プロテインとダンベル

プロテイン【ダイエット向け】おすすめ人気ランキング12選を徹底比較!選び方とは?置き換えでは不足しがちな栄養素も補うべし

 

プロテインというと筋肉量アップに飲むイメージがありますが、実はダイエット向けのプロテインも多く販売されています。ダイエットに最適なプロテインの選び方や飲み方、置き換えをする際に補いたい栄養素などをチェックしておきましょう。

おすすめのプロテインランキングもご紹介します。

プロテインはダイエットにもおすすめ

ソイプロテインと大豆プロテインは筋肉量ばかりではなく、ダイエットに使用するのもおすすめです。「ダイエット用」と書かれているプロテインもありますし、「ダイエット用」とは書かれていなくてもダイエットに向いているプロテインもあります。

プロテインのダイエット効果

プロテインはタンパク質です。低脂肪・高タンパクの食品を食べることでカロリーをあげずに効率よく筋肉を増やすことが出来ます。筋肉量を増やすことで基礎代謝量を上げて脂肪を燃焼しやすくするというのがプロテインの持つ効果の一つです。

また、プロテインを食事の置き換えに使うことで、摂取カロリー量を減らすこともできます。プロテインの中には腹持ちが良い種類のものがあり、食事の代わりに飲むことで満腹感を得ることが出来ます。

ダイエットにおすすめなプロテインの種類は

ダイエットにおすすめのプロテインは大豆を原料とした「ソイプロテイン」です。ソイプロテインは大豆から作られており、腹持ちが良いのが特徴です。脂肪や糖質が少ないため、ダイエットにも最適です。

「ダイエット用」と記載されているプロテインも多くのものがソイプロテインです。

ソイプロテインの持つ効果をチェックしよう

ソイプロテインは大豆が原料なので、大豆イソフラボンを含んでいます。大豆イソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをするため、「植物性エストロゲン」と呼ばれており、以下のような働きがあります。

  • ホルモンバランスを整える(主に女性)
  • 生理不順や不正出血といった症状の緩和(女性のみ)
  • 更年期障害の症状緩和(女性のみ)
  • PMS(月経前症候群)の症状緩和(女性のみ)
  • バストアップ(女性のみ)
  • 女性らしい丸みを帯びた体を作る(女性のみ)
  • 骨の形成を助け、骨粗しょう症を予防
  • タンパク質の合成を助けるため美肌効果や発毛・育毛効果がある
  • 自律神経を整える
  • 血管の生成をサポート
  • 血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させて生活習慣病を予防

イソフラボンは女性にはもちろんですが男性にも健康効果があります。また男性がイソフラボンを大量に摂取しても女性化することはありませんので、安心して飲むことが出来ます。

「ダイエット用プロテイン」に含まれている成分

ダイエット用プロテインにはガルシニアや食物繊維が含まれていることが多いです。ガルシニアは空腹感を抑えたり脂肪の吸収・蓄積を防いだりする働きがあります。食物繊維は腹持ちが良くなったり腸内環境を整えたりします。

また、ビタミンやミネラルが含まれている物もあり、ダイエット中に不足しがちな栄養分を補うことが出来ます。

ダイエット向けのプロテインの飲み方と置き換え時の注意点

栄養のある食事ダイエット向けのプロテインの飲み方や、置き換える際の注意点をチェックしましょう。

ダイエット時のプロテインの飲み方

ダイエット時のプロテインは、食事制限をする際に不足するタンパク質を補うために飲みます。ですのでたっぷりご飯を食べて、その上でプロテインを飲むというのはおすすめできません。

飲む場合は3食のうちどれか1食とプロテインを置き換えるという置き換えダイエットが良いでしょう。特に朝食とプロテインを置き換えると効果的です。

夕食から翌日の朝食まではインターバルが長く、寝ている間に不足しているエネルギーは筋肉を分解して作られることがあります。その分のタンパク質を補うため、朝にプロテインを飲むのが効果的です。

運動をする場合には、運動後の30分以内にプロテインを飲むと筋肉の回復が早くなります。

置き換えダイエットに使う場合の注意点

置き換えダイエットにプロテインを使う場合、1食分の食事で摂れるビタミンやミネラルが不足することになります。そのため、プロテインにビタミン・ミネラルが含まれているものを購入するか、マルチビタミン・ミネラルのサプリメントを飲むのが良いでしょう。

摂取カロリーを減らしながら、必要な栄養分はしっかり摂取するということを忘れないようにしましょう。

ダイエット向けのプロテインの選び方

腹筋の綺麗な女性ダイエット向けのプロテインを選ぶ際には、プロテインの種類やブランド、味や価格をチェックしましょう。

プロテインの種類

ダイエット向けのプロテインの種類は前述の通りソイプロテインが中心です。中には減量用プロテインとしてソイではなくホエイプロテインを含んでいる場合もありますが、問題はありません。ソイプロテインの方が腹持ちが良く吸収が緩やかという特徴があります。

ホエイプロテインの場合には置き換えよりも1回毎の食事量を減らしつつ運動後にプロテインを飲むという形にすると良いでしょう。

ブランド

SAVASなどの人気ブランドのものは飲みやすく作られていることが多いのでおすすめです。各種通販サイトでランキング上位になっている商品は、多くの人に愛用されているため飲みやすく効果も高いことがわかります。

バニラ味やココア・チョコ味などさまざまな味のプロテインがありますが、自分の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。一般的にチョコ味はおいしいものが多いようです。

ネットの口コミには単純な味だけでなく、飲みやすさや溶けやすさなどの感想も書かれているため、チェックしておくと良いでしょう。

価格

プロテインは飲み続けるものですので、購入しやすい価格のものを選びましょう。店頭で購入するよりもネット販売で購入した方が安く買えますし、家まで届けてくれるため非常に便利です。

ダイエット向けプロテインおすすめランキング・12位〜4位

ダイエット向けのプロテインの中でも特に人気が高く、味・成分・カロリーなどの条件を加味して厳選した12点をランキング形式でご紹介します。

12位:Natural Healthy Standard. ビューティープロテインパウダー

Natural Healthy Standard. ビューティープロテインパウダー
Natural Healthy Standard
販売価格 ¥2,138(2018年10月12日16時23分時点の価格)

植物原料を使用したプロテインパウダーです。大豆を使ったミックスフルーツ味の「ソイ」とえんどう豆を使ったカカオミルク味の「ピー」の2種類があります。スーパーフードとして話題のカロブや、吸収を良くする黒胡椒抽出物も配合されています。優しい甘さが人気です。

11位:ウィダーinバー プロテイン グラノーラ

ウィダーinバー プロテイン グラノーラ
森永製菓
販売価格 ¥1,840(2018年10月12日16時23分時点の価格)

カロリーの低いソイプロテインを使用したグラノーラ・バーです。ちょっと小腹が空いたときの間食として最適です。また、朝食をとる時間がなかったときにも手軽に食べることが出来ます。低脂質・低カロリーでビタミンB群も含んでいます。

10位:HERBALIFE (ハーバライフ) フォーミュラ1 プロテインドリンクミックス

HERBALIFE (ハーバライフ) フォーミュラ1 プロテインドリンクミックス
ハーバライフ HERBALIFE
販売価格 ¥4,445(2018年10月12日16時24分時点の価格)

ビタミン7種類+ミネラル3種類に加え食物繊維も含んでいるプロテインです。低カロリーなのでダイエットを支えるには最適な商品です。ソイプロテインというと飲みにくかったり美味しくなかったりというイメージがありますが、この商品はおいしいという口コミが非常に多いです。

9位:SAVAS (ザバス) ウェイトダウン チョコレート風味

SAVAS (ザバス) ウェイトダウン チョコレート風味
明治
販売価格 ¥3,980(2018年10月12日16時24分時点の価格)

プロテインの人気ブランド、SAVASのダイエット用プロテインです。ガルシニアと食物繊維のほか、ビタミンB群・A・C・Dやカルシウム・マグネシウム・鉄を配合してるため、ダイエットで不足しがちなビタミンやミネラルも摂取できます。人気の高いチョコレート風味です。

8位:SAVAS (ザバス) シェイプ&ビューティ ミルクティー風味

SAVAS (ザバス) シェイプ&ビューティ ミルクティー風味
明治
販売価格 ¥2,978(2018年10月12日16時24分時点の価格)

ソイプロテインを中心に11種類のビタミン・3種類のミネラルとコラーゲンを配合してダイエットと美容を両立できる商品です。味は優雅な気分にさせるミルクティー風味です。おいしくて飲みやすく腹持ちも良いと高い評価を得ています。

7位:ボディウイング 大豆プロテイン

大豆プロテイン(プレーン・チョコレート・ストロベリー 各1kg)3kgセット
ボディウイング
販売価格 ¥5,180(2018年10月12日15時58分時点の価格)

糖類が入っていないため甘くないプロテインです。チョコレート風味で大豆独特のニオイをカバーしています。アミノ酸スコア100のプロテインで、食物繊維やBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)も豊富です。

6位:タマチャンショップ タンパクオトメ まろやかカカオ

タンパクオトメ まろやかカカオ 260g
有限会社九南サービス
販売価格 ¥2,916(2018年10月12日16時25分時点の価格)

美容にも健康にも良い成分の多く入ったプロテインです。ソイとホエイをブレンドしたW配合が特徴で、ビタミンやミネラルはもちろん、コラーゲンペプチドやコエンザイムQ10、カカオポリフェノールなどが豊富に含まれています。

5位:SAVAS (ザバス) ソイプロテイン100 ココア味

SAVAS (ザバス) ソイプロテイン100 ココア味
明治
販売価格 ¥3,457(2018年10月12日16時25分時点の価格)

SAVASのソイプロテインです。ダイエットをしている人はもちろん、筋肉量をアップさせたい人や牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするという人におすすめです。ビタミンC・B群も入っており、おいしいココア味なのでリピートしている人が後を断ちません

4位:ウイダーinバー プロテイン ベイクドチョコ

ウイダーinバー プロテイン ベイクドチョコ
森永製菓
販売価格 ¥120(2018年10月12日16時25分時点の価格)

ウィダーinのプロテインバーの中でも最も人気の高いベイクドチョコ味です。これ1本でプロテイン10gのほか、ビタミンB群を7種類も配合しています。ダイエット時の間食として食べると高い満足感を得られます。

ダイエット向けプロテインおすすめランキング・ベスト3

ベスト3にはバリエーション豊かな商品がラインナップしました。自然派の2商品は大豆のみのものと大豆以外にもブレンドされているものが入り、1位には人気の高いブランドのものが入っています。どれも人気が高く口コミも非常に高評価です。

3位:Amway (アムウェイ) ニュートリライト プロテイン オールプラント

Amway (アムウェイ) ニュートリライト プロテイン オールプラント
アムウェイ Amway
販売価格 ¥3,900(2018年10月12日16時25分時点の価格)

大豆だけでなく小麦とえんどう豆から摂られた3種類のプロテインをブレンドした商品です。安全・安心な減量を使っているので、お子様でも問題なく使用できます。乳製品や糖分は使っていないのでカロリーも低く抑えられています。

2位:nichie (ニチエー) 大豆プロテイン プレーン味

nichie (ニチエー) 大豆プロテイン プレーン味
ニチエー株式会社
販売価格 ¥4,590(2018年10月12日16時26分時点の価格)

香料・糖分・脂質を含まないプレーンな大豆プロテインです。味付けや香り付けがされていないため、料理に使うことも出来ます。減量の大豆は遺伝子組み換えではないものを利用しているため、安全性が高いのが特徴です。

1位:SAVAS (ザバス) ウェイトダウン ヨーグルト風味

SAVAS (ザバス) ウェイトダウン ヨーグルト風味
明治
販売価格 ¥3,543(2018年10月12日16時26分時点の価格)

1位はやはりSAVASのプロテインです。減量用のプロテインで、ビタミンやミネラルも含んでいます。脂質の蓄積を抑えるガルシニアや、ダイエットの大敵である便秘を予防できる食物繊維も含んでおり、腹持ちが良く置き換えに最適な商品です。

まとめ

プールを楽しむ水着の女性プロテインは筋トレだけでなくダイエットにも非常に効果の高い商品です。飲むだけで痩せるという商品ではないため、適度な運動やカロリー管理も必要になりますが、うまく使えばダイエットの強い味方になること間違いなしです。

上記のランキングは味や溶けやすさなどの評価が高い人気商品ばかり取り揃えています。購入時の参考にしていただければ幸いです。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手
  2. 男性の背中
  3. 陸上選手
  4. ボルダリング
  5. スタートライン

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP