木刀

【剣道具】木刀おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!最適なアイテムの選び方も解説!木刀の素振り練習がおすすめの理由とは

 

剣道で必要な「木刀」といっても実は長さ、素材、重さ、加工方法もさまざまな種類があります。入門者の人にとっては、特にどのように選ぶべきか悩んでしまう人も多いことでしょう。

今回は、【剣道具】木刀の選び方のポイントとその注意点についておすすめ人気商品とその特徴をあげながら、詳しくご紹介します。【剣道具】木刀の選びに失敗したくない人は、ぜひこちらの内容を参考に選んでみてください!

【剣道具】木刀の種類

竹刀を持つ男性

実は、【剣道具】木刀には使用目的の違いをはじめ、長さや素材、重さに違いがあります。こちらでは、その違いと種類の特徴についてご説明します。

用途の違い

【剣道具】木刀は、使用目的によって形状や重量、加工方法が異なります。例えば、「剣道の形」の稽古では「素振り用の木刀」は使用できないため注意が必要です。

【剣道具】木刀は、自分の使用目的に応じたものを選ぶようにしてください。

「素振り用」木刀

正確な形を習得することに加えて筋力を増強させることを目的として使用される木刀をさします。「素振り用」木刀には形状、長さ、重量などの規則はありません。

「稽古用」木刀

日本剣道形などの形稽古の際に「刀法の原理・理合」や「作法の規範」を習得することを目的に使用される木刀をさします。「稽古用」木刀には稽古に使用する際の基準がありますので注意が必要です。

長さの違い剣道

【剣道具】木刀は、長さの違いにより主に2種類に分けられます。

大刀

男女共通に114cm以下の長さのものをさします。重さは男性では440g以上 、女性では400g以上の木刀です。

短刀

男女共通に62cm以下の長さのものをさします。重さは男性では280gから300g、女性では250gから280gです。

素材の違い

剣道

木刀は、素材によって色合や風合いなどの外観の違いだけでなく硬さや手へのなじみ方、肌触りなどのにも違いがあります。それぞれの素材の特徴を理解しておきましょう。

赤樫

「本赤樫」(素材として赤樫が使用されている木刀)と「イチイ樫」の2種類があります。本赤樫は、原生的な自然豊かな森林のみでみられる希少な木です。そのため、供給量がとても少ないために高価であるのが特徴になります。

また、本赤樫は日本国内の材木の中で最も硬くて重い素材に分類されるため、加工しにくいのも特徴です。

一方のイチイ樫は、低価格であることに加えて硬さ・重さともに本赤樫よりも劣ります。一般的に「赤樫 木刀」という表記は「本赤樫」でなく「イチイ樫」のことを指すので注意してください。

白樫

白樫は赤樫よりも供給量が多いため、安価であるという特徴があります。

白樫の木刀は、素材の性質からささくれやすく、打ち合いの際に木刀から手に衝撃が伝わりやすいという短所があります。一方では比較的硬いため、折れにくいという長所もがあります。

そのため、赤樫よりも白樫の方が素振り用としての様とに適しているといわれています。

【剣道具】木刀の選び方

面を持つ剣士

こちらでは、【剣道具】木刀の選び方について抑えておくべきポイントをご紹介します。【剣道具】木刀の選び方に失敗したくない人は、ぜひこちらの内容を参考に選んでみてください!

用途

素振り用に特化してし上げられた木刀は、稽古用の木刀として使用できません。製品情報を十分に確認した上で選びましょう。

稽古用

入門者には、安価で取扱いやすい白樫がおすすめです。上段者や贈答用の木刀であれば希少な素材を用いた高品質な仕上がりのものを選ぶとよいでしょう。

素振り用

剣道の試合

竹刀より重量のある木刀を用いた素振りは、筋力を増強させることができるため剣道の実戦における打突力の向上に活かすことができます。重量は、自分のコンディションや筋力などを考慮して「重すぎないもの」を選ぶことが大切です。

重すぎる場合は、などを傷める危険性があることを理解しておきましょう。

長さ

素振り用の木刀は、狭い部屋や低めの天井であっても木刀が接触することがないように短いデザインのものがあります。

用途に応じて稽古用の木刀と同様の長さのもの、または素振り用のものを選ぶべきかよく考慮して選びましょう。

仕上がり

一般的にコーティングのニスなし仕上げ(油磨き)の製品の方がよい品質の木材が使用されています。仕上がりによって手触りや手入れ方法に差がありますので理解しておきましょう。

  • ニスあり…ニスが素材を保護する役割を担うため、ツヤが継続することに加えて普段のお手入れを手軽に済ませることができます。
  • ニスなし…素材の風合いを感じ取れることが魅力ですが、木刀の変形を防ぐために定期的に油で磨く必要があります。上段者の方におすすめタイプです。

【剣道具】木刀おすすめ人気ランキング:8位~4位

チェックしたいポイント イメージ図

こちらでは【剣道具】木刀のおすすめ人気製品をその特徴とあわせてランキング形式でご紹介します。長さや重さ、仕上がりなど製品ごとの違いをしっかり理解して自分に最適な木刀選びの参考にしてみてください!

8位:【国産柄巻木刀】赤樫 八角型素振柄巻木刀

こちらは、全長3.8尺(約115cm)、刀身約82.5cm、重量約1500gの素振り練習用の木刀です。特徴は、室内の狭い場所でも動きを制限することなく手軽に手・肩のトレーニングが可能な点になります。

また、素振りの練習の際に気になる「滑り」を防ぐために柄巻仕様となっている点も大きな特徴です。この柄巻は、ゴルフクラブやバッドに採用されているグリップを製造するメーカーとともに開発された「木刀専用の牛革製のグリップ」が採用されています。

また、しっかりと乾燥した素材のみを用いて宮崎県都城市にある伝統工芸士の工房にて製作された高品質な仕上がりも大きな魅力です。

7位:素振り木刀 武蔵 黒塗り ブラック WB-102BK

こちらは、全長1,160mm、刀身身幅46mm、柄身幅40mm、重さ約1,100gの素振り練習用の木刀です。

特徴は、重厚感のあるカラーとしっかりとした構造であるにも関わらず低価格である点になります。口コミでも「毎日の素振りの練習には重すぎず、軽すぎず、グリップ感も調度よい」と好評のおすすめ製品です。

購入時には天然の素材を採用しているため「製品ごとの個体差」があることを理解しておきましょう。

6位:【国産木刀】白樫 柳生新陰流木刀

こちらは、全長101.5cm、刀身約73.5cm、峯形状平峯 切先形状関東型、重量550gの木刀です。しっかりと乾燥させた国産素材のみを採用し、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房にて製造された高品質な仕上がりも大きな魅力の製品になります。

口コミでも「丁寧に仕上げられたのが伝わってくる」「従来の木刀とは、まったく違う」と仕上がりや質感が高く評価されているおすすめ製品です。

5位:【国産木刀】白樫 普及型木刀 大刀

こちらは、全長101.5cm、刀身75.5cm(柄26cm)、重量約550~600gの木刀です。特徴は、リーズナブルな価格にも関わらず国産の素材を採用し、国内で製造されている点になります。

さらに、堅さと粘り共に優れているため「剣道形」「打ち合い」「素振り」のいづれにも対応できる万能タイプです。入門者など初めて木刀を選ぶ人に間違いのないおすすめ製品になります。

4位:【国産木刀】樫製 黒塗特価品木刀 大刀

こちらは、全長101.5cm、刀身75.5cm(柄26cm)、重量約450~500gの木刀です。特徴は、リーズナブルな価格にも関わらず日本産の赤樫(イチイ樫)材を採用して日本で製造されている点になります。

木刀としては非常にリーズナブルな価格である理由としては、赤樫普及型木刀の製作の際に木目・風合い・節の入り方などが基準に至らなかった製品に黒の着色が施されているためです。

そのため、カラーが黒色であるだけでもとの素材は重硬で強靭な国産のイチイ樫であるため打ち合いや素振りも適しています。入門者用や稽古用におすすめの製品です。

【剣道具】木刀おすすめ人気ランキング:ベスト3

メダル

上位には、高品質の製品と効果的な素振りを可能にする木刀がランクインしています。それぞれの特徴を抑えて自分に最適の木刀選びに活かしましょう!

3位:素振り用木刀 赤樫 小次郎 116cm [WB-102]

匠刀房(Takumitoubou)
販売価格: ¥ 3,650

こちらは、素振り用の木刀です。特徴は、しっかりとした構造と素振り時の滑りぬけを防ぐために柄頭が太く仕上がっている点になります。

口コミでも「柄を持つ位置を変えることで重心のバランスを変えられるので振りやすい」「一振り一振り丁寧に振ることで全身の鍛錬にちょうど良い」と好評のおすすめ製品です。

購入時には、細かなキズや自然にできた小さな穴などがある場合もあることや一般的な素振り用の木刀よりも重さを感じやすいため初心者はなどを傷めないように注意が必要であることを理解しておきましょう。

2位:【国産木刀】白樫 普及型木刀 短刀

こちらは、全長29cm、刀身19.5cm(柄長約9.5cm)、重量約120gの峯形状平峯の短刀です。特徴は、リーズナブルな価格にも関わらずしっかりと乾燥させた国産素材を採用し、宮崎県都城市にある伝統工芸士の工房にて製造されている点になります。

素材、製造ともに国産であるため高品質に仕上がっているため、国内だけでなく海外でも人気の高いおすすめ製品です。

1位:九桜 剣道 赤樫素振 木刀のみ(鍔別) WO38R

こちらは、長さ約115cm(3.8尺)、重量約900g前後の九桜の素振用の木刀です。特徴は、九桜ならではの品質の高さになります。重量も900g前後と毎日無理なく素振りを継続できる重さであるのもおすすめポイントです。

高品質の木刀を長く愛用したいという人に特におすすめの製品になります。

用途に応じた木刀でレベルアップしよう!


今回は、【剣道具】木刀の選び方について詳しくご紹介しましたがいかがでしたか?【剣道具】木刀といっても用途が異なれば、選ぶ木刀の種類も異なります。

稽古用として用いる木刀は規則によって形状、長さ、重量のなどの規則があるため、製品の外観だけでなく製品情報についても確認するようにしてください。

一方で素振り用の木刀は、使用する場所やそれぞれのコンディションに応じて自分に最適のものを選ぶようにしましょう。筋力の増強のために「重ければよい」というものではありません。

けがの予防のためにも手元にある木刀の重量と比較しながら、素振り用の木刀の重さをイメージすることが「重すぎ」「扱いにくい」「を傷めた」など失敗しないための秘訣になります。

こちらの内容を参考に自分に最適の【剣道具】木刀を選んでレベルアップに活かしましょう!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ストレッチ
  2. サプリメント
  3. 道路を滑るスケートボーダー
  4. 男性スケートボーダー
  5. 鍛えた身体
  6. スケートボード
  7. スケートボードを抱えてたつ人
  8. ヨガ
  9. サプリメント
  10. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  11. アンプル 美容成分
  12. ラグビーゲーム
  13. 落ち込むスケートボーダー
  14. トリックするスケートボーダー
  15. 食物繊維を多く含む食品
  16. 雨の日のゴルフ
  17. ゴルフをプレーする男性
  18. アイシングしている足
  19. ボストンバッグ
  20. ビタミンC イメージ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP