【オリンピックスポーツクライミング】出場が期待される注目選手まとめ!気になる3種目の特徴、ルール解説もあります

 

あなたはスポーツクライミングを知っていますか?

最近では、誰でも気軽に楽しめるボルダリングができる施設ができたり、公園の遊具で子供たちが遊べるようなちょっとしたボルダリング風の壁があったり、カラフルなその見た目はSNSを中心に話題になっています。

今回は、新たにオリンピック種目に仲間入りを果たし、競技として競うスポーツクライミングについて解説します。

オリンピック種目になったスポーツクライミングって?

馴染みのないあなたに、どういった競技なのか分かりやすくお伝えします。

スポーツクライミングの歴史

フリークライミングが時代とともに進化していく中で、純粋にそのスポーツ性を強調したものがスポーツクライミングです。

スポーツクライミングは自然の岩場での冒険的な挑戦にそのルーツを持ちますが、身体的な可能性を追求していく過程で愛好者が増え、「競技としてのスポーツクライミング」が確立されました。

引用:https://www.jma-climbing.org/rule/

カラフルな色の壁面を登るその様子は、見た目も相まって最近では男女性別を問わず人気のスポーツです。

じわじわと注目を集め全国に楽しめる施設も多くなってきました。

スポーツクライミングでは、この「ボルダリング」に加え「リードクライミング」「スピードクライミング」とそれぞれ特徴の違ったクライミングの3種目を競います。

オリンピックの新種目として取り入れられたスポーツクライミングですが、最初に世界大会が開催されたのは1991年。

歴代のオリンピック競技の中でも新しく、オリンピックの種目になったことから人気の加速ぶりが分かりますよね。

オリンピックで競うスポーツクライミング3種目の特徴は?

ボルダリング、リードクライミング、スピードクライミング異なる3種目の特徴をチェックしましょう。

同じスポーツクライミングでも各種目の見どころは全然違います。

与えられた課題を分析し、トライする「ボルダリング」

オリンピックのスポーツクライミング1つ目はボルダリングです。

ボルダリングはタイムリミット4~5分間で5メートルほどの壁に設置されたボルダー(丸石)を登ります。

トップホールド(ゴール)に両手を触れかつ、しっかりとバランスを取り安定した体勢を取った時点でポイント獲得となります。

この限られた時間の中、いかに冷静に最大で12ルートある壁面を登るか。

最も効率の良いルートを分析⇒トライしてトップホールドに到達できるかが見所なのがボルダリングです。

賢く立ち回り、高見を目指す「リードクライミング」

登り切った高さを競います。

焦点は1コース1トライの一度っきりのチャンスといった緊張の中で、「一手試すごとすり減る体力」をも計算し立ち回るか。

イメージ的には冒頭で触れた「フリークライミング」に最も近いのが「リードクライミング」です。

壁面のスプリンター「スピードクライミング」

ゴールタイムを競うスポーツとしては、オリンピック史上もっとも短距離になる「スピードクライミング」

10~15メートルになる壁面を1対1でゴールタイムを競うこの競技、スポーツクライミングで唯一の対戦相手と同じ場所、同じタイミングでスタートする緊張感、そして疲労と1つのミスで落ちてしまえばゴールが出来ない緊張感が見所です。

オリンピックで行わるスポーツクライミングのルールと用語

オリンピックでも行われるスポーツクライミング3種目ルール説明用語を解説していきます。

ボルダリング

ボルダリングは高さ5メートル以下程度の壁で、最大12手程度の複数のボルダーを対象にいくつ登ることができたかを競う種目です。

選手は安全器具等を装着しませんが、地面には落下時の衝撃を吸収するマットが敷かれています。

ボルダーは定められたスタート位置から始めて、トップホールドを両手で触り安定した姿勢を取ると完登とみなされます。

引用:https://www.jma-climbing.org/rule/bouldering

予選から決勝まで3ラウンド方式、予選は5分間、準決勝からは4分間の競技時間です。

この他のリード、スピードと異なり制限時間内であれば何度トライしても良いルール。

1ラウンドの間に4本の壁(課題)を順番にこなします。

4本を1ラウンドとするので、相性の悪いボルダーや次のボルダーへ向け体力を温存する戦略的撤退もOKです。

ボルダリングに限らず、スポーツクライミングの競技ではオブザベーション、戦い方を考える大事な分析時間があります。

このボルダリングのみ5分間の競技時間の中で組み込まれ、タイムテーブルの使い方も実力が試されます。

決勝のみ、事前に選手全員で2分間のオブザベーションが設けられます。

しかし、フェアな状態を作るため他の選手がどのように攻略したか競技の様子はみることが出来ません。

獲得ポイントが、最も高いものがそのラウンドの勝者となります。

リードクライミング

スポーツクライミング競技の中で最も古い歴史を持つのがリード種目です。

ロープで安全が確保された競技者が十数メートルの壁に設定されたコースを登り、その到達高度を競う競技です。

引用:https://www.jma-climbing.org/rule/lead

ラウンド方式はボルダリングと同じですが、リードクライミングは2コース各1回のトライ、決勝戦では1コースを登ります。

選手はハーネス(安全帯)をつけ支点確保の上、競技は6分間行います。

また試合前に、決勝ではオブザベーションの時間があり、予選では課題攻略のデモビデオをみる時間があります。

試合が始まれば、その時間で分析したプランで試合を展開しなければなりません。

さらに、試合中に起こる様々なトラブルにも対応することが重要で、ミスをして落ちてしまえばラウンドが終了します。

ワンチャンス、ワントライがリードクライミングの特徴とも言えるでしょう。

最終的に、その獲得したポイント(高度)が最も高い選手が勝利となります。

スピードクライミング

いかにはやく駆け上がることができるか。

スピードクライミングはそのためにトレーニングを積み重ね、コンマ数秒を競い合うスプリント競技です。

引用:https://www.jma-climbing.org/rule/lead

リードと同じく、ハーネス着用ですが支点はゴールに固定されています。

そのためスピードクライミングではカラビナを使って支点を新たに確保する必要がありません。

そして、ボルダーの配置決まっており、選手たちに要求されるのはミスなく最速でトライする事のみ。

1つの壁に対してトライできるのは1回のみ、日本最大の大会「ジャパンカップ」では予選で2つの壁、決勝では1つの壁でした。

途中で足を踏み外し、落ちてしまえばその時点でその壁で獲得できるポイントはゼロになります。

他の種目と違って10~15mのごく短距離であること、焦りからくるミスで落下して失格になる可能性あり、まさに極限のスプリント競技と言えるでしょう。

スポーツクライミングの用語解説

オブザベーション

日本語で観察の意。スポーツクライミングでは登る前にコースを見て、手順などを予測する行為を指す。

カウントバック

同じラウンドで同じ成績の競技者が出た場合の順位決定方法。スポーツクライミングの場合は1つ前のラウンドの成績が採用される。

引用:https://www.jma-climbing.org/rule/lead/rule/

世界レベルで戦うスポーツクライミング界の海外トップスターたち

オリンピックのスポーツクライミングで相手となる海外の強者たち。

いずれオリンピックに出場し、白熱のバトルを繰り広げることになるであろう注目の海外の選手たちです。

最前線を行くトップクラスの男性選手

スポーツクライミングの規模は、世界大会において出場国60か国以上

世界中から名だたるクライマーによって競われるスポーツです。

総勢で800人近い競技者の中から、最強のクライマーを決める世界大会で注目を集める海外のトップクラスの男性選手。

鍛え上げた肉体でパワフルさ、パワーだけじゃなく高精度のルート選択と判断力。

全てのバランスが高レベルで融合し、見ごたえのあるクライミングがオリンピックでも期待できます。

オリンピックの舞台で注目すべきスポーツクライミングの海外勢、男性選手をピックアップしました。

スポーツクライミング界で最強との声も多いアダム・オンドラ

もともと、自然を相手にするフリークライミングを中心としていた業界では有名なチェコ出身のアダム・オンドラ選手。

スポーツクライミングの中でも、スピードクライミングがボルダーのレイアウトが固定されているのでクライミング競技としては批判的でした。

オリンピックでは、これを含む3つの種目の合計を競うという事で参加しないとされていました。

しかし、最近になってスピードクライミングのトレーニングをはじめたと話題に。

今後の業界の発展のために緊急参戦すると話題を呼んでいます。

スポーツクライミングへの順応がポイントとなるアレックス・メゴス

アダム・オンドラ選手と同じくプロのフリークライマー。

オリンピックを盛り上げてくれそうな期待がドイツ出身のアレックス・ゴメス選手にはあります。

次々と高難易度の壁を完登してきた彼がスポーツクライミングの人工壁へ調整をしてオリンピックに参加するとなれば日本勢にとって強大な敵となるでしょう。

美しさと強さを兼ね備えた海外の女性トップ選手

スポーツクライミングは腕の力だけ強ければ勝てる競技ではありません。

完登するための緻密な計算されたルートを探る分析力や持久力、そして女性だからこその強みは、しなやかな柔軟性です。

無駄に力をいれることなく、最小限の力で最高のパフォーマンスを発揮できます。

柔軟性は難易度の高い課題をこなすボルダリングでは特に要求される部分。

スポーツクライミングでは、他の競技では珍しく女性だからこそできるメリットが多い競技です。

インスタでも人気のアメリカの美しいクライマー シエラ・ブレア・コイル選手

https://twitter.com/sierrablaircoyl/status/1104889928058454018

モデルとしても活動しているアメリカ出身のシエラ選手。

美しさだけじゃなく、アメリカ全土から強豪集まる大会でも優勝するなど才色兼備な著名選手です。

インスタグラムにも自身の練習風景などをアップし、これからも発展し続けるスポーツクライミング界の広告塔といっても良いでしょう。

神の領域に食い込んだ業界屈指の女性クライマー マーゴ・ヘイズ

アメリカの映画ミニオンズのキャラクターと同じ名前のマーゴ選手。

名前通りの可愛らしい見た目に対して、実力派のクライマーです。

女性初となる業界では「神の領域」とされる最難関のレッドポイントを達成しています。

さらにボルダリング世界選手権では1位を獲得するボルダリングにおいてはまさしく最強の女性クライマーです。

迎え撃つは強豪日本、注目すべき選手は?

スポーツクライミングの競技人口はまさしく世界規模。

初となる大舞台オリンピックで覇者となるべく海外勢に立ち向かう注目すべき日本の選手をピックアップしました。

小柄な日本人こそ活躍できる

オリンピックに限らず、様々なスポーツでネックになるのは海外の選手と日本人選手の体格差。

しかし、スポーツクライミングにおいてはこの小柄で身軽な日本人の特徴は強みに変わります。

特にボルダリングで窮屈な体制が強いられるような難易度の高い課題はメリットが大きいです。

小柄だからこそ動きの制限が少なくアプローチの仕方が増えるといったメリットがあります。

もう一つの強みは、瞬間的なパワーよりも持久力に優れていることです。

オリンピックのスポーツクライミングでは複合型により採点形式のため選手たちはボルダリング、リード、スピードと3種目の課題をこなさなくてはなりません。

この長期戦に置いて、もとよりマラソンなど持久力を競うことが得意な日本勢は有利と言えるでしょう。

楢崎 智亜 (ナラサキ トモア)

日本人のクライマーとしナンバーワンの選手をあえて考えるのであれば、楢崎選手で間違いないでしょう。

国内タイトルを連覇し、ワールドカップでも優勝に輝くなど最前線で活躍するクライマーです。

年間の獲得タイトル数でも上位ランカーとなる楢崎選手の実力は海外勢も警戒アラートがなるほど。

難易度の高いボルダリング課題では、鍛え上げられた肉体で身軽に登っていくそのフィジカルの高さから「NINJA STYLE(ニンジャ スタイル)」と言われています。

藤井 快 (フジイ ココロ)

東京のクライミングジムで講座の講師を務めスポーツクライミングを普及させる第一人者でありながら、選手としても活躍する藤井選手。

そのプレイスタイルは、「オールラウンダー」で特にボルダリングにおいては要求される様々な課題に柔軟に適応する能力の評価は高いです。

最近では、ジャパンカップ3連覇に加えボルダリングの世界大会で総合2位にランクインするなどこちらも目が離せない注目選手となっています。

緒方 良行 (オガタ ヨシユキ)

スポーツクライミングにおいて日本の課題となるのはスピードクライミング。

持久力向けの体躯が特徴の日本人にとって、短時間で瞬発力が要求されるスプリント系のスピードクライミングは難易度が高いです。

現国内の最速記録をもつ、楢崎選手に迫る記録をワールドカップで叩き出したのが緒方選手です。

練習環境が限られるスピードクライミングで、短期間にもかかわらず目覚ましい成長を遂げた緒方選手、ゲームチェンジャーとしてオリンピックに向けて大いに期待できます。

野口 啓代 (ノグチ アキヨ)

https://twitter.com/noguchi_akiyo/status/1072472626856161280

国内のクライマーとしては古参となる野口選手。

今年のジャパンカップでは、ボルダリングの最難関課題をたった一人だけ完登し優勝した実力は未だに留まることを知らないほど今後の成長の余地はまだまだあります。

オリンピックの迫る緊張感の中、ジャパンカップの結果と内容からみられる情報からコンディションは抜群でしょう。

伊藤 ふたば (イトウ フタバ)

先輩女性クライマーである野口選手の背中を追いかけ、とうとう肩を並べるまでになった驚異的な成長を遂げているのが伊藤選手

若干、16歳ながらオリンピック強化選手として注目を集めています。

伊藤選手はジャパンカップの最年少優勝記録である14歳で優勝した実力は、その可愛らしい見た目に反してアグレッシブなクライミングは必見です。

百閒は一見にしかず、実際にやってみるとオリンピックは倍楽しみになる

オリンピックに採用されるのは今回が初となるスポーツクライミング。

実際にやってみることでオリンピック観戦はずっと楽しくなります。

最近では、国内にもかなりの数のクライミングジムがぞくぞくとオープンしてきてボルダリングに関してはかなりカジュアルに趣味として楽しめるようになってきました。

おすすめクライミングスポット

各地域のおすすめクライミング施設をピックアップしてみました。

・B-PUMP 秋葉原店
藤井選手もスタッフとして勤めている東京のB-PUMP(ビーパンプ)秋葉原店。

運が良ければ、実際に選手として活躍している藤井選手みずから教えてもらうことができるかもしれません。

公式サイト⇒http://pump-climbing.com/gym/akiba/

・クライミング ジム クオーレ
名古屋市内に2店舗(イオン名古屋みなと店、中川店)を展開するクライミング ジム クオーレは、ボルダリングを中心に筋トレやダイエットを狙ったエクササイズもあるのが特徴的です。

公式サイト⇒http://climbing-cuore.com/

・ボルダリング ジム ROCA
ルートのレパートリーの豊富さは関西随一を誇るボルダリング ジム ROCA(大阪中央区)は90~160の角度様々な壁に無数のボルダーひしめき、カラフルな色合いはおしゃれで女性人気も高く、初心者から上級者までなっとくの設備となっています。

公式サイト⇒http://www.roca-gym.com/

まとめ

オリンピックの新競技として仲間入りを果たしたスポーツクライミングは、屋内でできる新しいスポーツとしてあなたの身近にできるスポーツとして楽しめると思います。

素人目線では、壁をよじ登るだけの競技ですが実際やってみると難しく、その動作一つ一つの奥深さが感じられるかと思います。

まだまだ、発展途上で未開拓な部分も多いスポーツクライミングだからこそ、オリンピック開催によって新しい発見や新たな競技人口を作る絶好の機会となるでしょう。

皆が新鮮な気持ちで臨むことができる新スポーツとしてあなたの心を魅了してくれそうです。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

まだデータがありません。

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP