ゴルフをプレーする男性

石川遼の筋肉が凄い! ゴルフスイングを安定させる体幹トレーニングとは?ゴルファーが参考にしたい肉体改造の方法をチェック

 

ゴルフ楽しむ人は特に「石川遼選手」に憧れる人も多いはずです。プレーはもちろんそのルックスや人柄は多くの観客を魅了し続けています。

安定したプレーを維持し続ける石川遼選手ですが、それを可能にしてるのは肉体改造にて得た体幹の筋肉なのです。「ゴルフに筋力は必要?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、安定したスウィングのために体づくりは欠かせません!

今回は、ゴルファーなら参考にしたい石川遼選手の肉体改造メニューの1つである「体幹トレーニング」について詳しくご紹介しましょう。ゴルファーはぜひスキルアップのためにもこちらの内容を参考にトレーニングしてみてください!

石川遼選手のプロフィールと驚きの筋肉

こちらでは石川遼選手のこれまでの輝かしい成績、外国人選手に劣らぬ飛距離を出す秘訣とそれを支える筋肉について探っていきましょう。

石川遼選手のプロフィール

石川遼選手は、2007年当時15歳のアマチュアのときに「マンシングウェアオープンKSBカップ」でわずか15歳8か月において史上最年少優勝を果たしたとき以来、世界から注目され続ける存在なのです。

翌2008年には、高校生ながらプロに転向してさらに翌年の2009年には年間4勝を挙げて「史上最年少賞金王」を戴冠しました。

2010年には「中日クラウンズ」にて当時の「世界最小ストローク記録」となる「58」を叩きだし、さらなる注目を浴びるようになったのです。2013年から現在に至るまで米ツアーに主戦場を移してツアー初優勝を目指して戦いに挑み続けています。

身長・体重・BMI

石川遼選手の身長は175cm、体重は71kgだそうです。これらの情報から、BMIは23ほどということになります。

過去の肉体改造の際につけた筋力を維持するために意図的に体重を落とさないようにコントロールしていることがお分かりいただけるはずです。

石川遼選手の筋肉

石川遼選手の筋肉は、アスリートらしく身体の全体にバランスのよい筋肉のつき方であることがよく分かります。

ゴルファーは、上半身の筋肉に目がいきやすいですが、スイングを支える体幹の安定感を見ても石川遼選手は偏りなく全身の筋肉を鍛えていることを知ることができるでしょう。

石川遼選手のトレーニング

バランスのよい筋力を得るために石川遼選手は、60分から90分に及ぶ1度のトレーニングで50種類から100種類にも上るトレーニングをこなしているのだそうです。

こちらでは、その気になるトレーニング方法をご紹介しましょう!

「体幹」を重要視

石川遼選手は、自身のトレーニングについて重要視しているポイントを「体幹」と明言しています。トレーニングの構成としては「体幹プラスアルファ」として筋肉の増量に加えてスピード感も意識しながらトレーニングに取り組んでいるそうです。

メニューは有名トレーナーが管理

石川遼選手のトレーニングは、自己管理だけではなく野球選手やプロボクサーを指導してきた仲田健トレーナーとともに実践しているそうです。

仲田トレーナーは、石川遼選手のトレーニングメニューの特徴として「単に負荷をかけて筋肉を鍛えるだけでなく、それをゴルフの動作につながるように、多方向から筋肉に刺激を与えている」と述べています。

このような仲田トレーナーのコメントからも、石川遼選手が1度のトレーニングで50種類から100種類にも上るトレーニングをこなしていることに納得できるはずです。

石川遼選手のトレーニング方法

石川遼選手は「筋力とバランス」強化を意識したメニューに取り組んでいるそうです。その気になる方法をこちらでいくつかご紹介しましょう!

ストレッチポールを活用

体のゆがみを整えたり、筋力やバランスを増強する効果的な運動に手軽に取り組むことのできるアイテムといわれるストレッチポールを石川遼選手も活用しています。

ストレッチポールを用いたトレーニングメニュー

気になる石川遼選手のストレッチポール活用方法は「ストレッチポールの上で腹筋を100回ほど」目をつぶりながら実践することもあるそうです。

他のメニューでは「目をつぶり、片足を上げながら腹筋を50回以上」などさまざまな筋肉を連動させながら機能的にトレーニングできるように意識して取り組んでいます。

このような日課として取り組むメニューからも、石川遼選手はどれほど体幹が強くバランス力も高いのかがご理解いただけるはずです。

体幹を鍛えるメリット

腕立て伏せ

多くのアスリートも重要視して取り組んでいる体幹トレーニングですが、具体的にどのようなメリットがあるのか詳しくご紹介しましょう!

姿勢の改善

ゴルファーにとってブレのない安定したスイングを行うためには正しい姿勢の維持は欠かせません。

体幹を鍛えることで脊椎をはじめとする骨格、そして筋肉や内臓までも本来あるべき位置に維持することが可能になるため、理想の姿勢を維持することをができるようになるのです。

身体の軸が安定する

姿勢が整うと体の軸がブレることもなくなるため、動作に無駄な動きがすくなくなるのでより綺麗なフォームでスイングすることが可能になります。

さらに姿勢の改善は、よいスイングだけでなく肩こりや腰痛などの症状が改善されることもあるなど嬉しい効果がさまざまあるのです。

バランス力も向上

ゴルフをする男性

体幹を鍛えると姿勢が改善されることのは前述の通りです。姿勢が改善されると重心をしっかりと安定させることができるため、バランスをとりやすくなります。

例えばゴルフにおいては、体幹をしっかり鍛えるとスイングの後にふらついたりフォームが崩れるということが少なくなるのです。

腹部が引き締まる

体幹を鍛えるトレーニングの実践は、腹筋と背筋の両方を全体的に鍛えることができます。その結果としてトレーニングを継続することで腹部もしっかりと引き締まり、ルックスにも好印象に変化させられるのです!

パフォーマンスが向上

体幹を鍛えることで重心が安定し、手足を動かしても体の軸がブレることがなくなります。そのため、筋肉の力を効率的に手足に伝えることができるためパフォーマンスを向上させることができるのです。

要するに体幹が弱い(体幹の筋力が低い)人は、スイングの際に無意識に手足などでバランスをとるためボールに伝わる力は減少してしまいます。これに対して、体幹を鍛えている人ではバランスをとる必要がないためスイングの力を効率よくボールに伝えることができるのです。

自宅でも実践可能な体幹トレーニング

こちらでは、自宅でも手軽に実践できる体幹トレーニングの種類と具体的な方法について紹介いたします。「空き時間を利用して気軽にトレーニングしてみたい」という人は、ぜひ正しい動作とメニューを抑えて効率的にトレーニングしましょう!

フロントブリッジ(プランク)

プランクする外国人男性

フロントブリッジは、体幹トレーニングの中でもポピュラーなトレーニングの1つになります。

イメージとしては「肘で支える腕立て伏せ」の様な姿勢で、足はつま先のみを床につける状態をキープするトレーニングのことです。実は、このトレーニングは石川遼選手も日課の一環として実践いるそう。

腹部全体の筋肉と広背筋を鍛えることができる効果的なコアトレーニングになります。早速、具体的なトレーニング方法をご説明しましょう!

フロントブリッジの方法

https://youtu.be/nMAjJukJamA
  1. 床にうつ伏せ(腹臥位)になります。
  2. 腕を肩幅の大きさに広げて、上体を軽く起こします。このときに腕の角度は90度を維持してください。
  3. 足はつま先のみ床につけ、膝や大腿部を浮かせます。
  4. 首筋から足先まで筋が通ったようにきれいな一直線になることをイメージして姿勢を維持して下さい。

トレーニングメニューとしては「1分間同じ姿勢を維持」することを「30秒の休憩をはさみながら3セット」を目安に実践することからはじめましょう。

徐々に正しい姿勢を維持できるようになってきたときには、トレーニングの回数を増やすなど効果をみながら調整してください。

ヒップリフト

ゴルフクラブを振る男性ヒップリフトは、腰や大臀筋を鍛えることに効果があるといわれるトレーニングです。正に体幹をしっかりと支えて安定させるための基礎となる部分になります。

具体的なトレーニング方法をご紹介しましょう!

ヒップリフトの方法

https://youtu.be/7X2PTYgvP1E
  1. 床に仰向けになり軽く膝を曲げ立て立てます。
  2. 両手を身体の脇に少し開いて置き、体を安定させます。
  3. 息を吐きながらゆっくりとお尻を上げ、膝から首の根本が一直線になった状態を3秒から4秒維持した後に息を吐きながら元の姿勢に戻ります。

トレーニングメニューとしては「3.の動作を10回」「30秒の休憩をはさみながら3セット」を目安に実践することからはじめましょう。

バランボール

バランスボールエクササイズをする若者たち

石川遼選手もバランスボールを用いるトレーニングも実践しています。価格も1000円未満で購入できる製品が多く、トレーニング器具としては低価格なアイテムです。

バランスボールは「座るだけでも体幹を鍛えることのできる」とてもポピュラーなアイテム。ボールの空気圧や使用する姿勢を変えるなどさまざまなトレーニングに活用することができます。

毎日トレーニングを継続することが苦手な人は「テレビをみるときはバランスボールに座って見る」と決めて購入するのもよいでしょう。

毎日の積み重ねが大切

ゴルフボール

石川遼選手のような安定したスイングを目指したい人には、体幹トレーニングは欠かせません。体幹トレーニングは、短時間でできるトレーニングが多いですが「毎日継続すること」が重要なポイントになります。

急激に体幹トレーニングの量や頻度を増やすと逆に体への負担や負傷の原因にもなってしまいます。

そのため初めて体幹トレーニングにチャレンジする人は、1つ1つのトレーニングメニューを効果の得られる正確な方法で実践できるようになることを目先の目標としてじっくりとゆっくりとメニューや回数を増やしていくようにしましょう。

スコアに伸び悩んだり、スイングに自信のない人はぜひこちらでご紹介した体幹トレーニングに毎日コツコツと取り組んでみてください!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 山間部を飛ぶパラグライダー
  2. 手書きの相撲画

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP