【オリンピック/スケートボード】大会新競技の注目選手はこちら!ストリートカルチャーから生まれた新競技!採点基準も紹介

 

はじめに

来年2020年の東京オリンピックから正式種目に採用されたスケートボード。以前から日本でも若者中心に人気だったスポーツです。

ストリートカルチャーから生まれ、音楽やファッションと密接に関係している新しいスポーツがオリンピックの正式種目に選ばれたことは喜ばしいことです。

日本でも冬季オリンピックのスノーボード競技で2大会連続の銀メダルを獲得した平野歩夢選手が出場の意欲を示しているとの報道もあって盛り上がってきていますね。しかし、まだ多くの人には身近ではないスポーツであるともいえるのではないでしょうか。

そこで、2020東京オリンピックにおける競技内容や日本人注目選手についてまとめました。

スケートボードの歴史

 

ems: center;”>

View this post on Instagram
ems: center;”>

 

DGKさん(@dgk)がシェアした投稿


まずはスケートボードの歴史についてご紹介しましょう。

1960年代(第一世代)

ローラースケートを流用した木製四輪キックスケーターからハンドルを取ったものが原型と言われている[2]。その後カリフォルニアのサーファーが水を抜いたすり鉢状のプールで乗り始めた事から流行が本格化する。

1970年代(第二世代)

この時代より、大きめの板の「裏側」に着目して飲料水メーカーなどのグラフィックが描かれる様になる。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89

スケートボードは特に若者に人気があり、日本には1970年代から80年代にかけて入ってきたようです。

1980年代(第三世代)

フラットランドで活躍したロドニー・ミューレンが平地でのオーリーを開発し、ストリートスタイルの発展に大きく貢献する。この頃から優秀なスケーターにはスポンサーがつき、シグネイチャー・モデルのスケートボードが登場する。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89

スケートボードがストリートカルチャーの中心に

1990年代(第四世代)

ヒールフリップ・スライド・マニュアルなどのプレイスタイルを主体とし、文字どおり街頭の建造物を使用したストリートスタイルが発展する。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89

90年代にはブームが到来し大人気となり、ストリートを中心に盛んに行われるようになりました。

そうした時期を経て、都会的なスポーツ、また遊びとして音楽やファッションと一体になり、ストリートカルチャーの中心になってきたのが2000年代だと思われます。

2000年代

従来のスケートボードはストリートスタイル普及の結果、街頭の建造物がスケートボーダーにより破壊される問題が発生し、ストリートセッション中心の公共スケートパークが増え、パークスケートボーディングが発展した。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89

今では公園などに「スケートボード禁止」という張り紙や看板があるのは見慣れた風景になりました。こういう歴史を辿り、競技としてのスケートボードは発展してきたというわけですね。

フリースタイル、フラットランド、スラロームなどの競技種目がありますが、2020東京オリンピックでは男子女子とも、街の中を滑るような直線的コースで技を競う「ストリート」と複雑な形のコースで技を争う「パーク」の2つの採点競技が行われます

競技内容と技(トリック)

 

ems: center;”>

View this post on Instagram

 

DGKさん(@dgk)がシェアした投稿

ではここからは、ストリートとパークそれぞれの競技内容、そして技(トリック)について見ていきましょう。

ストリート

街にあるような階段や手すり、縁石やベンチ、壁や坂道などを模した直線的なセクション(構造物)を配したコースで行われる。選手は1人ずつ競技を行い、セクションを使いながらさまざまなトリック(技)を繰り出す。

引用元:https://tokyo2020.org/jp/games/sport/olympic/skateboarding/

「ストリート」はその名の通り、街中にある階段や手すり、縁石やベンチ、壁、坂道などに似せた構造物が配置されたコースで行われる個人戦です。

構造物を「セクション」と呼びますが、このセクションを使いながら次々と技(トリック)を繰り出し、完成度や難易度、高さ、スピード、オリジナリティーを総合的に採点されます。

見ている人たちを圧倒する華麗なトリックとテクニックを成功させることがストリート最大の魅力、見どころでしょう。

持ち時間45秒のラン(RUN)を行うRUN方式とコース内の障害物を1つ選んで技を繰り出すBEST TRICK方式があり、RUN方式は2回行って高いほうの得点が持ち点となりますがBEST TRICK方式は5回のうち点数の高い4回が持ち点に加算され、合計得点で順位が決まります。

パーク

大きな皿や深いお椀をいくつも組み合わせたような、複雑な形をした窪地状のコースで行われるパーク競技。

引用元:https://tokyo2020.org/jp/games/sport/olympic/skateboarding/

急で高さのある傾斜のあるコースを利用したエアートリックがパークの一番の見どころになります。

この競技もトリックの難易度、完成度、スピードに加え、全体の流れやダイナミックさ、安定感、浮遊感などを総合的に採点されます。ストリートとはまた違ったすごさやカッコよさ、アクロバティックな雰囲気が楽しめます。

持ち時間45秒でコースを自由に滑れます。3回のチャンスがあり、その最高得点で勝敗を決める仕組みです。

採点基準

 

View this post on Instagram

 

Element Skateboardsさん(@elementskateboards)がシェアした投稿

では、スケートボードのルールや採点基準はどのようになっているのでしょうか。「ストリート」と「パーク」では、競技方法は少し違いますが採点されるところはほぼ同じと考えていいと思います。

採点ポイントは次の通りです。

難易度

  • 技の難易度
  • 障害物の難易度

滑り

  • 滑りそのものの質
  • 滑りの滑らかさや美しさ、力強さなど
  • 速度
  • ジャンプの高さ、飛距離
  • 着地の美しさ

コースの使用方法

  • トリックの種類(たくさんのトリックを決めるよりもトリックの難易度やその仕上がりのほうが重視される)
  • コース取りの種類
  • 技と技のつなぎの滑らかさ

難易度だけではなく美しさも重要

このような採点基準になっているようです。ただ難易度を上げればいいというわけでなく、美しさや仕上がりも重視されるのですね。体操やフィギュアスケートなどと共通する部分も多いように思います。

加えて、一回勝負ではないので、試技によって滑りや技のバリエーションを持たせるなど多彩なスケーティングを披露する、といったように審査員が多くの項目を点数化して総合的に順位が決まることになります。

出場資格

 

View this post on Instagram

 

Real Skateboardsさん(@realskateboards)がシェアした投稿


では、この東京オリンピックに出場するにはどんな条件をクリアする必要があるのでしょうか。

出場枠は男女各20名ずつ

まだ日本代表の選出方法は最終確定していないようですが、ワールドスケート連盟が昨年発表した東京オリンピックの選考基準によると、全体で各種目、男女とも20名ずつしか出場枠がありません

具体的な選考基準をチェックしてみます。

選考基準

  1. 世界選手権(2019年6月30日~7月14日)で3位以内
  2. 2020年5月31日での世界ランキング16位以内(ただし5大陸で各1名は必ず出場可能)
  3. 開催国枠(世界ランキングで各種目ごとに上位1名は出場可能)

引用元:http://jrsf.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2018/07/%E3%80%90%E5%8F%82%E8%80%83%E5%92%8C%E8%A8%B3%E3%80%91Qualification-SystemTokyo2020-SKBVer.3.pdf

この中で③の開催国枠が一番気になりますが、このまま読むと、日本は各種目最低でも男女2名ずつ計4名は出場できることになります。①②で出場権を獲得した日本人がいれば、国内枠と合わせて最大3名ずつ出場ができるようです。

それでは、東京2020まで、まだ1年以上ありますが、日本人でオリンピック出場を目指している有力、注目選手を紹介しましょう。

「ストリート」男子

堀米雄斗(ほりごめゆうと)

 

View this post on Instagram

 

堀米雄斗さん(@yutohorigome)がシェアした投稿

  • 1999年1月7日生まれ 20歳
  • 東京都江東区出身
  • 身長170cm 45kg

引用元:http://www.ajsa.jp/pro/2018pro/2018pro_index.html

堀米雄斗選手はメダルの可能性も十分の若きエース。世界最高峰の大会であるSLS(ストリートリーグスケートボーディング)で2018年5月に初優勝し、その後世界の強豪を相手に見事3連勝を飾りました。もちろん日本人としては初の快挙です。

堀米選手は6歳で父親の影響でスケートボードを始め、8歳でハーフパイプに挑戦したそうです。
高校生だった2014年、2015年には2年連続で日本一に輝いた実力派。日本男子選手の中では出場権どころかメダルにも近い存在といえるのではないでしょうか。

「ストリート」女子

西村碧莉(にしむらあおり)

 

View this post on Instagram

 

Aori Nishimuraさん(@aori_nishimura)がシェアした投稿

  • 2001年7月31日生まれ 18歳
  • 東京都江戸川区出身
  • 身長158cm

引用元:https://imgjapan.com/athlete/aorinishimura/

若干15歳でXGAMEに初優勝するなど若くからプロスケーターとして活躍し、日本選手権初代女王、また2019年1月にの世界選手権でも優勝したのが西村碧莉選手です。金メダルも十分期待できる「ストリート」女子のエースです。

東京オリンピックに向けて世界ランキングの対象得点となる初めての大会で優勝し、一歩リードしました。美人三姉妹と評判の末っ子で姉二人もスケードボーダーだそうです。オリンピックに出場すればアイドル的人気になるかもしれませんね。

「パーク」男子

笹岡健介(ささおかけんすけ)

 

View this post on Instagram

 

kensuke_sasaokaさん(@_ken13suke_)がシェアした投稿

  • 1999年3月13日 19歳
  • 岐阜県岐阜市出身
  • 身長 152㎝ 52㎏

引用元:http://www.ajsa.jp/pro/2018pro/2018pro_index.html

日本スケボー界は最も「パーク」の選手層が厚く、それゆえに激戦が繰り広げられる種目でもあります。その中で数多のライバルを抑え、2018年に日本選手権を制したのが笹岡健介選手でした。

同年のアジア大会も優勝しアジア王者に。近年開花したホープ的存在ですが、これから2020年のオリンピックに向けてさらに実力をつけ、大きく羽ばたいてくれることが期待されます。

ただ2017年、18年のVans Park Series(アジア大会)では3位までを日本人が独占していることからもわかるように層の厚い「パーク」の日本代表争いは熾烈なものになることは確実。

笹岡選手の五輪代表入りはまだ楽観できない状況です。

「パーク」女子

四十住さくら(よそずみさくら)

 

View this post on Instagram

 

四十住 さくらさん(@sakura_yosozumi)がシェアした投稿

  • 2002年3月15日生まれ
  • 和歌山県岩出市出身
  • 身長159cm 52kg

引用元:https://www.joc.or.jp/games/asia/2018/japan/rollersports/team/yosozumisakura.html

16歳ながら女子スケボー界屈指の注目選手が四十住さくら選手です。東京オリンピック時でもまだ18歳ということになりますね。

中学生時代からトップレベルのスケートボーダーでしたが、2018年の日本選手権、世界選手権で優勝を飾り、自他とも認める東京オリンピックのメダル候補に躍り出ました。四十住さくら選手はテクニックはもちろん、大きな大会でもほとんど緊張しないというメンタルの強さも大きな武器になっています。

その他注目選手

ここまで「ストリート」「パーク」競技での注目選手、メダル候補をご紹介しましたがこのほかにも有力、注目選手がたくさんいます。

なお現在国内では、「ストリート」「パーク」とも数名が強化選手に指定されており、これら選手の中から先ほど説明した出場資格を満たすことで日本代表が選ばれることになりそうです。

それでは先ほどの4名以外に強化指定選手の中から私の注目選手、期待したい選手をご紹介します

池慧野巨(いけけやき)

難しい字ですが、池選手の名前は慧野巨(けやき)と読みます。「ストリート」の注目選手です。

まだ10代の若い選手ですが2018年の第二回日本選手権を優勝し、オリンピックが現実味を帯びてきました。

しかし池選手はオリンピック目当てにスケボーを始めたわけではないと話しています。オリンピックは眼中にないとでもいいましょうか、むしろ自分の進む道の中にオリンピックが寄ってきたという強気の発言も今どきの若者らしい日本のスケボー界期待の選手です。

中村貴咲(なかむらきさ)

 

View this post on Instagram

 

Kisa Nakamura 中村貴咲さん(@kisanakamuraa)がシェアした投稿


関西の期待を背負って立つ神戸出身の中村選手は、父親がサーファーだったためサーフィンの練習の一環でスケートボードを始めたそうです。

「パーク」でのメダル獲得も期待されるトップ選手といえるのがこの中村選手。中学生のころから全国トップレベルの大会でも優勝を重ね、国内敵なしといわれてきた存在です。

その後世界へ活躍の場を広げ、初めて出場した世界大会で準優勝。2016年にはXGAMEでアジア人として初優勝した輝かしい戦歴をもっています。ちょうど20歳で迎える東京オリンピックでさらに大きな花を咲かせてくれることを期待したいですね。

平野歩夢(ひらのあゆむ)

 

View this post on Instagram

 

AYUMU HIRANOさん(@ayumuhirano1129)がシェアした投稿


最後にご紹介するのはご存知の方も多いと思われる平野歩夢選手。スケートボードの代表争いに波乱を巻き起こしそうな存在です。

冬季オリンピックのスノーボード男子ハーフパイプで2大会連続の銀メダルを獲得した平野選手ですが、平野選手とメダルを争ったスノーボード男子ハーフパイプ無敵の王者アメリカのショーン・ホワイト選手も出場意向を示しているという報道もあり、平野選手の2020東京オリンピックへの出場に注目が集まっています。

平野選手は「パーク」競技の出場を目指して、強化候補選手の選考対象となる3月の日本オープン・パーク大会(神奈川県藤沢市)に出場意向とのこと。

しかし前述した出場資格を得るためには、今後世界トップレベルの大会に出てランキングを上げていかないといけないわけで個人的にはそんなに簡単なことではないように思えます。

平野選手は4歳のころからスケボーを始めて、スノボと似ている部分が多いと発言していますが、ただでさえ層の厚い今の日本の「パーク」でどこまで食い込めるのかが気になるところです。

まとめ

 

View this post on Instagram

 

Plan Bさん(@planbofficial)がシェアした投稿

東京から新種目となるスケートボード競技について、期待の注目選手を中心にご紹介しましたがいかがでしたか?

まだ日本においてスケートボードは若者のスポーツというイメージが強く、国民全体に知れ渡っているとはいい難いかもしれませんが、海外、とくにアメリカでは数億円を稼ぐプロもいるなどとても人気のスポーツです。

そんな中で日本選手も表彰台を賑わすレベルの高さを見せてくれています。2020年東京オリンピックが今から楽しみですね。

これから代表に選ばれるための過酷な選考レースが続きますが、スケートボード一つ間違えば大ケガをする危険なスポーツでもあります。選手たちにはケガなく最大限実力を発揮してほしいですね。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP