東京2020オリンピックの陸上競技注目選手はこちら!数多くの中からメダルの期待を集める種目とは?

 

肉体の限界へと挑む競技「陸上」。

ほんの刹那に繰り広げられ、わずかな秒数や距離の違いで多くの人々を魅了します。

今回は数多くある陸上競技の中から、東京2020大会において日本の活躍が期待できるものをご紹介。

さらに今注目すべき選手もピックアップし、その詳細に迫ります。

陸上競技の種類

ひとことで「陸上」といっても数多くの種目があります。

ここで、東京2020大会で行われる種目の内容を確認してみましょう。

トラック競技

短距離・長距離走、リレーなど、トラック(=ラインでコースが隔てられた状態)を使った競技のことをトラック競技といいます。

短距離・長距離走については100mから10000mまで、実に幅広い間隔で種目が分けられています。

そして、次々とハードルを飛び越えながらタイムを競うハードル走。

110mハードル(男子)、100mハードル(女子)、400mハードルの3種類があります。

次に、3000mSC(3000メートル障害)。

3000mの間に障害(平均台のような形状の障害物)を28回、水濠(深さ0.7m長さ3.66mの水堀)を7回越えるという競技です。

こちらは体力の消耗が非常に激しく、ペース配分も難しいため、トラック競技の中でも群を抜いて過酷といえます。

最後に、4x100mと4x400mの2種類のリレーがあります。

フィールド

フィールド競技とは、トラックの内側にあるフィールドで行われる競技のこと。

グラウンドの形を想像してみましょう。

外側にトラックが引いてあり、内側にトラックのない広い空間がありませんか?

そこがフィールドです。

走高跳、走幅跳、三段跳、棒高跳、砲丸投、円盤投、ハンマー投、やり投といった瞬発力を競う競技が行われます。

ロード

ロード競技とは、競技場以外の道路上で行われる競技のこと。

マラソン(42.195kmの道路を走る競技)が含まれます。

ちなみに、東京2020大会における競技のコースはオリンピックスタジアムから始まり、浅草、東京タワーを巡るものとなっています。

ぜひ直接走っている姿を見てみたいものですね!

また、マラソンの他にも競歩がロード競技に含まれます。

競歩は文字通り「歩く」競技で、一定のフォームを保ちながらタイムを競います。

「歩く」といえども、その速度は走るのと変わらないほど。

20km競歩、50km競歩(男子のみ)の2種類があります。

10種競技と7種競技

ここまでご紹介した競技は、競技ごとにランキングを付ける方法の他に、別の採点基準もあります。

それが10種競技や7種競技という項目です。

2日間で複数の競技を実施

10種競技は2日間で10種類の競技の合計得点を競い、7種競技では2日間で7種類の競技の合計得点を競うものです。

競技によって得点の算出方法が異なり、跳躍や投てき種目の場合、得点が0になる可能性もあります。

そのため、どれかの競技が高得点でも、他の競技で得点を落とせば一気に形勢が変わることも。

日本においてはかつて右代啓祐選手が8308点という高得点を叩きだし、話題となりました。

日本人が8000点台を出すことはなく、未だに彼を越える選手はなかなか輩出されないのが現状です。

東京2020大会に出場する条件

オリンピックに出場するにはまず、「出場資格」を取得する必要があります。

では、具体的にどんな条件なのでしょうか?

ここで確認してみましょう。

出場資格の取得可能期間

出場資格を得るためには、決められた期間内に一定の成果を残す必要があります。

また、期間は競技によって以下のとおり異なります。

  • 10000m、10種、7種、リレーマラソン競歩:2019年1月1日から2020年6月29日まで
  • その他の種目:2019年7月1日から2020年6月29日まで

出場資格の取得方法

上記期間の間に2つの条件のうちいずれかを達成する必要があります。

1つ目は、期間の終了時にIAAFの世界ランキングで上位にランクインすること。

2つ目は、期間内に標準記録を突破すること。

なお、選考にあたっては1つ目のランキングの結果が優先され、出場するために重要なステップとなります。

2019年現在のIAAFの世界ランキング結果は?

出場資格の取得条件となるIAAFの世界ランキング。

実は2019年2月27日に最新のランキングが発表されました。

2020東京大会を間近に、日本はどのようなポジションにいるのでしょうか?

競歩がアツい

近年、日本の競歩における実力がグンと伸びています。

2016リオデジャネイロ大会では荒井広宙選手が50キロ競歩で銅メダルを獲得し、日本人初の競歩における快挙となりました。

そして迎えた2019年2月27日におけるIAAFの世界ランキング。

競歩では驚くべき結果が出ており、今大注目の競技といえます。

まず20km競歩を見てみましょう。

  • 1位:池田向希(東洋大学・20)
  • 3位:山西利和(愛知製鋼・22)
  • 7位:松永大介(富士通・23)
  • 8位:野田明宏(自衛隊・22)
  • 9位:藤澤勇(ALSOK・31)
  • 10位:高橋英輝(富士通・26)

10位以内になんと6人もランクインしていますね。

池田向希選手は堂々の1位。

まだまだ若い選手のため、これからの成長にも期待できます。

続いて、前回の2016リオデジャネイロ大会でも銅メダルを受賞した、50km競歩も見てみましょう。

  • 2位:荒井広宙(自衛隊・30)
  • 4位:勝木隼人(自衛隊・28)
  • 5位:丸尾知司(愛知製鋼・27)
  • 7位:野田明宏

こちらも10位以内に4人もの日本選手がランクインしています。

2016リオデジャネイロ大会でも銅メダルを受賞した荒井広宙選手はなんと2位。

これはかなり期待ができるのではないでしょうか。

20kmと50km、ダブル優勝の可能性は高いです。

走高跳も上位にランクイン

走高跳でも、日本選手が1名10位以内にランクインしています。

  • 6位:戸邉直人(26)

日本は走高跳におけるオリンピック入賞経験がなく、もしメダルを獲得した場合は歴史的瞬間となり得ます。

戸邉直人選手は2019年時点で2m35cmという記録を叩き出し、日本記録を更新。

日本の走高跳を先導する選手といえます。

10000m女子も目が離せない

10000m女子においては10位以内に2名がランクイン!

かつてマラソンでメダルを何度も獲得した日本の陸上女子に、もう一度勝利の風が吹くかもしれません。

ランクインしたのは以下の選手です。

  • 6位:堀優花(パナソニック・22)
  • 7位:松田瑞生 (ダイハツ・23)

いずれの選手も、現在もなおタイムが伸び続けている点で期待ができます。

日本は連携プレーが強い

IAAFの世界ランキング上位の競技以外にも、日本人が活躍できる競技があります。

日本人は複数人で取り組む連携プレーも得意なのです。

4×100mリレーはメダルが狙える

2020東京大会で有力な競技のひとつは、4×100mリレーだと思います。

正確なバトンパスと選手個人個人の粘り強い走りが、日本の強味です。

2008北京大会及び2016リオデジャネイロ大会で日本は、4×100mリレーにおいて銀メダルを獲得。

中でも2016リオデジャネイロ大会決勝でのタイム37秒60は日本新記録となるほどでした。

そして、2017年の世界選手権では銅メダルを獲得。

常に世界上位をキープし続けている今、金メダルは目前といえます。

次は2019年9月から行われる世界陸上競技選手権大会で、その実力が発揮されることでしょう。

今注目の選手をピックアップ

ここからは、2020東京大会での活躍が注目されている選手をさらに詳しくチェックしてみましょう。

20km競歩:池田向希

東洋大学に通う池田向希選手は、2019年現在で20歳です。

国際主要大会で初の日本代表に選ばれた彼は、2018年5月に開催された第28回世界競歩チーム選手権でなんと優勝。

みごと世界一となったのです。

彼の快挙は世界的にも評価され、前述したようにIAAFの世界ランキングでは1位を記録しています。

世界の強豪相手に粘り強い勝負を仕掛け、着実に成果を出している彼は、今の日本における競歩を先導している貴重な存在です。

50km競歩:荒井広宙

前回の2016リオデジャネイロ大会で50km競歩において銅メダルを獲得した荒井広宙。

日本人初の快挙ということもあり、一躍有名となりました。

2017年の世界陸上ロンドン大会では銀メダルを獲得。

2019年のIAAF世界競歩チーム選手権大会では優勝しました。

これらの成果からも見て分かるように、彼は現在もなお世界のランキングトップを前進し続けています。

4×100mリレー:桐生祥秀

桐生祥秀は2017年に日本人史上初の9秒台を叩きだしました。

彼が残した記録は9秒98。

第86回天皇賜盃日本学生陸上競技対校選手権大会の決勝において、追い風が吹く不利な状況でこの成果を残したのです。

また、彼は「陸上に興味の無い人をも引き込む」という意思のもと、陸上部を持たない日本生命にあえて所属しました。

自分の意思をしっかりと持ちつつ着実に成果を出す彼は、今脚光を浴びている選手です。

4×100mリレー:山縣亮太

桐生祥秀の次に9秒台を記録するのではないかと期待されているのが山縣亮太。

彼の最高タイムはなんと10秒00。

本当にあとわずかの差ですね。

このわずかの差を競い合うからこそ面白いのが陸上競技ともいえます。

彼は10秒0代の記録を何度も叩きだし、安定した走りを見せるのが魅力です。

きっとこのわずかな壁を突き抜け、素晴らしい結果を残してくれることでしょう。

4×100mリレー:飯塚翔太

飯塚翔太は2016リオデジャネイロ五輪を含め、実に2回のオリンピック出場経験があるベテラン選手。

先輩としてチームを先導する存在となり得るでしょう。

186cmの大柄な体は、陸上競技においてとても有利。

今まで日本の陸上の最前線で活躍してきたのは、持ち前の体格を生かしたプレーがあってこそです。

彼の今までの経験がきっと2020東京大会でも活かせるのではないでしょうか。

最後に

2020東京大会においては陸上での活躍がかなり期待でき、応援する側もきっと楽しめる結果になるのではないでしょうか。

また、今回ご紹介した競技の中から、2つの日本人の強味を読み取ることができます。

粘り強さ

もともと日本はマラソンにおいて優秀な成績を残し、現在は競歩において確かな力を発揮しています。

競歩という競技は前述したように「フォーム」を保つ必要があり、とても厳格な基準です。

こうした「粘り強さ」が必要な場面において、日本人の特性が十分に活かされるのではないでしょうか。

連携プレー

どうしても個人プレーでは高い数値が出せない日本ではありますが、4×100mリレーといった複数人による連携プレーでは世界上位に食い込むことができます。

これは紛れもない「協調性」の表れ。

粘り強く協調性のある性格は、国民性から生まれた武器といっても過言ではないでしょう。

ぜひこの日本らしいアプローチで世界の頂点に立ってほしいですね。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

まだデータがありません。

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP