【オリンピック/ラグビー】五輪で活躍する選手を予想!マイナーな7人制が採用された理由とは?15人制とのルールの違いも紹介

 

ラグビーの時代が確実にやって来ています!

https://twitter.com/kokonsspp/status/645506875450982401?s=20

日本代表が強豪・南アフリカ共和国代表に劇的勝利し、世界中が熱狂に包まれた「ブライトンの奇跡」。

2015年にイングランドで開催されたあのW杯以来、ラグビーに関する話題は日本国内でも大きく取り上げられるようになりました。

五輪のラグビーは15人制ではなく7人制のもので、通称「セブンズ」と呼ばれているものです。

まだまだ歴史は浅い「セブンズ」

「セブンズ」は前回大会のリオ五輪から競技として採用されており、五輪としての歴史はまだまだ始まったばかり。

次の東京五輪は第2回王者を決める戦いということで、世界的に注目度も抜群であること間違い無しです。

この記事では、東京五輪で活躍するであろう選手を男女3人ずつ独自予想し、紹介させていただきます!

男子の注目3選手!

まずは男子の注目選手から紹介いたします。

日本選手を2名、海外選手を1名ピックアップしてみました。

男子の注目選手① 日本のトライゲッター、小澤大

1人目は小澤大(おざわだい)選手です。

https://twitter.com/Tokyo2020jp/status/984719794048937984?s=20

今の男子日本セブンズには欠かせない絶対的エースとして君臨しているのが彼。

FWとして走り、ボールを蹴るだけではなく、DFとしてタックルもこなすオールラウンドプレーヤーです。

2019年「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2018-2019 第4戦 オーストラリア大会」のトンガ戦でもトライを決めました。

そしてこの1トライ目がセブンズシリーズの通算100得点目となりました。

爆発的な得点力を秘めている彼のプレーは東京五輪でも際立つことでしょう!

小澤の費やす時間と目指すところ~7人制専任契約で一点集中~

彼はトップリーグトヨタ自動車ヴェルブリッツWTB(ウィングスリークォーターバック)としてもプレーをしています。

しかしリオ五輪の際は代表として選出されながらもスタメン外となりました。

この悔しさから、15人制ではなく7人制を優先していくことになります。

そして鶴ケ崎好昭選手以来史上2人目となる「7人制専任契約選手」となり、年間約200日を7人制に費やせるようになりました。

男子の注目選手② 確かな実績と深い経験値、副島亀里ララボウラティアナラ

2人目は「ギャム」の愛称で親しまれる、フィジー出身の副島亀里(そえじまかめり)ララボウラティアナラ選手です。

リオ五輪では日本代表チームセブンズ最年長として、また同時に唯一のクラブチーム所属選出として出場しました。

優勝候補といわれたニュージーランドに日本は大逆転勝利をしますが、その逆転のきっかけとなるトライを決めています。

2014年から様々なセブンズシリーズで日本代表として選ばれており、その経験値は誰よりも豊富でしょう。

恐るべし副島~衰えることを知らぬ心身~

2019年現在もキャプテンとしてセブンズ日本代表を牽引しています。

3月にはDHLインパクトプレイヤートラッカーの位に立ったこともあり、タフさだけでなくその加速力も評価されています。

試合後の結果詳細をみるとトライを決めた選手名には、「小澤」と「副島」が並んでいることもしばしば。

2020年は彼のリーダーシップに期待しましょう

男子の注目選手③ オセア・コリニサウ(フィジー)

記念すべき第1回男子「セブンズ」五輪王者は、準決勝で日本を破ったフィジー。

そのフィジーのキャプテンであるオセア・コリニサウ(Osea Kolinisau)選手は東京五輪でも大活躍の予感です。

実際にオセア選手は、リオ五輪で歴史に名を残す伝説をつくりました。

大舞台は最初から最後までオセア劇場

フィジーの決勝の相手は「セブンズ」最強クラスに君臨するイギリス。

この試合で最初のトライ(5ー0)を決め、ゲームを激しく動かし始めたのがオセア選手でした。

一時イギリスに逆転(5ー7)された後、再度ジェリー・ツワイ選手のトライで逆転(10ー7)。

最後にGK(12ー7)を決め、とどめを刺したのがオセア選手!

最高の舞台のゲームにおいて、最初から最後まで圧倒的ともいえる輝きを放ったのでした。

オセアがフィジーを導いた

フィジーはこれまでに金メダルはおろか、1個のメダルすら獲得したことがありませんでした。

リオ五輪開会式において、フィジーの旗手も務めた国民的英雄のオセア選手。

日本でいう第2回WBC(World Baseball Classic)のイチロー選手のような存在ということになりますね。

連覇を狙う東京五輪ではどのようなドラマを繰り広げてくれるのでしょうか。

彼が代表として選ばれるかどうかは定かではございませんが、ぜひとも注目してみてください。

女子の注目3選手!

続きまして、女子の素晴らしい選手を3人紹介いたしましょう。

こちらも日本人選手を2人紹介した後、外国人選手を1人紹介させていただきます!

女子の注目選手① 中村知春

女子セブンズ日本代表を語る上で欠かせない選手がキャプテンの中村知春選手

小学校から大学時代までバスケ一筋だった彼女は、現在はチーム最年長。

どの選手よりも女子日本代表の現状を把握している選手でしょう。

キャプテンとして、最高の「日本女子セブンズ」の理解者として

まず2013年の7人制W杯にキャプテンとして出場し、4戦全敗という実力差を思い知ります。

次のリオ五輪でもキャプテンとして出場し、1勝4敗という結果に悔しさをにじませました。

これらの結果をふまえて食事療法などの具体的な改善案や、個々の強化の必要性を説くなど、チームの要となっています。

今の女子日本代表の立ち位置や、チームの現状を知りたいときは彼女の発言がキーとなることでしょう。

女子の注目選手② 大竹風美子

筆者が最も注目している日本代表女子選手が、大竹風美子(おおたけふみこ)選手

ラグビーの強豪、日体大に進学直後はラグビー歴0年だったにも関わらず日本代表の強化合宿に招集(2017年)。

中村知春キャプテンをはじめ、指導者の間でも潜在能力を高く評価されました。

衝撃、警戒、そして復活

代表デビューの相手は、最強ともいわれるニュージーランド代表との一戦。

ここで彼女は衝撃的なスタートを飾ります。

ステップで3人をかわして約80mを独走し、トライを決めたのです!

その後のイングランド戦の大金星にも貢献したのですが、さすがにこれで世界からのマークが厳しくなってしまいました。

一時期は思うようなプレーができず、不調と噂されるようにも…。

しかしながら、ようやく復調の兆しが見えてきた大竹選手。

ラグビー版「大坂なおみ」ともいえる可愛らしさと実力を兼ね備えた東京五輪のホープでございます。

ちなみに、父はナイジェリア人、母は日本人のようです。

ラグビーは「歴」ではない?

高校まではラグビーとは無縁で陸上一筋だった彼女。

中学時代は東京都大会の短距離といえば、男子はサニブラウン、女子は大竹といわれていたほどです。

高校時代は7種競技でインターハイ入賞もしています。彼女のボディバランスはここからきているのかもしれません。

そんな彼女がラグビーを始めたきっかけというのは、本当に偶然でした。

高校3年の春のこと、体育でバスケの授業があったようです。

しかし彼女はバスケのルールをまったく知らず、パスを受け取った直後、ゴール目掛けて走り出してしまいました。

これをみたラグビー部の顧問に「ラグビーをやってみないか?」と言われたのがきっかけのようです。

彼女が通っていた東京高は陸上だけでなくラグビーも名門でした。

人生は何が起きるか分からないということを思い知らされるワンシーンですね。

女子の注目選手③ ミカエラ・ブライド(ニュージーランド)

Black Ferns(ブラックファーンズ)の愛称で崇められ、同時に恐れられるラグビー女子ニュージーランド代表。

ワールドラグビー女子セブンズシリーズにおいても圧倒的な優勝回数を誇っています。

リオ五輪ではオーストラリアに敗れ準優勝となった当時のニュージーランドにはいなかった選手が東京にやって来ます。

それが1995年生まれの若手ミカエラ・ブライド選手です。

セブンズ女子の女王(世界最優秀選手)

とてつもないスタミナと瞬で、次々と、かつ楽々とトライを決めていき、相手の得点差を突き放します。

5ラウンドで37トライを記録するなど、常人には考えられないペースで得点を重ねていく彼女。

HSBC協賛ワールドラグビー最優秀女子セブンズ選手賞を、史上初の2年連続で受賞しました。

女子セブンズ界のクリロナやメッシと例えても過言ではないことでしょう。

ニュージーランドには、絶対に止められない選手がいるのです。

オマケ:よく話題になるあの選手は?

今回女子の注目選手には、「かわいすぎる」と話題になることもあるあの日本女子セブンズ選手をピックアップしていません。

それが桑井亜乃(くわいあの)選手

男子であれば五郎丸選手、女子であれば桑井選手がネット上では美男美女としてヒットします。

現在は代表メンバーとして招集されていませんが、応援には行っているようです。

代表復帰に期待したいところですね!

15人制ではなく7人制である理由は?

さて、2019年にも開催されるラグビーW杯など、一般的な「ラグビー」といわれれば15人制の印象がありませんか?

それにも関わらず五輪では7人制が採用されました。

理由は様々あるといわれていますが、その中のいくつかを15人制のルールと異なる点とあわせてご紹介いたしましょう。

コンパクトな運営

第一に「コンパクトさ」。特に「時間」に関しては15人制と大きく異なります。

15人制は40分ハーフの80分でハーフタイムが15分程度とかなり時間がかかります。

五輪では様々なスポーツが開催されますので、このルールだと五輪開催期間中に全試合が消化できません。

一方で7人制は7分ハーフの14分でハーフタイムが2分とコンパクトにまとめられています。

もちろん、時間が短い分シンビン(イエローカード)も2分(15人制は10分)と短縮されています。

円滑に試合を進められるということは五輪にとって大きな魅力となるわけですね。

誰もが楽しめる

第二に「躍動感」。15人制は8人のスクラムなのに対して、7人制は3人です。

「動かない緊張感ある試合」ではなく、むしろ「ボールを持って走る躍動感ある試合」となる可能性が高いということですね。

また、15人制と同じ大きさのフィールドで7人ずつの選手が対決するわけですから、密集プレイが減ってタックルよりステップが目立ちます。

怪我が少ないというメリットもあり、大番狂わせも起こりやすいゲーム形式なのが7人制の醍醐味。

スター選手も目立ち、初心者でも何が起こっているのかがより理解しやすいので気軽に観戦できます。

これらからも分かるように、サッカーとフットサルが違うのと同じで、15人制と7人制とではまったく異なる競技になるのです。

華やかさ

第三に「エンターテイメント性」

静かに観戦する15人制とは異なり、試合中には音楽が鳴り、ファンやサポーターの衣装も華やか!

スポーツの祭典」ともいわれる五輪にピッタリな雰囲気が、威厳を保ちながらもスタジアム全体として出るのです。

頑張れ、ニッポン!盛り上がれ、ラグビー!

いかがだったでしょうか?

リオ五輪では4位という素晴らしい結果を残した男子日本代表、そして着実に力をつけている女子日本代表。

東京五輪ではホームの歓声をバックに受けて、さらなる活躍を期待したいですね!

この記事によって、少しでも7人制ラグビーに対する理解やドキドキ感を味わっていただけましたら光栄でございます。

最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

まだデータがありません。

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP