バスケットボール シュート

富樫勇樹の筋肉画像から目が離せない!身長差をカバーする超人並みの筋肉を生んだ筋トレ法とは?あのドライブのポイントも解説

 

富樫勇樹選手はアメリカ・NBAでの契約を勝ち取った経験があるバスケットボール選手です。小柄な身長ながらフィジカルにすぐれ、スピードやクイックネス、3ポイントシュートなど高い技術を持っている富樫選手の筋トレについてチェックしていきましょう。

バスケットボールは背が高くないといけないと思っている人もいると思いますが、富樫選手のような筋肉をつけて他の選手に負けないようなスピード・技術を身に着けましょう。富樫勇樹選手の得意とするドライブのポイントも解説していきます。

NBAプレー経験のある富樫勇樹選手の経歴とプレースタイルをチェック

 

ems: center;”>

この投稿をInstagramで見る
ems: center;”>

 

Yuki Togashi 富樫勇樹さん(@yukitogashi)がシェアした投稿


日本代表にも選出され、Bリーグでもチームの中心選手として活躍している富樫勇樹選手はNBAのプレー経験もある日本のトッププレーヤーの一人です。経歴やプレースタイルをチェックしていきましょう。

富樫勇樹選手は中学時代からすごかった!

富樫勇樹選手は新潟県の新発田市の出身です。お父さんがバスケットボールの指導者だったこともあり、中学時代に全国制覇を成し遂げ、高校時代には日本代表候補にも選出されています。

2012年にbjリーグ(現Bリーグの前身)の秋田ノーザンハピネッツに入団すると、新人王やベストファイブに選出されています。

さらに2014年には日本で2番目となるNBAの選手契約を結んでいます。NBAのトップリーグではなく育成リーグであるDリーグ(NBAディベロップメントリーグ)でプレーした経験があります。

その後日本に戻り、現在ではBリーグの千葉ジェッツに所属しています。

富樫勇樹選手のプレースタイルは

富樫勇樹選手は身長167cmとバスケットボール選手の中では非常に小柄です。ですが鋭いドライブを武器としたドリブル、視野の広いパスでガードとしてゲームを組み立てるほか、3ポイントシュートやフローターシュートといった得点力も魅力の選手です。

富樫勇樹選手の筋肉がすごい!鍛えるべき部位はここだ

富樫選手はアメリカの高校に在学しているときにコーチからディフェンス力を高めるように指導され、身長差のある相手にも負けないようなフィジカルを身につけるため、筋力トレーニングを続けてきました。

特に小柄な選手はどの部位を鍛えるべきなのかチェックしておきましょう。

全身をバランスよく鍛える必要がある

男性 ダンベルバスケでは使わない筋肉はほとんどありません。ダッシュ力や腰を落としてのプレーなら太ももの大腿四頭筋・ハムストリングスが必要ですし、ジャンプならふくらはぎの下腿三頭筋が必要です。

ボールを扱ったり投げたりするなら大胸筋・広背筋・上腕筋などが必要になります。ボディビルダーのような筋肉を付ける必要はありませんが、しっかりとパワーを付ける必要はあります。

小柄な選手は肩と体幹を鍛えると良い

小柄な選手は相手と接触した場合に耐えられるように、肩の三角筋・僧帽筋・上腕二頭筋・三頭筋を鍛えると良いでしょう。腕はバランスを取るときや相手を避けたりする際にも非常に重要です。

また、ドライブやジャンプシュートの際に体が流れてしまわないように、体幹トレーニングをしてボディバランスを安定させましょう

富樫勇樹選手のような筋肉をつけるトレーニング

富樫選手のように強靭な筋肉をつけるには部位ごとに適切な筋力トレーニングが必要です。肩や上腕筋、下半身の筋力アップはもちろんですが、瞬発力やジャンプ力のほかに全身の動きを連動させるトレーニングを行うのも効果的です。

肩と上腕筋のトレーニング

バスケにとって腕は考えている以上に重要なパーツです。ボールを取る、投げる、ドリブルをするというのはもちろん、ドリブルやシュート時に相手を避けるときにも使います。肩が相手選手と接触する場合もあります。

ベンチプレスで上腕三頭筋・三角筋・大胸筋を鍛えることで肩から腕にかけて鍛えることができ、シュートレンジを伸ばすこともできます。

なお、怪我を避け効果を高めるためにバーの握り方やフォームに注意しましょう。特に重要なポイントは以下になります。

  • 手首はやや外側に向けること
  • 握る手幅は肩幅の5倍程度にすること
  • 肩甲骨を寄せて下に引き下げることで胸を張ること(ブリッジをしっかり作る)
  • 下げきったときに前腕が地面と垂直になるようにする

メディシンボールで運動連鎖能力と瞬発力を高める

重いメディシンボールを使って様々なトレーニングを行うことで、体幹強化に加えて下半身と上半身を連動させる「運動連鎖」という能力を強化することができます。

ジャンプシュートなど、下半身のバネを使って生み出した力を上半身に効率良く伝えることができるようになるトレーニングです。また、爆発力を生み出すことができるようになります。

強靭な下半身のトレーニング

強靭な下半身を作るにはスクワットやデッドリフトなどのトレーニングが効果的です。特にジャンプスクワットはジャンプ力や瞬発力の強化もできるのでおすすめです。

  1. 通常のスクワットと同様にひざを曲げて腰を落とす。
  2. その際、腕はまっすぐ前方に伸ばす。
  3. 股関節を曲げてお尻を後ろに突き出すようにしながらひざを曲げていく。背筋は伸ばす。
  4. 立ち上がるときにジャンプ。高さによって負荷を変えられる。
  5. 着地すると同時にひざを曲げていく。

ふくらはぎの筋力アップでジャンプ力を高める

ジャンプ力やダッシュ力の要になるのがふくらはぎの筋肉です。ふくらはぎの筋肉を重点的に鍛えたい場合はカーフレイズが効果的です。

カーフレイズはつま先立ちのようにかかとを上げ下げするだけの簡単なトレーニングですが、以下のようなバリエーションで工夫して行うと良いでしょう。

  1. 通常のカーフレイズ。下げたときに足を床につけないのがポイント。
  2. かかとを上げたまま静止。
  3. ダンベルを持って片足でのカーフレイズ(両足とも行う)。
  4. 段差の上に立って同様の流れで行う。

段差の上に足の前半分を乗せて、かかとが浮いた状態でカーフレイズを行うと通常よりも高い負荷をかけることができます。

カーフレイズは足首のねんざの予防としても非常に有効ですので、素早いターンやストップを行うドリブルやジャンプを繰り返すという人はぜひ取り入れたいトレーニングです。

瞬発力とジャンプ力を高めるトレーニング

瞬発力とジャンプ力を高めるトレーニングとして、ボックスジャンプを取り入れてみましょう。

ジャンプスクワットはあくまでスクワットとして大腿四頭筋・ハムストリングス・大殿筋などを鍛えるのに効果がありますが、ボックスジャンプは瞬発力・ジャンプ力に加えてボディコントロールを向上させる働きがあります。

  1. スクワットの要領で腰を落とし、両足で台に向かってジャンプする。
  2. 両足で着地。ひざでクッションを取るのを忘れないようにする。
  3. 台を高くすると負荷が高まる。
  4. 止まらずに連続でジャンプするとより瞬発力強化につながる。
  5. 片足でのジャンプを取り入れると左右の筋力差のバランスを取ることができる。

リスト強化でシュート率を高めよう

バスケットボールを扱う際は手首を強化することも大切です。パス、ジャンプ、ドリブルなどどの技術にも手首を使いますので、ハンドカールでリストを強化しましょう。ベンチ(または椅子)とダンベルを使って簡単に行なえます。

  1. ダンベルを持って椅子に座り、手首がひざの先に出るように前腕部を太ももにつける。
  2. 手のひら側が上になるようにし、手首を下向きに返す(反らせる)。
  3. 手首をできるだけ反らせたら、巻き込むように手首を上に戻す。
  4. 次に手のひら側を下にして、手首を下向きに巻き込む。
  5. 手首をできる限り上に反らせる。

体幹トレーニングでボディバランスアップ!

バスケットボールではジャンプやターンなどの動作が非常に多いため、体幹トレーニングを取り入れると良いでしょう。

体幹トレーニングでジャンプシュートもドリブルも向上する

体幹トレーニングを行うことでボディバランスが向上します。スタート・ストップやターンが多いドリブルやジャンプシュートなどはバランスを崩さずに動作できることが重要です。

富樫勇樹選手のようにドライブ、クイックネス、3Pシュートなどが武器になる選手は体幹トレーニングは特に欠かすことができません。

体幹トレーニングの基本はプランクから

体幹トレーニングの基本となるプランクを行いましょう。上の動画ではフロントプランク・サイドプランクといった基本的なプランクを負荷を変えながら10分間行っています。

体幹トレーニングはウェイトトレーニングや自重トレーニングよりも負荷が軽いため、毎日の習慣として行うようにしましょう。

動きをつけた体幹トレーニングを行おう

プランクができるようになってきたら、動きをつけた体幹トレーニングを行いましょう。上の動画ではスポーツをする上で「使える」体幹トレーニングを特集していますが、負荷が高いため無理のないように行うことが大切です。

動きをつけて体幹トレーニングを行うことで、よりボディバランスを強化することができます。

体幹トレーニングを行う際はフォームに注目しよう

プランクなど体幹トレーニングを行うときには正しいフォームで行うことを意識しましょう。背筋が曲がっていたり体が傾いていたりすると、正しい効果が得られません。

富樫勇樹選手のようなドライブのポイントをチェック

富樫勇樹選手のプレーの特徴の一つは鋭いドライブからのパスやシュートです。ドライブのポイントやどのような練習をすれば良いのかをチェックしましょう。

富樫勇樹選手のドリブルトレーニング

実際に富樫勇樹選手が行っているトレーニングを一部見ていきましょう。「基本的なトレーニング」と富樫選手が動画の中で言っていますが、このようなトレーニングをスムーズに行えることがドライブのポイントの一つといえます。

素早い一歩を踏み出すためのアジリティトレーニング

素早い切り返しやターン・ストップ&スタートなどを行うため、ミニハードルやラダーなどを使ったアジリティトレーニングを行いましょう。まずは基本となるラダートレーニングです。

ボールを使ったラダートレーニング

ラダーを使ったアジリティトレーニングをドリブルしながら行ってみましょう。足だけに集中するとドリブルがおろそかになりますし、ボールに集中するとフットワークがうまく行かなくなります。

アジリティトレーニングは脳に動きを刷り込ませるという特性のあるトレーニングですので、考えずにできるようになるまで練習しましょう。

まとめ

富樫勇樹選手は小柄ながらしっかりと筋力トレーニングをして長身の選手にも負けないようなフィジカルを身に着けています。バスケでは小柄な選手は不利と言われていますが、逆に有利な点も多いため、トレーニングで補っていきましょう。

小柄な選手にとって富樫勇樹選手のプレーやトレーニングは非常に参考になりますので、ぜひ上記のトレーニングを取り入れてみてください。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP