイエットよりもアフターフォローに重きを置いている珍しいジムです。

これまで何度もダイエットしてきた方が待ち望んでいたジムではないでしょうか。

30日間返金保障があり、カウンセリングはもちろん無料なので、金銭面も安心です。これ以上ダイエットにお金をかけたくないという方にピッタリです。

展開地域

  • 関東エリア…東京・神奈川・千葉・埼玉
  • 関西エリア…大阪・京都・兵庫

おすすめポイント

  • リバウンド防止率99%
  • 30日間返金保障付き
  • 食事の制限無し

XSLIM

6位:es three

es threeはダイエットを目的としたジムです。関東、北海道、東海地方で展開しています。

ストレスも脂肪蓄積の原因と考えており、そのストレスを溜めないようなメンタルケアも充実しています。

無料カウンセリングでもトレーナーが対応してくれるので、痩せることにより親身になって考えてくれているのが分かりますね。

展開地域

  • 北海道・東北エリア…北海道
  • 関東エリア…東京・神奈川
  • 甲信越・中部エリア…愛知
  • 九州エリア…福岡

おすすめポイント

  • 託児所サポートがあるので産後ダイエットにも対応
  • トレーニングだけでなく、メンタル面もサポート

es three

おすすめの民営ジムを安い順で紹介

順位 ジム名 入会金+1ヶ月会費
1位 ティップネス(店舗会員) 27,000円〜
2位 XSLIM 63,334円
3位 24/7 ワークアウト 136,000円
4位 Reborn Myself 110,000円〜(地域ごとに会費変動あり)
5位 es three 136,000円
6位 RIZAP 198,000円

ティップネスのパーソナルトレーニングは料金形態が1回毎の料金になっているので月8回の計算で紹介しています。もっと高いプランも沢山ありますが、それでも他と比較してみると他店より低い価格設定がされているようです。

結果にコミットでお馴染みのライザップはやはり最も高い価格設定となっていました。ですが、それでも結果が伴うのであれば大枚を叩いてもいいと思えるのではないでしょうか。

主な民営ジムの月会費について

スポーツジム 選べる時間帯

ではここからは主な民営ジムの月会費についてご紹介します。
割安感のある会員種別も併せてご紹介しますので、自分のライフスタイルに合うものがないか是非チェックしてください。

スポーツジムにはここまでご紹介した通り様々な営業形態があるため、次の3つに大きく分けてご紹介します。

  • 一般的な大手スポーツジム・フィットネスクラブのお得な会員種別
  • 大手フィットネスクラブ・コナミスポーツクラブの特殊な料金形態
  • 主な24時間営業ジムの月会費

尚、ここでは参考になるよう、スポーツジムに加えてフィットネスクラブの料金についても触れています。

一般的な大手スポーツジム・フィットネスクラブのお得な会員種別

全営業時間中自由に利用出来るフリーコースは、どの施設も入会費とは別に、月会費が10,000円前後掛かります。

とは言えそれぞれのジムに様々な会員種別があり、格安になるプランもあります。
一般的なフリープランの月会費と比較して、お得なプランを幾つかご紹介します。

  • セントラルスポーツクラブ
    ■フリープラン
    月額10,000円
    ■デイタイム会員
    月額7,500円
    平日9:30~17:00まで利用可能。

  • 東急スポーツオアシス
    ■フリープラン
    月額11,300円
    ■ナイト会員
    月額6,300円
    平日20時以降、土曜19時以降に利用可能。

  • ゴールドジム
    ■フリープラン
    月額10,000円
    ■ウィークエンド会員
    月額6,000円
    土日祝日のみ利用可能。

  • スポーツクラブ ルネサンス
    ■フリープラン
    月額11,300円
    ■高校生会員
    月額5,000円
    全営業時間利用可能で、高校生対象。

大手フィットネスクラブ・コナミスポーツクラブの特殊な料金形態


フィットネスクラブ大手のコナミスポーツクラブは、一般的なジムとは異なる特殊な料金形態を設けています。

コナミスポーツクラブでは、全国の店舗を充実度などによって4つのランク(カテゴリー)に分け、ランクごとに料金を設定しているのです。
尚且つ、月の施設利用頻度で月会費は上下します。

つまりランクが低い店舗で利用頻度を少なくするほど、月会費は安くなります。

  • (例)カテゴリー1の店舗の場合
    ■月2回利用
    月額3,348円
    ■週1回利用
    月額5,508円
    ■フリープラン
    月額9,655円

【関連記事】【ジム情報】コナミスポーツクラブについて

主な24時間営業ジムの月会費


24時間営業のジムは、基本的に会員登録すれば24時間365日、いつでも利用可能です。

月額料金は店舗の立地に左右されるケースが多いため、ここでは立地条件が似通っているという前提で、料金例をご紹介します。
尚、相場は月額7,000円~8,000円程度のジムが大半です。

【関連記事】【エニタイムフィットネス 】エニタイムフィットネス の料金について徹底調査!

2.公営ジム

公営ジムの特徴・利用料金

若い女とジムの運動で男。マシン上で実行します。※イメージ画像

公営ジムとは地方公共団体が運営する施設で、地域住民の健康増進を目的に運営しています。

一回の利用毎に料金を支払う都度利用が基本で、利用料は一回につき数100円程度ですが、利用時間については2時間程度の制限がある施設が多いようです。この場合、延長すると延長料金が発生します。
尚、回数券の購入で1割程度お得になる場合もあります。

【関連記事】プロが選ぶ会員にならなくても行ける都内のおすすめジム10選!

公営ジムは施設による差が大きい

ジム、筋トレゾーンの様子※イメージ画像

公営ジムは、施設によって設備にかなりの差があります。

新しく出来た施設ならば最新のマシンが設置されていたり、施設内も綺麗で快適に利用出来るでしょう。
しかし、旧式のマシンが多い公営ジムの場合、それまで民営ジムに通っていた方からすると物足りない印象を受けるかもしれません。

また、トレーニング指導を期待出来ない点から、筋トレ初心者にはあまりおすすめ出来ない側面もあります。

料金面だけ見れば民営のジムに比べるとかなりの格安なので、上手く使い分けていくのも良いでしょう。

まとめ

デッドリフト

如何でしたか?
今回はスポーツジムを選ぶにあたって、料金を基準に考えてみました。
施設ごとに様々な特徴があるため、自分の目的と擦り合わせながら上手に活用したいですね。

他にもジムを選ぶ際に留意すべきポイントはあります。
後になって後悔しないよう、事前調査はしっかり行いましょう。

【関連記事】フィットネスクラブを比較しました!おすすめフィットネスクラブは何とあのジム!
【関連記事】スポーツジムでダイエットしよう!目指せ-10キロ成功!

家でのトレーニングの方が安い?

安いジムに行くくらいなら家でのトレーニングでも良いかもしれません。

ただし、ホームジムのセットを買うと安くても5万〜10万円ほど掛かり少しハードルが高くなってしまいます。

そこでオススメできるのが、BODYBOSS2.0です。

BODYBOSS2.0は必要最低限の構成となっているので贅沢ではないですが、上質なフィットネス器具です

このBODYBOSS一台で、ジムで出来るほぼ全てのトレーニングを同じように自宅で行うことができます。

しかも値段もホームジム系のフィットネス器具としては破格の安さです。

【国内正規品】BODYBOSS 2.0 ポータブルフィットネスジム ボディボス … (BODYBOSS 2.0, BODYBOSS 2.0)
BODYBOSS2.0
販売価格 ¥34,000(2018年8月23日14時2分時点の価格)

実際に編集部で体験した記事が以下にありますので、興味がある方はご覧ください。

関連記事:【体験レポート】BODYBOSS 2.0を試してみました!持ち運べるポータブルフィットネスジム

       

あなたへのオススメ記事

カテゴリランキング

関連記事

  1. シャトルとバドミントンラケット

    バドミントン用ラケットケースおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!最適な選び方とハードorソフトタ…

  2. フィットネスクラブ 若い男性のジム会員

    【ベルフィットネス】ベル・フィットネスの評判について徹底調査!

  3. ジムで鍛える男女

    スポーツジムでオススメの格好は?トレーニングウェア・シューズの選び方

  4. タブレットを使い指導方針を検討するジムのトレーナー

    【ベルフィットネス】ベル・フィットネスのスケジュール、営業時間について徹底調査!

  5. 若い女とジムの運動で男。マシン上で実行します。

    【入会必要なし】友達と一緒に筋トレするのに最適なジム7選!

  6. 親友とのシュノーケリングを楽しむ男性

    【シュノーケルマスク】おすすめ人気ランキング12選を徹底比較!フルフェイス型のメリットとは!?正しい…

  7. サーフィンする男性

    【サーフィン フルスーツ】おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!ウェットスーツの中でも秋~真冬に必…

  8. 剣道

    【剣道着】おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!試合にふさわしい剣道着の種類とは?シーン別の選び方…

  9. スポーツ用バッグ

    【卓球用バッグ】おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!容量の大きさやサイズで選ぶのが正解?!使いやす…

人気記事

  1. スピードスケートをする男性
  2. セクシーボディーの筋肉男性
  3. 女性のヒップ
  4. 綺麗な筋肉の男性
  5. 体の綺麗な女性
  6. 足首を気遣うランナーの写真
  7. ジムの一角に置かれた腹筋ローラー
  8. グランド ガーデン アリーナでアクションでプロ野球選手
  9. 卓球選手
  10. 筋肉の美しい女性
  11. バドミントンプレイヤー
  12. 火災熱い組合せの野球
  13. ジムで練習後ポーズをとって筋肉運動ボディービルダー フィットネス モデル
  14. 筋肉質な足
  15. 赤い腹筋ローラー
  16. アンクルウエイト
  17. ジムでトレーニングするハンサムな外国人男性
  18. 腹筋の綺麗な男性
  19. 腹筋を確認する男性
  20. 腹筋
  21. 床に斜め crunches スポーティな男
  22. 卓球選手
  23. 柔道の試合
  24. 脂肪を燃焼させて効率良く筋肉を鍛える! イメージ図
  25. むきむきな男性
  26. 軽いダンベル
  27. 運動をしている人々 のグループ
  28. 灰色の背景上にボールを持つ筋肉の若い男
  29. 腹筋の鍛えられた女性

おすすめ記事

  1. 腹筋のある男性 【Hey!Say!JUMP】有岡大貴くんの腹筋は割れてる?書いてる?テレビで話題…
  2. ランニングマシーン クロストレーナーおすすめ人気ランキング20選!正しい使い方で効果最大化!消費カロ…
  3. ストレッチする女性 【パーソナルトレーニングジム】新潟のパーソナルジムおすすめ人気ランキング8選を徹…
  4. トレーニングする女性 【レディース】トレーニングウェアおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!人気ブラ…
  5. 動画を撮影する男性 筋トレYoutuber「Kanekin Fitness】がヤバい!身長体重とアパ…
  6. カヤック ボート カヌー カバー カヤックカバーおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!自作よりも専用カバーが良い…
  7. ダンベルプルオーバーをする若い男性 ダンベルプルオーバーで胸と背中を鍛える!その筋トレ効果とやり方を徹底解説!
  8. ポーズを決めたボディビルダー 大腰筋と腸腰筋の関係と違いについて
  9. ゴムチューブ ゴムチューブの人気ランキング!ゴムチューブを使った部位ごとのトレーニングも紹介し…
  10. ピラティス ピラティスで最高の身体に!ヨガとは違ったエクササイズ方法でダイエット&筋肉アップ…

カテゴリー

最近の記事

  1. 【ティップネス 二俣川店】施設・設備の魅力を解説【二俣川駅から徒歩1分】開放的な…
  2. 卓球テーブル 【卓球用ボール】おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!卓球ボール・ピンポン玉の…
  3. 横浜駅近くの夜景 「ティップネス 横浜店」のプログラムを徹底解説!好評の秘密を大解剖!女性から人気…
  4. ピラティスチェアを使ってピラティスをする女性 ピラティスチェアおすすめ人気ランキング4選を徹底比較!体幹を効果的に鍛えられる理…
  5. フィットネスジムで汗を流す人 「ティップネス 木場店」のプログラムを徹底解説!プログラム充実のフィットネスクラ…
  6. 埼玉の住宅地 【ティップネス 久喜店】施設・設備の魅力を徹底調査!快適にトレーニングできる秘密…
  7. バレーボールを持った女性 【バレーボール用ボール】おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!練習用のボールはど…
  8. ネックウォーマー ネックウォーマーおすすめ人気ランキング12選を徹底比較【メンズ・レディース】ジョ…
  9. バドミントンラケットとシャトル バドミントン用グリップテープおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!5種類の特徴…
  10. スポーツ用バッグ 【卓球用バッグ】おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!容量の大きさやサイズで選ぶ…

おすすめ記事

  1. ランニング中の女 ランニングフェイスカバーおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!オシャレで息苦し…
  2. 発達した三角筋 自宅で出来る!上腕二頭筋のトレーニング方法
  3. 卓球する少年 卓球ユニフォームおすすめ人気ランキング20選!【バタフライ、レディースなど】
  4. ジムでトレーニングする人たち ワークアウト向けのジムを選ぶにはココをチェック!目的別の選び方からおすすめジム情…
  5. ダンベルプレスをする男性 ダンベルプレスの正しいやり方解説!大胸筋に効果的なフォールとは?
  6. ダンベルを構えるボディビルダー ダンベルで胸筋を鍛えるトレーニング方法
  7. ダンベルとトレーニンググローブ トレーニンググローブおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!レザー素材が使いやす…
  8. ご飯の画像 カーボローティングの基礎知識!カーボローディングの食事方法と失敗しない為の注意点…
  9. ゴーグルをする女性スイミング選手 【スイミング】ゴーグルおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!メーカーや値段、度…
  10. スキー バッグ 【スキーバッグ】おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!バッグの種類とサイズの選び…

月別記事

PAGE TOP