空手グローブおすすめ人気ランキング8選を徹底比較!オープンフィンガーグローブのメリット・デメリットとは?選び方も解説

 

空手をこれから始める人も有段者も、空手のグローブを選ぶ際は色々と迷うものです。

現在スポーツメーカーMIZUNO(ミズノ)や格闘ブランドBODY MAKER(ボディメーカー)、そしてISAMI(イサミ)などが多くの空手グローブを製品化しています。

空手グローブはそれそれのブランドごとにフィット感や衝撃吸収性に工夫を凝らしているので、どれが自分に合っているのか迷うのは当然です。

そこで空手グローブの基本的な選び方のコツを伝授します。オープンフィンガーにするかグローブにするかは意見が分かれる所ですが、それぞれのメリットやデメリットを比較し、自分に合ったものをチョイスしていきましょう。

空手グローブの選び方

空手をはじめる際に、空手着とグローブは必須といっても過言ではないアイテムです。特にフルコンタクト空手の場合、ほとんどの人は怪我防止策として空手グローブを着用しています。

しかし多種多様に空手グローブが並ぶ今、どのような条件で自分に合う候補を絞っていくべきなのでしょうか。

衝撃吸収力が高いもの

空手着

オープンフィンガーやグローブなどのタイプがあり、衝撃吸収率に差はありますが、いずれも衝撃をしっかりと受け止めてくれるものを選びましょう。

指は最も怪我をしやすく、また治りにくい部位でもあります。怪我予防をしっかりと行うことで稽古にも身が入るのではないでしょうか。

また子供の場合はがしっかりと出来上がっていないので、手関節部分もしっかりガードしてくれるタイプがおすすめです。

手入れがしやすいもの

グローブ内は汗をかき、直接肌に触れるものなのでいつも清潔に保ちたいものです。

綿などの布素材ならば水洗いにより関単に手入れが出来ます。

合皮素材は衝撃吸収性に優れ人気がありますが、反面手入れがしにくいというデメリットもあります。

合皮素材の中でもPVCは中性洗剤や水で汚れを取ることが出来るので手入れは楽に行えます。またカビなども発生しにくい素材です。

また同じ合皮素材でもPUレザーは基本的に乾拭きになります。

防臭機能が付いているもの

グローブは使用頻度も多く、特に水洗い出来ない場合は臭いが気になる人もいるでしょう。

臭いが気になる人はカビなどが付きにくい素材を使用したり、デオドラントテープなどを使用したグローブがおすすめです。

フィット感の高いもの

メジャー

空手グローブを選ぶときに、少しでも素手に近い感覚を求める人は多いものです。

素手に近い感覚を得るにはフィット感が重要で、怪我防止の為にもしっかりと手にフィットするものを選んでいきましょう。

サイズ選びはもちろんのこと、伸縮性や手の微調節など細かく調節できて着用の際にズレないものがいいですね。

子供のグローブを選ぶ際も、すぐ大きくなるからと大きめのものを選ぶのは危険です。グローブの中で手が遊ぶようなものは怪我をしやすいので、しっかり子供の手のサイズにフィットするグローブを選択することが大切です。

吸汗速乾性のあるもの

綿などの布素材の場合は吸汗性の高いものが多いです。合皮を使用したグローブも人気が高いですが、布と比較すると蒸れやすい構造となっています。

合皮のグローブを選択する場合は出来るだけ通気性が良いものにしましょう。

グローブ内が蒸れている状態だと、不快感が高いばかりか汗で滑ってしまったり、肌がかぶれたりするケースもあるので注意が必要です。

中にはパッド部分以外にメッシュ素材を使用するなど通気性を良くすることで速乾性を高めているブランドもありますね。

オープンフィンガーとグローブタイプどちらがおすすめ?

丸ばつ

空手グローブを見ていくと、指が出ているオープンフィンガータイプ指先までしっかりカバーするグローブタイプに分かれます。また親指だけが出ているタイプもあります。

どちらのタイプがいいのかは有段者の中でも意見が分かれる所で、オープンフィンガータイプにするかグローブタイプにするかは選ぶ際に大きなポイントとなる要素です。

それぞれのメリットやデメリットを比較し、自分にはどちらが合っているのかを選択していきましょう。

オープンフィンガーの特徴

オープンフィンガータイプの場合は、何といっても素手感覚が強いことがメリットです。ナックルの部分も薄いものが多く、突きも素手の感覚が味わえます。

しかしその分痛みを感じる率も高くなります。組手の相手にとっても同じで、痛いから使わないで欲しいと感じる人もいるようです。

そして大きなデメリットとして突き指等、指の怪我をしやすいことが挙げられます。

指が自由な分、指への保護力は低く怪我をしやすいのです。実戦に最も近いグローブですが比例して怪我もしやすいといえますね。

グローブタイプの特徴

グローブタイプは指先までしっかりガードされるため怪我が少なくなります。また当たっても痛みが少ないのが利点です。

またサイズに関しては8oz(オンス)から16ozと幅広くあり、自分の好みで選ぶことも出来ます。

オンスは重さを表しており8オンスは約227g、16オンスは約453gです。数値が低い程薄く素手の感覚に近くなります。

グローブタイプのデメリットを挙げるなら、パンチや突きの感覚がオープンフィンガータイプに比べて弱いことです。

怪我をしたくない人は10オンス以上のグローブ、怪我をしたくないけれど素手の感覚を味わいたい人は8オンスのグローブがおすすめです。

グローブのサイズの測り方

空手サポーター

空手グローブを購入の際にサイズを選ぶ事になりますが、自分の手のサイズを知っている人は意外に少ないようです。

手のサイズはどこからどこを目安にするのか、自分にフィットする空手グローブを選ぶ為にもしっかりと把握しておきましょう。

手の長さを測る

手のサイズを確認する時、まずは長さを測ります。手の一番上のシワを基準にして最も長い中指までの長さになります。

【メンズ】

サイズ S M L LL
長さ(mm) 160-170 170-180 180–190 190-200

【レディース】

サイズ M L
長さ(mm) 155-165 165-175

手の囲いを測る

手の囲いはちょうど拳の周りを一周させた長さです。斜めにならないように真っすぐのラインを測定します。

【メンズ】

サイズ S M L LL
長さ(mm) 190-200 200-210 210-220 220-230

【レディース】

サイズ M L
長さ(mm) 170-180 180-190

上記のサイズは基本のサイズとなります。各ブランドによって違うケースもあるので購入の際はサイズ表記に従って空手グローブを選びましょう。

空手グローブおすすめ人気ランキング8位~4位

それでは実際にどのようなグローブが選ばれているのか、ランキング形式で紹介していきます。

オープンフィンガータイプもグローブタイプもランクインしています。やはり好みによって選ぶ条件も異なるようです。

8位:一撃必殺 オープン フィンガー グローブ 

オープンフィンガータイプのグローブで、パッド部分以外はメッシュの素材となっています。通気性が良く薄手の作りなので、素手の感覚で着用したい人におすすめです。

また手首の部分はマジックテープ式になっているので微調節が出来てフィット感も高いです。

7位:MIZUNO サポーター 全日本空手道連盟検定品

ミズノ 空手 グラブ検定レッド 23JHA76662 M
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥3,110(2018年10月1日8時25分時点の価格)

素材に合皮を使用しており、ポリウレタン樹脂を塗布したPUレザーなので天然皮革のような風合いが楽しめます。

親指カバーを装備し指止めも4カ所に分かれた作りなので、手の自由操作度が大きくより素手に近い感覚が楽しめます。

全日本空手道連盟検定品となっております。

6位:SOEKAVIA  子供 トレーニング空手 

3歳から12歳用のグローブです。天然皮革のようなPUレザーを使用し柔らかくもちっとした肌触りが人気です。

200gの軽量に作られているので扱いやすく、手の平部分には通気孔があり蒸れを防いでくれます。また手首部分にマジックテープを採用することでサイズの微調節を可能にしています。

5位:BN  格闘技 空手 ミット

重量は850gでサイズは10オンスまたは12オンスから選択できます。厚手の作りなので素手のような感覚は少なめですが、怪我予防には最適のサイズです。また打撃による衝撃も大きく緩和してくれます。

太めのマジックテープで調節出来る手首部分は、しっかりフィットさせることが出来るので手首の怪我も予防してくれます。

4位:オープン フィンガー グローブ 

素材にPVCの合皮を使用しているので、耐久性に優れ少し硬めの肌触りになります。汚れにも強いのでクールなホワイトカラーでも手入れが楽ですね。

グローブ内側には握りバーが内蔵されており、与える衝撃性を高くする構造です。オープンフィンガータイプなので素手に近い感覚で稽古が出来るのも利点です。

空手グローブおすすめ人気ランキング3位~1位

空手グローブの人気上位を確認していきましょう。怪我を予防する機能性と動きをスムーズに行える構造のグローブが選ばれています。

3位:MIZUNO 空手サポーターJR2 23JHA96527

ミズノ 空手 サポーターJR2 23JHA96527 M
ミズノ(MIZUNO)
販売価格 ¥2,764(2018年10月1日8時24分時点の価格)

PUレザーを使用した子供用の人気空手グローブです。全日本空手道連盟検定品のノンコンタクト用となっています。

リバーシブル構造で、ブルーとレッドの2カラーを使用可能です。また指部分、手首部分はゴムが付いており通気性が良く蒸れの心配もありませんね。

細かく分割されたパットのおかげで手の動きがスムーズに行えると好評です。

2位:LangRay ハーフフィンガー グローブ 

8オンスのハーフフィンガーグローブです。指先が出ている為に素手感も高く、完全なオープンフィンガーに比べ、保護力が高いので怪我もしにくい構造です。

拳の部分には超高密度の耐衝撃性パッドを使用し、受けた衝撃を半減してくれます。また手の平部分は開いているので、正しい拳のフォームを作ることが可能です。

また手首部分はマジックテープ式で微調節が出来るのもいいですね。

1位:LangRay 空手格闘技用 レザー

PUレザーを使用した、拳にフィットする人気のグローブです。内臓されているクッションは通常よりも肉厚でしっかりと拳をガードしてくれます。

サミング防止機能(親指と手の平部分が繋がっている)が付いているので、親指の突き指防止にもなり集中して稽古をすることが出来ますね。

また手の平はメッシュ構造で握りやすさと通気性を考えた構造になっています。

空手グローブを着用してトレーニングに集中しよう

フィットネス

安全性を求めるか、素手に近い感覚を求めるかで選ぶべき空手グローブは違います。

自分の拳を守り、相手の怪我防止へも配慮をするなど、武道として心技一体の基本を守る為に確かな空手グローブを選んでいきましょう。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP