キックボクシング

那須川天心の筋肉画像に注目!”無敗の神童”を生み出した筋肉トレーニング方法とは?その強さを支える食事の秘密も調査!

 

那須川天心といえばわずか15歳でプロデビューを果たし、ジュニア時代からその強さが注目されてきたキックボクシング選手です。

「無敗の神童」として数々の大会に挑んでいる那須川天心選手ですが、試合を勝ち抜くための筋肉をどのように鍛えているのでしょうか。

そこで今回は那須川天心選手の筋肉トレーニング方法を徹底的に解説していきます。那須川天心選手の強さを支える食事の秘密も調査します。

「無敗の神童」那須川天心選手

那須川天心選手の強さはキックボクシングの技術だけでなくパワフルな筋肉と優れた身体能力が一体となって生まれています。

那須川天心選手の強さ

https://www.instagram.com/p/BzCoD8mjsFd/

那須川天心選手はこれまでプロキックボクサーとして30試合以上を戦っていますが、全勝無敗という驚異的な結果を残しています。アマチュア時代においても105戦中、敗戦はわずか5試合となっています。

那須川天心選手は父親の勧めで5歳の頃から極真空手を始めていますが、小学5年生の時に極真空手のジュニア世界大会で優勝するという実力の持ち主でした。

那須川天心選手は魔裟斗選手に憧れていたそうですが、その影響で小学6年生の時にキックボクシングを始めることになりました。

ボクシング界からも注目

View this post on Instagram
ems: center;”>

3 years ago. #RISEバンタム級王者 #3年前

A post shared by 那須川天心 Tenshin Nasukawa (@tenshin.nasukawa) on

那須川天心選手はキックボクシングを始めた当初から頭角を現し、中学生の頃には「帝拳ジム」からボクシングへの転向と契約のオファーを受けています。

「世界チャンピオンになれるレベル」としてボクシング界からも注目されていますが、那須川天心選手はキックボクシングをやめることなく「無敗の神童」としてさまざまな大会を戦い抜いています。

那須川天心選手の上半身を鍛える筋トレ方法

全勝無敗、KO率7割以上という「無敗の神童・那須川天心選手」を生み出した筋肉トレーニング方法とはどういったものなのでしょうか。

キックボクシングは体重別階級制で行うため、パワーアップのために筋肉をただ大きくするだけでは体重管理に影響が出てしまいます。

キックボクシングは全身の筋肉を使う格闘技です。パンチのパワーを上げていくためにも体幹を始めバランスのよい上半身をつくる筋トレを行うことが大切です。

ディップス:大胸筋下部・上腕三頭筋

ディップスはパンチを打った時に起こる衝撃をサポートする筋肉を強化する筋トレです。大胸筋・上腕三頭筋を効率よく鍛えることができます。

那須川天心選手もトレーニングにディップスを取り入れて上半身づくりを行っています。肩関節に負担がかかる種目なので、肩に痛みがある場合は休むようにしましょう。

  1. 手が痛くならないようにハンドルの上に畳んだタオルをのせる
  2. 上腕三頭筋を刺激する場合は身体を垂直に上げ下げする
  3. 可能なところまで身体を下げる
  4. 大胸筋を刺激する場合は上体を前傾させ身体の上げ下げ運動を行う
  5. 反動を使うと効果が下がるので身体をできるだけ固定したまま行う

腕立て伏せ:上腕三頭筋

腕立て伏せはできるだけ速い動きで行うことにより上腕三頭筋に働きかけながら瞬発力やパワーを高めることができます。

肩幅より手幅を広くしたり両手を重ねて手幅を狭くしたりして強度を変化させながら行いましょう。ここではパンチの爆発力を磨くための筋肉の反動を使わない腕立て伏せの方法を紹介します。

  1. 通常の腕立て伏せを行い肘を曲げる時に身体を床につける
  2. 身体を床につける時に力を緩めその後一気に身体を押し上げて元に戻る
  3. 負荷を上げたい場合は片手ずつ行う

シュラッグ:僧帽筋・首周り

シュラッグは僧帽筋が効率的に鍛えられる筋トレです。シュラッグはダンベルまたはバーベルを持って負荷をかけることができます。

那須川天心選手は30kgのバーベルを使ったシュラッグを500回行っているそうです。

  1. 足幅を腰幅に合わせバーベルを握る
  2. 僧帽筋を耳につけるイメージで肩を上げる
  3. 背中を丸めずに姿勢をまっすぐ維持する

懸垂:背筋・上半身全体

パンチを打つ際に重要となる押す力と引く力を鍛えるトレーニングが懸垂です。懸垂は広背筋を中心にパワーのある上半身を鍛えることができます。

速度を上げて懸垂を行い、途中でバーを握る手を放しながら瞬間的に逆手に切り替える動きを加えると瞬発力も同時に養うことができます。

  1. 小指側に力を入れてバーをしっかり握る
  2. バーは肩幅より拳ひとつ分広い位置で握る(標準的な位置)
  3. 三角筋後部と僧帽筋に負荷をかけたい場合はナローグリップで行う
  4. 広背筋を集中して刺激させたい場合はワイドグリップで行う
  5. 逆手(アンダーグリップ)で握ると上腕二頭筋に効く
  6. バーを握り肩関節を外旋させ肩甲骨を下げて胸を張る
  7. バーを下げるのではなく肘を腰に引きつけるイメージで運動行う
  8. 身体を垂直に維持して上げ下げを行う

さまざまな部位を刺激する腹筋トレーニング

腹筋も回数を多くし速い動きで行うことが大切です。同じ動作だけでなく数種類の腹筋を組み合わせて変化をつけるとさまざまな部位に刺激を与えることができます。

いつ放たれるか分からない相手からのパンチやキックに対応するためには、一瞬で締めることができる腹筋を鍛えておく必要があります。那須川天心選手も毎日のトレーニングに相当数の腹筋を取り入れた身体づくりを行っています。

ここでは速い動きとスローペースを組み合わせて行う腹筋トレーニングを紹介します。

  1. 上体を起こして腕を前方に出し足を走るように動かす(50回)
  2. 次に同じ状態から足の膝下を交差させる(50回)
  3. 続けて同じ状態から両足を揃えて膝の曲げ伸ばしを行う(50回)
  4. ここで一旦足を下ろす
  5. 次に両手を頭にのせ腹筋だけを使いゆっくりしたペースで腹筋を行う(20回)
  6. 最後に両手を頭にのせ片方の肘と反対側の膝をつける腹筋を速い速度で行う(50回)

那須川天心選手の下半身を鍛える筋トレ方法

身体全体で重みのあるパンチを打つためには強い下半身が必要となります。

那須川天心選手は海外の選手と戦う機会が増えたことで、日本人が不足していると思ったパワーをウエイトトレーニングで補い強化しているそうです。

キックボクシングに必要な強い筋肉とは大きく発達させた筋肉ではありません。太さはなくても瞬発力と持久力を兼ね備えた筋肉を鍛えるためには、筋肉を瞬発的に収縮させる筋トレでアプローチする必要があります。

スクワットジャンプ:足腰を鍛える

丈夫な下半身を兼ね備えていると全身を使った爆発力のあるパンチを打つことができます。またパンチだけでなくキックも含めた全ての動作において基本となる下半身はスクワットジャンプで鍛えることができます。

途中で止まらないことが重要なので最後まで続けてできる回数で行いましょう。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ロッククライミング
  2. ダイエット

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP