自転車ラックの前に立つ男性

自転車用ディスプレイスタンドおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!特徴&選び方を解説♪ロードバイクもおしゃれに飾ろう

 

自転車を屋外ではなく、屋内で保管したいという人は多く、特にロードバイクは車体の保護のために室内で保管するのが通常です。どうせならインテリアとして見せる収納をしたい!と思う人も多いです。

自転車用ディスプレイスタンドは「止める」「見せる」を両立できる便利なアイテムです。自転車用ディスプレイスタンドの特徴や選び方、そしておすすめのディスプレイスタンドランキングをご紹介します。

自転車用ディスプレイスタンドの特徴と種類をチェック!

自転車とレンガの壁自転車用ディスプレイスタンドの特徴や種類をチェックしましょう。スタンドといってもさまざまな種類があるため、選ぶときの条件になる場合があります。

屋内で保管できる

自転車用ディスプレイスタンドは屋内で自転車を保管するのに便利なアイテムで、特にロードバイクのようなスタンドの付いていない自転車に向いています。

狭いスペースで保管できるものもあれば、インテリアとしてディスプレイできるものや使わないときには折りたためるタイプもあります。

縦置きタイプと横置きタイプがある

自転車用ディスプレイスタンドには走行時と同じ横向きにして収納・保管できる横置きタイプと、自転車を立てて収納できる縦置きタイプがあります。縦置きタイプの方が省スペースなので便利です。ただしスタンドに立てやすいのは横置きタイプです。

スタンド・フックタイプ

横置きタイプの中でも、フックで引っ掛けるタイプのスタンドは人気が高いです。高さのあるスタンドタイプは縦に二台引っ掛けておくことができます。走っているときと同じ見た目になるのがメリットです。

ハブタイプ

ハブタイプはフックタイプよりも簡易的なスタンドで、設置しやすいのがメリットです。自転車を置くのも簡単なので、最初はハブタイプを購入する人も多いです。使わないときに折りたためるタイプのほとんどはハブタイプです。

はさみ込みタイプにも種類がある

駅の自転車置き場にあるようなタイヤをはさむタイプのスタンドも人気です。はさみ込むタイプには横置きのものと、スタンドに立てて置けるような縦置きのタイプがあります。

縦置きは横置きよりもせまいスペースでもおけるので、部屋を広く使いたいという人におすすめです。

自転車用ディスプレイスタンドの活用法

郊外でサイクリングする女性自転車用ディスプレイスタンドを活用する方法をいくつかチェックしてみましょう。

風雨や直射日光を避けて劣化を防ぐ

屋内でディスプレイスタンドを使って自転車を収納・保管することで、風雨や直射日光を避けることができます。サビや腐食などの劣化から自転車を守ることができますし、屋内に入れるときに汚れをきれいに落としてきれいな状態を保っておくことができます。

インテリアとして活用する

「ディスプレイスタンド」という名前の通り、部屋にディスプレイすることで自転車をインテリアとして活用することができます。自分で見ることができるほか、来客時に自慢の自転車を見せることができるというメリットがあります。

いつでも視界に入れられることでモチベーションアップ!

自転車を常に視界に入れることができるので、次に乗るときまでのモチベーションを高めておくことができます。

やる気のある人はもちろんモチベーションが高まりますが、自転車に乗るのは好きだけれどついつい練習をサボりがち、という人にとってもモチベーションアップにつながります。

自転車用ディスプレイスタンドの選び方はここをチェック

自転車でロンドンブリッジを走る男性自転車用ディスプレイスタンドはスタンドタイプやハブタイプといった種類のほか、収納力や耐荷重性、スタンドのサイズや必要なスペース、価格などをチェックする必要があります。

耐荷重性をチェック

自転車は一つ一つ重さが異なります。軽く作られているロードバイクでも、クロモリやスチールのものとカーボンのものでは大きく重さが異なります。そのため、スタンドの耐荷重性能をしっかりチェックしておきましょう。

もちろん、自分の自転車の重さを計っておくことも大切です。

収納力をチェック

1台のみ収納したい場合はよいですが、複数台を収納しておきたい場合は収納力をチェックする必要があります。2台まで収納できるのか、オプションパーツをつけて4台まで収納できるのかということなどをチェックしておきましょう。

複数のディスプレイスタンドを連結させられるタイプもあります。

スタンドを置くスペースの広さをチェック

ディスプレイスタンドをどのくらいの広さの場所に置くのかもチェックしましょう。基本的には自転車1台分の横幅があれば横置きできますが、自転車とスタンドを合わせた縦・横・高さを確認しておくと安心です。

スペースが足りない場合位は縦置きにするなどして対応しましょう。

価格をチェック

自転車用ディスプレイスタンドはハブタイプの安いものでは2,000円以内、スタンド型のフックタイプでは高いもので20,000円以上するものもあります。縦置き・横置き、スタンドかハブかということに加えて予算も考えておくと選びやすくなります。

Amazonなどのような通販サイトは店頭よりもかなり割引された価格で購入できるのでおすすめです。

口コミも確認しておこう

ディスプレイスタンドの安定感や強度などのような気になる情報は口コミをチェックすることで抑えておきましょう。実際に使用した人からの情報は、メーカーからのスペック表などよりも役に立つ場合があります。

もちろん使用状況や使用場所などによって感想は変わりますが、よい口コミも悪い口コミもチェックするようにしましょう。

自転車用ディスプレイスタンドおすすめランキング・10位〜4位

さまざまな自転車用ディスプレイスタンドの中から口コミ評価の高いものを集め、価格やサイズ、使いやすさなど独自の基準を考慮して厳選した10点の商品をランキング形式でご紹介します。どの商品も胸を張っておすすめできるものばかりです。

10位:WEIMALL (ウェイモール) 自転車ディスプレイスタンド

自転車スタンド ディスプレイスタンド バイクタワー 室内 2台 つっぱり式 シャンパンゴールド
ウェイモール(WEIMALL)
販売価格 ¥8,000(2018年11月5日10時39分時点の価格)

1台のスペースで2台収納可能なタワー型自転車スタンドです。突っ張り式なので天井と床でしっかり固定でき、クリックリリース式で簡単に高さ調節が可能です。角度調節や自転車を支えるフックの幅、アタッチメントの方向と高さも自由自在に変更できます。

搭載可能自転車は20kg以下となります。

9位:FJK サイクル ディスプレースタンド

FJK サイクル ディスプレースタンド
フジキン
販売価格 ¥1,939(2018年11月5日10時36分時点の価格)

リアハブを挟み込んで自転車を立たせます。丈夫なスチールフレームで持ち運ぶ際にかさ張りません。本体の開く方向を変えることにより2段階の高さに調節でき、折りたたみ車やBMXでも極端な後ろ上がりの姿勢になりません。

8位:Velo Line(ベロライン) 自転車スタンド

Velo Line(ベロライン) 自転車スタンド L字型 駐輪スタンド 車輪差し込みタイプ 停め置き 簡単設置 ディスプレイスタンド 1台用 86928-0099
Velo Line(ベロライン)
販売価格 ¥1,991(2018年11月5日10時34分時点の価格)

どこでも簡単に設置できるスチール製の自転車スタンドです。4つの脚で支えることでぐらつきを抑え、抜群の安定感を実現しました。シンプルなので自転車のデザインを邪魔せず、ディスプレイ用としても使用できるタイプです。

タイヤ幅6cmまでの自転車であれば前輪でも後輪でも安定して収納できます。

7位:iWA(丸八工機) 室内保管用縦置きスタンド

iWA(丸八工機) 室内保管用縦置きスタンド A01V ロードバイク/マウンテン/クロスバイク対応 高さ調整が可能 20インチのミニベロから29インチホイールまで
iWA (丸八工機)
販売価格 ¥13,824(2018年11月5日10時33分時点の価格)

縦置きにすることで室内でもコンパクトに収納できます。タイヤストッパーがあるので壁や床にタイヤが当たりにくく、汚れの心配がありません。リムストッパーにはコーティングが施してあり、ホイールに傷がつきにくくなっています。

前輪を押し込むだけで簡単にオートロックがかかるので安定した状態で保管できます。

6位:ガレージ・ゼロ(Garage Zero) 自転車 ディスプレイスタンド

ガレージ・ゼロ(Garage Zero) 自転車 ディスプレイスタンド 折り畳み式 GZMT02
ガレージ・ゼロ(Garage Zero)
販売価格 ¥540(2018年11月5日10時33分時点の価格)

後輪のハブ軸を左右から挟み込んで使用するタイプのスタンドです。自転車の保管以外にも、メンテナンスやチェーンの掃除にも使用できます。ハブ幅は約13cmから16cmに対応していますが、一部のモデルには使用できない場合もあります。

5位:ミノウラ ディスプレイスタンド DS-800AKI

ミノウラ DS-800AKI ブラック ディスプレイスタンド
ミノウラ
販売価格 ¥9,715(2018年11月5日10時33分時点の価格)

縦置きと横置き兼用の省スペース型スタンドです。組み立ても簡単で、スペースを節約して保管したい人におすすめです。ミノウラ DS-2100と基本構造は同じですが、安定性が確認された為に転倒防止用の補助脚は装着していません。

4位:TOPEAK(トピーク) デュアルタッチバイクスタンド

TOPEAK(トピーク) デュアルタッチバイクスタンド TOD014/TW004
トピーク(TOPEAK)
販売価格 ¥18,954(2018年11月5日10時33分時点の価格)

アルミパイプ製のスタンドで、同時に2台の自転車を収納し展示することができます。190cmから320cmまでの高さの天井と床の間に突っ張って使用するタイプです。高級感のある素材でスッキリ収納できると口コミでも評判です。

自転車用ディスプレイスタンドおすすめランキング・ベスト3

ベスト3には縦型のスタンドタイプがランクインしました。どの商品も2台以上収納・展示できるためスペースの有効活用になります。見えるところに置いておけば次に乗る機会までのモチベーションアップにも繋がり、インテリアとしてもおしゃれです。

3位:MINOURA(ミノウラ) GRAVITY STAND ディスプレイスタンド

MINOURA(ミノウラ) GRAVITY STAND ディスプレイスタンド
ミノウラ(MINOURA)
販売価格 ¥9,398(2018年11月5日10時33分時点の価格)

2台の自転車を展示できるシンプルなディスプレイスタンドです。壁にもたれかけるだけですが、安定感がありスッキリと収納できます。本体はスチール製で耐久性が高く、上段下段共にアタッチメントの高さを変更できます。

2位:サイクルロッカー(CycleLocker) 室内用クランクストッパースタンド

サイクルロッカー(CycleLocker) 室内用縦置き自転車スタンド クランクストッパースタンド CS-650 (WHITE)
株式会社サイクルロッカー
販売価格 ¥13,580(2018年11月5日10時33分時点の価格)

特許取得の自転車のクランク部分を水平のバーに掛けるだけのシンプル機構で、高い安定性と省スペースを実現しました。リゾートホテルや高級旅館などへ多数の納入実績があり、デザインや使用感、耐久性など高い評価を得ています。

1位:MINOURA(ミノウラ)  ペアスタンド P-500AL-6S

MINOURA(ミノウラ) P-500AL-6S ペアスタンド
ミノウラ(MINOURA)
販売価格 ¥20,398(2018年11月5日10時33分時点の価格)

上下2段収納ができる自立型スタンドです。フック1個あたりの耐荷重は25kgまでで、クレードルを追加すれば最大4台まで収納可能です。脚部分は使用場所に合わせてK脚とX脚に組み替えられます。高品質で安定感があると口コミでも高評価です。

まとめ

自転車のライト自転車用ディスプレイスタンドは収納と展示の両方の機能を備えた便利な自転車スタンドです。置く場所の広さや高さなどを考え、耐荷重性や安全性を確認した上で購入しましょう。

上記のランキングでご紹介した10点の商品はどれも口コミ評価が非常に高く、安全性や価格面でも使用者の満足度が高いものばかりです。ぜひ購入する際の参考にしていただければと思います。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. キックボクシングのスパーリングを受ける女性
  2. 女性 腹筋
  3. 男性 ダンベル
  4. ラグビー スクラム
  5. 太もも ダイエット
  6. ストレッチする女性
  7. バスケットボール シュート
  8. バスケ 男性 ドリブル

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP