【オリンピック/近代五種】競技内容や注目選手を徹底紹介!「キングオブスポーツ」の異名をもつ過酷な競技で活躍する選手とは

 

近代五種とは、1人で射撃・フェンシング・水泳・馬術・ランニングの5つの競技をこなす複合競技。

オリンピックにおいて個人戦のみ競技として認定されています。

近代五種は日本では競技人口がまだまだ少なく馴染みのない競技です。

ですが、複雑かつ過酷な内容は目を見張るものがあります。

今回は近代五種とはどんな競技なのか、その魅力に迫り、注目選手にも焦点を当てていきます。

近代五種が生まれた歴史

近代五種は実はとても奥が深い競技。

というのも、その起源は19世紀にもさかのぼるのです。

なぜこの5種類の競技がセットで行われるようになったのか、その歴史に迫りましょう。

近代オリンピック創立者が提案

近代五種は近代オリンピックの創立者であるクーベルタン男爵が提案したものです。

ナポレオンの活躍した時代の戦士になぞらえて、競技内容が決められました。

敵陣へと銃を撃ち、馬で乗り込んで剣で戦い、川を泳ぎ抜け、丘を走り抜ける…。

そうして戦いの結果を味方へ報告に行く戦士の姿を、競技に落とし込んだのです。その結果、射撃・馬術・フェンシング・水泳ランニングが競技となりました。

「かつて戦いの渦中で戦士が味わった経験を再現している」と思えば、この過酷な競技内容も頷けます。

なぜ「近代」なのか?

近代五種の「近代」という言葉。

先ほど「近代オリンピック」創設者の提案であると説明しましたが、ここでも「近代」という言葉が出てきましたね。

まず、オリンピックには古来行われてきた「古代オリンピック」があります。

そして、現在行われているのは「近代オリンピック」。

「古代オリンピック」は古代ギリシアにおいて行われていた競技会です。

当時は神事や宗教行事としての要素がメインで、現在の「近代オリンピック」ほどスポーツ色は強くありませんでした。

また、「古代オリンピック」にも古代五種という種目があります。

内容としては幅跳び  、短距離競走、円盤投げ、やり投げ、レスリングの5つ。

近代五種は古代五種の近代バージョンとして新たに考えられた複合競技なのです。

5つの競技内容

近代五種に含まれる射撃・フェンシング・水泳・馬術・ランニングの5種類の競技。

この中には、聞きなれない言葉もあるのではないでしょうか?

具体的にどんな競技が繰り広げられるのか、実際に行われる順番でまとめてみました。

フェンシング

フェンシングでは、相手の身体に「エペ(=突き)」を繰り出します。

全身が突くことのできる範囲となり、1分間以内に「エペ」を1本でも決めた方が勝利となる1本勝負。

世界トップクラスのフェンシングは目で追うのが困難なほどの高速度で繰り出され、短時間に凄まじい集中力を使う競技です。

実施にあたっては参加者全員がそれぞれ対戦をする総当たり戦となります。

そして、最終的に算出された勝率をもとに得点が決定。

勝率70%で満点の250点となり、出場人数などにより減点内容は変動します。

水泳

水泳は誰しも知るスポーツですね。

近代五種では200mを自由形で泳ぎ切る速さを競います。

水泳はかなりの体力を消費する全身運動であり、ここではスピードとスタミナのバランスを取る持久戦となるでしょう。

ちなみに、2分30秒で満点の250点となり、0.5秒ごとに1点ずつ点数が減点されていきます。

馬術

近代五種で実施されるのは、馬術競技の中でも障害飛越競技というものです。

この競技ではコースの途中に障害物が設置されており、乗馬しながら飛び越えていく必要があります。

300点が満点となり減点方式で計算。

どのような場合に減点されるのか、その基準を確認してみましょう。

  • 飛び越える際になどが引っかかり障害物が落ちる(=障害物の落下)
  • 馬が障害物を避けたり抵抗する(=不従順・反抗)
  • 決められたタイムの超過

さらに以下の3点は、失格となってしまう場合です。

  • 馬が継続して45秒以上反抗
  • 落馬や転倒
  • 決められた経路順を違反

スムーズにコースをクリアしていく正確性が重要視されることがうかがえますね。

そして何より、オリンピック近代五種における馬術の難しさは、初めて対面する馬に乗馬するという点です。

慣れ親しんだ馬ではありません。

そのため、冷静に根気強く馬へアプローチする必要があり、難易度が非常に高い競技といえます。

ただでさえ難しい競技内容なのに、過酷な条件下でそれを遂行する必要があるのですね。

射的とランニング

射的とランニングは2009北京オリンピックからミックスされ、「レーザーラン」という競技になりました。

コンバインドという名称でも呼ばれています。

レーザーランは射的とランニングを交互に4回行う競技。

射的は、10m離れた場所にある6cm程の的にレーザーピストルを5回命中させます。

これには50秒という制限時間が設けられており、命中するまでひたすら撃ち続けるのです。

そして、射的の間に行うランニングはなんと800mもの距離があります。

正確性を求められる射的を成功させるためには、疲労状態でも適確に集中力を切り替えることが重要。

まさに「戦場における戦士の様」を表現した競技といえますね。

また、レーザーランはそれまでに行った3種の競技の結果で、スタートのタイミングが変わります。

1点につき1秒で換算し、時間差をつけてスタートしていくのです。

最後にゴールした到着順が、近代五種全体における最終順位となります。

「キングオブスポーツ」の異名

ここまで競技の内容を確認してきました。

驚くべき点は、これらがわずか1日の間に実施されるということです。

過酷な状況下で限界点を競う

フェンシングで集中力を使い、水泳で体力を大きく消耗する…。

この時点で多くの選手は万全のパフォーマンスができる状態ではなくなるでしょう。

そんな状況下で次は、初めて対面する馬による乗馬で、細かなアプローチが求められるのです。

そして最後には、勝利に向けてひたすら駆け抜けつつ、何とか集中力を保ちながら射的を行います。

種目ごとに様々な必要な能力が切り替わり、身体能力だけでなく体力や精神力、自己コントロール能力が求められる…。

こうした過酷な競技内容から、近代五種は「キングオブスポーツ(=スポーツの王)」という異名を持っています。

過酷なスポーツだからこそ、完走した時の達成感は底知れないですね。

日本における近代五種の有力選手

公益社団法人日本近代五種協会では、8名が強化指定選手に選ばれています。

その中から、今注目の選手をピックアップしてみました。

「キングオブスポーツ」において世界へ挑む日本の選手達の詳細を確認していきましょう。

嶋野光

2018年10月31日から11月2日に実施された第58回近代五種全日本選手権大会の優勝者。

現在日本のトップを誇る選手です。

また、彼は嶋野光選手は自衛隊体育学校に所属しています。

やはり射的などといった日常に馴染みのない競技は、普段から訓練を積んでいる自衛隊が活躍できる種目なのでしょう。

戦士の故事が由来である近代五種は、嶋野光選手を始め、自衛隊出身者が多く活躍しています。

以下のリンクから、第58回近代五種全日本選手権大会における活躍の詳細を見ることができますよ。

http://www.mod.go.jp/gsdf/phy_s/news/p672.pdf

髙橋瑠佳

髙橋瑠佳選手は第58回近代五種全日本選手権大会の準優勝者。

陸上自衛隊に所属しています。

彼女は近代五種を始めてわずか1年で日本代表に選ばれました。

実力のみならず、その可愛らしいルックスと相まって、近代五種の知名度を広めたきっかけの人物でもあります。

2019年時点でわずか20歳の髙橋瑠佳選手。

今後どんな成長を遂げるのか、楽しみですね。

島津玲奈

島津玲奈選手は2017アジアオセアニア選手権大会で優勝。

日本における近代五種の選手の中でもベテランです。

ですが、思わぬところで簡単に形勢が変わってしまうのが近代五種の醍醐味。

近年の大会出場結果を見るとやはり順位の変動があり、2020東京大会への出場となるか未知数です。

でも、この「変動」は経験者であるからこそ生じるもの。

失敗をも向上心に変える彼女の姿勢は、確かな成果を残すのではないでしょうか。

朝長なつ美

朝長なつ美選手は2016リオデジャネイロ大会に日本代表として出場。

当時は惜しくもメダル獲得まではできませんでしたが、オリンピックへの出場権を獲得した点で評価されています。

出場の決め手となるワールドカップでは銅メダルを受賞した経験もあり、世界に通用する実力を持っているのは間違いないでしょう。

彼女は警視庁に努めており、警察学校時代に近代五種の道へスカウトされ、競技に取り組むようになったのだとか。

警察官という職業もあり、誠実そうな人柄がヒシヒシと伝わってくるのがとても好印象です。

三口智也

三口智也選手は朝長なつ美選手とともに2016リオデジャネイロ大会に日本代表として出場。

前述したワールドカップは混合リレーで、この2名がタッグを組んだのです。

彼はもともと水泳を熱心に取り組んでいて、その姿を見たコーチに近代五種へとスカウトされたとのこと。

ぜひ次回の2020東京大会では爪痕を残してほしいですね。

岩元勝平

岩元勝平選手も2016リオデジャネイロ大会に日本代表として出場。

自衛隊に所属する選手です。

2018年3月に行われたワールドカップでは惜しくも6位となり、悔しい気持ちを露わにしました。

インタビューでも「無念」と語っており、この悔しさをバネに成長しようとする根性が感じ取れます。

小野友行

第58回近代五種全日本選手権大会で準優勝を果たした小野友行選手。

彼も警視庁所属の選手です。

2018年5月にジャカルタ・アジア大会で6位という成績を残した小野友行は、2020東京大会に向けて邁進することを誓いました。

その後、10月に実施された第58回近代五種全日本選手権大会では国内2位に。

嶋野光選手に続いて有力視されており、目が離せません。

繁原ひなの

強化指定選手には選ばれていませんが、繁原ひなの選手も2020東京大会出場を目指す高校生アスリート。

YouTubeには彼女の近代五種に取り組む様子がアップされており、そのストイックさには心を奪われます。

https://www.youtube.com/watch?v=nJnLfoo5Jy4

動画内でも語られているように、繁原ひなの選手が競技を始めたのは中学3年生の時。

競技を始めてわずか1年で「ジュニアオリンピックカップ」で優勝するという、急成長を遂げている選手なのです。

もともと続けて来た陸上と水泳の経験を活かし、近代五種へとのめり込む彼女は、応援したくなる逸材といえます。

近代五種の競技人口

冒頭で近代五種の知名度がそこまで高くない旨をお話ししました。

その理由は、そもそもの競技人口の少なさにもあります。

なんと、世界全体で見ても競技人口は1万4千人ほど。

日本選手権への参加者は男女合わせて40人未満なのです。

増えにくい要因

ではなぜ、競技人口が増えにくいのでしょうか?

この競技を練習するにはまず、競技に取り組める環境がなければなりません。

また、かなり高いスキルを必要とする点でも、競技人口が伸びにくいのかもしれませんね。

オリンピックへの出場権を惜しくも逃してしまう年もあり、それが起因して日本では認知度が高くはないスポーツなのです。

逆をいえば、前回の2016リオデジャネイロ大会ではみごと出場できたため、これから伸びしろがあるとも考えることができます。

実際に競技を進める様をみるととても面白いため、2020東京大会ではぜひお楽しみください。

最後に

実はこの近代五種、オリンピック競技からなくなってしまうことを懸念し、盛り上げようとする運動が行われています。

今回はその詳しい内容に迫り、奥が深くて面白みのある競技であることがうかがえました。

こんなに素敵な競技がなくなってしまっては残念ですね。

ぜひ皆さんも一緒になってこの競技を盛り上げ、これからも素敵な戦いが見られるよう、盛り上げていきましょう!

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP