海辺のサンシェードテント

【サンシェードテント】おすすめ人気ランキング12選を徹底比較!簡単設置で紫外線対策しよう♪日差しが気になるアウトドアに

 

サンシェードテントは通常のテントよりも手軽に使用できるので、紫外線対策として高い支持を得ています。今や一家に一つと言っても過言ではありません。

アウトドアメーカーをはじめ様々な分野のメーカーがサンシェードテントを手がけている今、どんなことに注意をしてサンシェードテントを選べばいいのでしょうか。

サンシェードテントの種類や特徴、そしてデメリットなどを確認し、自分にあった条件のサンシェードテントを探していきましょう。

サンシェードテント選びに迷った際は、おすすめ人気ランキングをご参考下さい。

サンシェードテントの選び方

サンシェードテントはアウトドアで紫外線を防ぎ、暑さや時には寒さを防ぐものとなります。また自分達のプライベート空間を作れるという利点もあります。

現在多種多様の商品が販売されていますが、購入前に選び方を確認しておきましょう。

風通しのいいものを選ぶ

公園でストレッチする女性

アウトドアの強い紫外線を防ぐサンシェードテントは、通気性がないと熱がこもりサウナのような状態になります。

そんな状態は暑いばかりか、うっかり昼寝などをしてしまうと熱中症の危険も出てきます。

メッシュ素材の窓が付いていたり、ベンチレーターが付いている通気性のいいものを選びましょう。風が上手く抜ければ、真夏の暑いアウトドアも快適に過ごせます。

山やなどの寒さ対策、海の着替えにはフルクローズタイプがおすすめ

山などの涼しい場所でサンシェードテントを使用する場合は、風を通さないフルクローズ出来るタイプがおすすめです。

風が入らないだけで体感温度はグッと上がるでしょう。ハイキングや登山など気候が変わりやすい場所で使用する人は、フルクローズの出来るタイプを選びましょう。また撥水加工のものならば多少の雨も防げます。

サンシェードテントの場合は床部分が薄いので、寒さ対策には一枚ラグを持参するなど工夫が必要です。

またビーチなどで使用する際もフルクローズタイプは重宝します。ずっと閉め切ってしまうと暑いですが、着替えの時だけフルクローズしてしまえば、混みあう更衣室に行く手間も省けます。

持ち運びには出来るだけ軽量のものを選ぶ

スイスのアルプス山脈を登山する女性

サンシェードテントは通常のテントに比べ簡易に作られている為、軽量のものが多いです。

公園やプールに行く際は出来るだけコンパクトで持ち運びしやすいものがおすすめです。ポップアップ式のサンシェードなどは小さな収納袋が付いており、持ち運びも楽に行えます。

軽量に作られているとはいえ、素材によっては重さの出るものもあります。車での移動ならば問題はありませんが持ち運びの長い時には出来るだけ軽いものがいいですね。

ペグや砂袋など使用場所で固定器具を選択する

サンシェードテントは軽さが特徴ですが、その分風に飛ばされやすいという弱点があります。特に海辺など風の強い場所では簡単に飛ばされてしまいます。

ペグなどサンシェードテントを固定出来るものが付いていると安心して使用することが出来ます。

また砂やコンクリートなどペグが使用できない地面で利用する予定の人は、錘用の砂袋が付いているものを選びましょう。

使用人数にあったものを選ぶ

サンシェードテントを購入後によくある後悔は「思ったより小さかった」「狭い」ということです。

サンシェードテントにはおおよその使用人数が記載されています。利用する人の体格にもよりますが、荷物の多い人などは目安人数の1人~2人分をプラスすれば快適に過ごせるはずです。

3人以上など多くの人数で使用する場合は、ポール固定式などの比較的大きく作られているものをお勧めします。

プールなどで使用する際は持ち込みサイズに制限がある為、事前に確認しておきましょう。

サンシェードテントには3つの形状がある

母子

サンシェードテントはその形状から3つの種類に分けることが出来ます。選ぶ際の大きなポイントになるのでそれぞれ特徴を把握しておくといいですね。

ポップアップ式サンシェードテント

ポップアップ式のサンシェードは、広げるだけで設営出来て最も簡易的な作りになっています。価格もお手頃で気軽に購入出来るのが魅力です。

風や雨には弱く、耐久性が低いので歪みやすいというデメリットを持っています。ポップアップ式のほとんどはフルクローズは出来ないので、近くの公園での使用やピクニックなどに向いています。

ワンタッチ式サンシェードテント

ワンタッチ式の場合は紐を引くだけで設営が出来る構造になっています。耐久性もありフルクローズ出来るものもあります。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 筋トレ 寝たまま
  2. ダンス

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP