【オリンピック/レスリング】メダルが期待される日本選手を特集!女子選手は若手が台頭!伊調馨の5連覇を阻むのは日本人?

 

東京オリンピックまであと1年。日本代表の座をかけた熾烈な争いは既に始まっています。

今回は数ある競技の中でも、強豪ひしめき合うレスリングの女子選手に注目。メダル獲得が期待される選手たちについて紹介していきます。

日本レスリングの強さ

これまでのオリンピックの成績を見てみると、日本のレスリングがいかに強いかということが一目でわかります。

2004年のアテネオリンピックからこれまで4大会連続で複数のメダリストを輩出しているだけでなく、なんと毎大会金メダルを獲得しているのです。

不動の女王・吉田沙保里選手

最強の日本レスリング界を牽引してきたのが吉田沙保里選手。過去には世界大会で前人未到の206連勝を記録した経験を持ち、その強さから「霊長類最強女子」とも称されました。

オリンピックでもその強さを遺憾無く発揮し、2004年のアテネオリンピックから3大会連続で金メダルを獲得しています。

オリンピック4連覇を目指した2016年のリオデジャネイロ大会では惜しくも金メダルには届かなかったものの、銀メダルは死守し世界の強豪がひしめく大舞台で4大会連続の表彰台へのぼりました。

コーチとして選手をバックアップ

2020年の東京オリンピックでもメダル候補の筆頭格として期待されていましたが、2019年に現役を引退することを表明。

2016年からは選手兼任コーチとして選手の育成にも力を入れており、東京オリンピックにおいてもコーチとして選手をバックアップする活躍が期待されています。

大会5連覇を狙う伊調馨選手

吉田沙保里選手は引退してしまいましたが、日本には世界で戦える選手が数多く揃っています。中でも伊調馨選手の戦いぶりからは目が離せません。

2004年のアテネオリンピックで金メダルに輝くと、続く北京オリンピック、ロンドンオリンピックでも世界の頂点に立ちました。そして、2016年のリオデジャネイロ大会でも金メダルを獲得し、史上初のオリンピック4連覇を成し遂げています。

以上のことからも分かるように、その実力は誰もが認めるところです。

2年のブランクを経て再び勝負の世界へ

その強さから大会5連覇に大きな期待を寄せられていましたが、2016年のオリンピック後は現役を続けていくことに対して明言を避けていました。また、パワハラ問題なども重なったことで約2年間もの間マットを離れることに……。

それでも、2年2ヶ月ぶりの実戦となった2018年のレスリング全日本女子オープン選手権では、初戦をわずか38秒で制し、続く2戦目、3戦目も危なげない戦いぶりで勝利。ブランクを全く感じさせずレスリング女王の貫禄を見せつけ、優勝を果たしました。

オリンピック5連覇へ向けて

昨年末に行われた天皇杯全日本選手権の決勝では、リオデジャネイロオリンピックにおいて63キロ級で金メダルに輝いた川井梨紗子選手とのメダリスト対決を見事に制し優勝。

オリンピックに向けて順調に調子を上げてきており、史上初の大会5連覇へ視界は良好となっています。

伊調馨選手を追い詰めた、川井梨紗子選手の逆転はあるのか

前述の天皇杯全日本選手権で伊調選手をギリギリまで追い詰めた川井梨紗子選手にも注目が集まっています。

前述した通り、川井選手は2016年のリオデジャネイロオリンピック・63キロ級で金メダルを獲得。東京オリンピックでは、強豪伊調選手が控える57キロ級でのオリンピック出場を目指しています。

妹・川井友香子選手と夢の舞台へ

川井選手が大舞台で結果を残した63キロ級ではなく、57キロ級でオリンピックを目指すのには理由があります。その理由は妹・川井友香子選手と共に、オリンピック出場を果たしたいという夢があるからです。

妹の川井友香子選手は62キロ級でオリンピックを目指しており、天皇杯全日本選手権でも優勝を果たしています。

姉妹でオリンピックを目指すため、川井選手は「57キロ級」で勝負することに決めました。その選択にはきっと、3歳年下の川井友香子選手が無理な減量を強いられることがないようにという、姉としての優しさもあったのでしょう。

伊調馨選手に初勝利

先述したように57キロ級には、史上初のオリンピック5連覇を狙う伊調選手が控えています。川井選手にとって、メダル獲得への道はかなり険しいものになるでしょう。現に、昨年行われた天皇杯全日本選手権までの伊調選手との対戦成績は3戦3敗と、分が悪いものでした。

それでも、4度目の対戦となった天皇杯全日本選手権の予選においては2ー1で初の勝利。伊調選手は休養期間が長く本調子ではなかったとはいえ、この1勝は大きな価値のある勝利となりました。

試練を乗り越えオリンピックの切符を掴み取れるのか

決勝戦の対戦相手は予選で勝利を納めた伊調選手。ここでも試合を有利に進め、終盤まで2ー1とリードを奪う展開に持ち込みます。

試合時間も残り10秒に迫り勝利を手中に収めたかに思われましたが、ここで痛恨のタックルを決められてしまい2点を奪われ悔しい敗戦を喫してしまいます。試合終了間際での大逆転劇に、試合直後は悔しさを隠しきることができませんでした。

しかし、敗れはしたもののこれまで歯が立たなかった相手に善戦を見せ、地力がついていることはしっかりとアピールしています。本番まであと1年、さらなる成長を見せることができるのか。川井選手の戦いぶりから目が離せません。

登坂絵莉選手の復活はあるのか

復活に期待したいのが、2016年のリオデジャネイロオリンピックにおいて48キロ級の頂点に立った登坂絵莉選手。オリンピックをはじめ、世界選手権やワールドカップでも優勝経験を持つ実力者です。

怪我に苦しんだ2017年

2016年のオリンピック以降、登坂選手は怪我に泣かされる苦しいシーズンが続いています。

2017年1月には内視鏡の手術を受け、治療に専念。6月の全日本選手権での復帰を目指していましたが、回復が間に合わず出場を辞退しました。

この大会は世界選手権への代表選考も兼ねた重要な大会となっていましたが、無念の辞退となり戦わずして世界選手権4連覇の夢が潰えることとなってしまいます。

無念の途中棄権

さらに、同年10月には練習中に左と左足首靱帯を損傷するアクシデントにも見舞われてしまいます。

状態が思わしくないまま強行出場した12月の全日本選手権では準々決勝で勝利を挙げたものの、怪我の再発を監督から懸念され無念の棄権となるなど、リズムに乗り切れないまま1年が終わってしまいました。そうして年末に再び手術を受け、再起を目指しています。

オリンピックに向けて勝負の1年

迎えた2018年も思うように調子を上げることができず、6月のレスリング全日本選抜選手権では準決勝で敗退し代表の座を逃してしまいます。

年末の天皇杯全日本選手権では3位の成績を残したものの、登坂絵莉選手の実力を考えると物りない結果に……。

過去の実績を見ても世界で戦える実力を秘めていることは間違いありません。本来の実力を取り戻し、再び日本の、そして世界の頂点に立つことができるのか要注目です。

若手の成長株・須崎優衣選手

強豪ひしめく女子レスリング界において、若くして頭角を現したのが須崎優衣選手です。

東京オリンピックで21歳を迎える若手選手でありながら、これまでに残してきた実績は華々しく、日本代表候補の1人として注目されています。

小学5年生でオリンピックを意識

須崎選手はレスリング部に所属していた父の影響で、小学1年生からレスリングを始めました。その才能はすぐに開花し、レスリングを始めてからわずか2年で小学生チャンピオンに輝きます。

小学5年生の時に全国少年少女選手権を制したことでオリンピックでの活躍を真剣に視野に入れるようになり、中学2年生でオリンピック選手の養成機関JOCエリートアカデミーに入校。東京オリンピックの強化選手に選ばれるなど、着実に力をつけています。

世界でも戦える選手に成長

中学生時代には出場した全ての試合に勝利し、脅威の無敗記録を打ち立てました。国際大会も含めて連勝記録を83にまで伸ばしたように、その強さは国内のみならず世界でも通用するものとなっていきます。

ここまで順調に成績を上げ、FILA世界ランキングは堂々の1位。東京オリンピックでも活躍が期待される選手へと成長しました。

勝負の1年を前にまさかのアクシデント

順風満帆なレスリング人生を歩んでいた須崎選手ですが、2018年11月の強化合宿中に左を負傷するアクシデントに見舞われてしまいます。

12月末に開催された天皇杯全日本選手権に出場するべく、懸命にリハビリに取り組んでいましたが状態が回復せず、大会は棄権することとなりました。

世界ランキング1位が示す通り実力は誰もが認めるところで、代表選考会も兼ねた2019年6月の全日本選抜選手権に向けてどこまでコンデションを整えられるのかが鍵となります。

順調度ナンバー1の入江ゆき選手

怪我やブランクのある選手が多い中で、ここまで順調に調整を続けているのが入江ゆき選手です。

2018年に行われた天皇杯全日本選手権では、2016年リオデジャネイロオリンピックで金メダルに輝いた登坂選手を準決勝で下し、勢いそのままに50キロ級で2連覇を果たしています。

実績は十分もライバルの壁は厚い

これまでも入江選手は華々しい成績を残してきました。高校時代にインターハイを2連覇、大学時代には全日本学生選手権を4連覇、自衛隊体育学校に所属となってからもアジア選手権優勝、全日本選手権優勝と申し分のない戦いぶりを見せています。

ただ、入江選手と同じ階級にはオリンピック金メダリストの登坂選手も控えており、「世界で勝つより日本で勝つのが難しい」と言われる大激戦区となっています。

2018年は宿敵登坂選手に勝利を収めたものの、過去には決勝戦で幾度となく敗戦を喫した経験もあるだけに気が抜けない戦いが続きます。

須崎選手も台頭しさらに混戦を極める

入江選手が倒さなければならないのは、登坂選手だけではありません。先ほど紹介した若手のホープ須崎選手も、同階級に所属しているのです。

相手が強敵なのは確かですが、入江選手は須崎選手と決して相性が悪いわけでありません。敗戦を喫した経験はあるものの、無双状態の須崎選手を過去何度も倒してきたのが他ならぬ入江選手でした。

2015年の全日本選手権では10ー0と完勝で須崎選手の連勝記録を83でストップさせると、2017年の全日本選手権では再び連勝街道を走っていた須崎選手に勝利し連勝記録を63でストップさせています。

激戦区50キロ級の頂点に立てるか

2018年の天皇杯全日本選手権では須崎選手が怪我で棄権し、ライバルとの対戦は叶いませんでした。

優勝は果たしたものの、須崎選手は不在、登坂選手も順調さを欠いていた状態なだけに、2人が調子を上げてくれば強力なライバルとなるのは必至です。

三つ巴の混戦を制し、オリンピックへの切符をつかむことができるのか。その戦いぶりに注目が集まります。

まとめ

吉田沙保里選手が引退した今、日本の女子レスリングを牽引していくのは誰になるのか。そして、伊調馨選手の大会5連覇を阻止する若手選手は現れるのか。

東京オリンピックの女子レスリングではぜひ、日本人選手同士の戦いにも注目してみてください。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP