サプリメントを持つ男の手

フェニルアラニンの効果と副作用についての基礎知識(Lフェニルアラニン)

 

アミノ酸は体内でさまざまな働きをしてくれます。
その種類は多く、効果や副作用、それどころか名前すらもあまり知らないアミノ酸もたくさんあるのが現状ではないでしょうか。

今回はそのうち、「フェニルアラニン」について取り上げます。
フェニルアラニンの効果や副作用などの基礎知識をまとめましたので、どうぞご覧ください。

フェニルアラニンとは

必須アミノ酸のひとつ

人間の体をつくる栄養素として知られるタンパク質は、20種類のアミノ酸から構成されています。
フェニルアラニンはその20種類のうちのひとつ。

タンパク質を構成するアミノ酸は、さらに二種類に分けることができます。
体内で十分な量が合成できるため、特別な場合を除いて摂取が不要な「非必須アミノ酸」と、体内で十分な量が合成できない「必須アミノ酸」です。
フェニルアラニンは必須アミノ酸ですから、食品やサプリメントから必要量を摂取しなければなりません。

【関連記事】必須アミノ酸と非必須アミノ酸の違いを理解して効果的に摂取しよう!

フェニルアラニンが多い食品

フェニルアラニンは、大豆たんぱくや小麦たんぱく中に多く含まれています。
それ以外では、かつお節やイワシなどにも多く含まれています。
大豆

フェニルアラニンは神経を司る

フェニルアラニンは、ほかのアミノ酸同様に体内で別の物質へと生まれ変わります。
中でも有名なのは、「ドーパミン」「アドレナリン」「ノルアドレナリン」でしょう。
フェニルアラニンは聞いたことがなくても、ドーパミンなどはほとんどの人がその性質も含めてイメージできるのではないでしょうか。
これらはいずれも、脳神経系に作用する大切な物質です。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ジョギング ウォーキング
  2. プール

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP