スポーツジム 切磋琢磨する仲間たち

フィットネスクラブとスポーツジムの違いについて理解しやすく説明します!

 

フィットネスクラブとスポーツジムの違いについて

クロスフィットを行う女性

運動不足の解消やシェイプアップ、筋トレや体力アップをする時、自宅で自主的に始めても要領が分からなかったり、必要なトレーニング器具が不足していたり、初心者ほど三日坊主になりがちです。
そんな時、ジムやフィットネスクラブに通おうと思い立つ方も多いでしょう。

とは言え、近年の筋トレブームや利用者のニーズの多様化によって、ジムやフィットネスクラブの在り方も変わりつつあり、どこを選べば良いのか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。
そこでここではまず、フィットネスクラブとスポーツジムの違いについてまとめました。

フィットネスクラブとは?

バランスボール バックエクステンション

フィットネスクラブとは何か明らかにする上で、まずは経済産業省によるフィットネスクラブの定義をご紹介します。

  • 室内プール、トレーニングジム、スタジオなどの室内運動施設を有し、インストラクター、トレーナーなどの指導員を配置して会員にスポーツ、体力向上などのトレーニング方法を教授する事業所。

簡単に言うと、フィットネスクラブとは会員制の健康維持や体力づくりのための民営の施設です。
ほとんどが会員制で、多様な運動施設が整っており、インストラクターがいる総合運動施設のことを指します。

大手フィットネスクラブといえば?

エアロビクスを楽しむ女性

大手フィットネスクラブといえば、次のようなクラブが挙げられます。

  • コナミスポーツクラブ
  • ルネサンス
  • 東急スポーツ・オアシス
  • セントラル
  • ティップネス

フィットネスクラブのメリットとデメリット

スタジオエクササイズするジムの会員たち

では、フィットネスクラブのメリットデメリットを確認していきましょう。

メリットとしては、何といっても利用者の年齢層やニーズに合わせた、充実した施設や多様なプログラムがあることでしょう。
トレーニングジムはもちろん、スタジオではエアロビクスやヨガのレッスン、そしてプールでのスイミングレッスン、最近ではエステやスパといったリラクゼーション設備を売りにした施設も増えてきています。

一方、デメリットとして考えられるのは、施設によっては混雑するという点です。
例えばジムで好きなマシンがすぐに使えなかったり、レッスンが満員で参加出来なかったりといった事態に陥るケースがあるということです。

充実した人気フィットネスクラブほどその傾向があり、ロッカーが空いていないなんてこともあるようです。
尚、これを避けるためには、自分が通うだろう曜日・時間帯に見学へ行き、しっかり事前調査しておくことが大切です。

スポーツジムとは?

デッドリフト

スポーツジムの定義は、フィットネスクラブとは少し異なります。
簡単に言うと、スポーツクラブとは筋肉を鍛えるためのマシンやトレーニング器具が置いてある施設を指します。

要するに、フィットネスクラブにはあるプールやスタジオが無くても良いのです。
一般的なトレーニングルームスポーツクラブがこれに当たります。

尚、近年人気が高いのが、現代人の生活リズムの多様化に対応した24時間・365日営業のジムです。

【関連記事】スポーツジムについてまとめました!

大手スポーツジムといえば?

大手スポーツジムといえば、次のようなジムが挙げられます。

カーブス素材07

  • カーブス
  • ゴールドジム
  • エニタイムフィットネス
  • ライザップ

【関連記事】【エニタイムフィットネス 】エニタイムフィットネス の評判について
【関連記事】ライザップの評判を徹底調査!ライザップの効果ってどうなの??

民営ジムと公営ジムの違い

トライセプスキックバックを行う男性

スポーツジムには民営のものと公営のジムとがあります。
両者の大きな違いは料金です。

民営の大手スポーツジムとなると、会員費用に加え、月々の利用料などが掛かります。
その分、最新のマシンが何種類も完備され、トレーナーが丁寧に指導してくれるといったメリットがあります。

逆に地方公共団体が運営している公営ジムは利用料金は1回ごとの支払いで無駄がなく、1回の利用料も数100円からと非常にお得です。
ただし施設によってマシンの性能に大きな差があったり、トレーナーによる丁寧な指導はまず期待出来ません。

【関連記事】プロが選ぶ会員にならなくても行ける都内のおすすめジム10選!

どちらが目的に合っているか見極める

フィットネスクラブとスポーツジム。
両施設の特徴が明らかになったところで、どちらを選ぶべきか基準になるポイントを幾つかご紹介します。

立地

モチベーションアップ!ジムの筋トレ仲間

まず大事なのは立地です。
身も蓋もないようですが、どんなに良い施設でも、通い辛ければまず継続出来ません。

もちろん短期間集中型であればそれでも良いでしょうが、長く無理なく続けるためには、自宅や職場の近くなど、生活圏内で通いやすい場所にある施設を選ぶことが大切です。

設備内容

ランニングマシンでトレーニング中のジム会員

フィットネスクラブとスポーツジムとで、それぞれの施設の特徴は、実のところさほどありません。
その中で、自分が使いたいマシンや、受けたいレッスンがあるのか、そもそもプールなどの施設があるのかを確認しましょう。

尚、ロッカーなどの主要な設備が十分な広さと機能を備えているか、清潔であるか、利用しやすいかといった細かい部分も見ておくと良いでしょう。

サービス内容

エアロビクスを楽しむ女性たち

サービス内容も重要なポイントです。
そこで行われているレッスンやイベントなどのサービスにバリエーションがあれば、人によっては継続のモチベーションになるでしょう。

また、目的のレッスン内容も、提供するインストラクターによって別物になってしまうことは良くあるため、体験サービスを活用して吟味しましょう。

料金

気になるフィットネスジムの費用は?
決定打になるのはやはり料金でしょう。
ここでは基本の月会費の比較はもちろん、会員種別による月会費の違いにも注目したいところです。

通える時間帯や曜日などが決まっているのなら、それに合った会員種別を選び、よりリーズナブルに利用出来る施設を探しましょう。
また、家族入会での割引サービスを活用したり、職場の福利厚生を活用したりと、よりお得になる方法を調べてみるのも良いですね。

まとめ

木箱の上でスクワットをする男女グループ

如何でしたか?
フィットネスクラブもスポーツクラブも、近年の筋トレブームにより新しいサービスを展開する施設が増えつつあります。
自分に合った施設を見つけて最新のフィットネスライフを楽しんでください。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ヨーグルト、バニラ
  2. フィットネス スタジオでエクササイズ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP