自転車 リフレクター

【自転車用リフレクター】おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!反射板は法律で義務化!自分色にカスタマイズして身を守ろう♪

 

夜間でも安全に走行するために必要なリフレクターは、周りからの視認性を高めて事故を防止してくれます。実はリフレクターの装着は法律で義務化されており、リフレクターの付いていない自転車に乗っていると処罰の対象になります。

リフレクターの選び方やカスタマイズの方法、おすすめリフレクターランキングをご紹介します。

自転車のリフレクターは法律で義務化されている

イタリアの街角赤い自転車自転車のリフレクターをつけることが法律で義務化されています。どのようなリフレクターが必要なのか、どこにつけるのか、未装着だとどのような処罰があるかなどを確認していきましょう。

リフレクターは安全性を高め事故を防止する

リフレクターは自動車のヘッドライトなどの光を受けて反射して光る「反射板」です。通常は自転車を購入したときに初期装備としてついてきます。

ライトのように光を発するものではないため、乗り手側としてはいまいちありがたみがわからないという人も多いですが、自動車やバイクを運転する人にとってはリフレクターのおかげで視認性が高くなり、事故を防ぐことができます。

リフレクターの装備は法律で義務化されている

自転車にリフレクターを装備することは道路交通法で規定され、義務化されています。道路交通法によるとテールランプをつけるか、テールランプをつけられない場合には自転車の後方に反射板を装備する必要があります。

夜間やトンネル内、濃霧のときなどには必ず必要になります。ただし夜間・トンネル内・濃霧のときに走行しない場合にはリフレクターの装備は必要ありません。

また、自転車前方やタイヤのスポークの反射板も法律による規定はありません。テールランプを点灯している場合もリフレクターは不要です。

リフレクターをつけないとどんな処罰があるのか?

後部のリフレクターを装着していない状態で夜間やトンネル内を走行した場合、道路交通法違反になり5万円以下の罰金を課せられることになります。

故意であっても過失であっても処罰の対象になりますので自転車に乗る前には必ず後部のリフレクターがついているかどうか確認しましょう。

前方やスポークのリフレクターも装着しよう

前方やスポークのリフレクターは法律的には必要ありませんが、安全のためには装着した方がよいでしょう。

リフレクターの選び方をチェック

自転車のライトリフレクターの選び方をチェックしてみましょう。リフレクターの安全規格、大きさや色、取り付ける場所などを考えて選ぶのがポイントです。

安全性

JIF規格や海外の安全規格などにも対応しているリフレクターは反射したときの光量や視認性が高いので、安心して使用することができます。

大きさ

大きいリフレクターの方が視認性は高いですが、大きすぎるとアンバランスになります。丸いものよりは長方形のものの方が大きいので目立ちやすく、安全性が高いです。

逆にロードバイクに取り付ける場合にはできるだけ小さいものを選びたいという人も多いでしょう。

前方とスポークのリフレクターは何色でも構いませんが、後方のリフレクターは自治体ごとに色が決まっています。ほぼ全ての都道府県で橙色か赤色ですが、赤色のみ指定の県もわずかですがありますので、赤い色のリフレクターをつけておけば問題ありません。

取り付け場所

前方、スポーク、後方、ペダルなど、どこに取り付けるのかを考えて選ぶと良いでしょう。安全性を考えると前方・後方・フレームの3箇所にはリフレクターを取り付けておきたいところです。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. マスク トレーニング
  2. パンプアップ
  3. パーソナルトレーナー
  4. トレーニング ストレッチ
  5. 食事

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP