吉田正尚の筋肉を紹介!トレーニングは鉄人から直伝?フルスイングを支える筋肉が凄い!秘密の自主筋トレメニューも徹底解説

 

2015年のドラフト会議でオリックスから1位指名を受け、華々しいプロデビューを果たした吉田正尚(よしだまさたか)選手。

プロ入り直後はケガに悩まされた時期もありましたが、2019年現在、オリックスの4番打者としてタイトル争いに名を連ねている今もっとも野球界が注目する選手のひとりです。

実は、吉田正尚選手はその成績もさることながら、鍛えぬかれた筋肉がすごすぎる!と注目の的になっています。

鉄人からの直伝トレーニングや、その鍛え抜かれた筋肉について詳しくご紹介していきます。

吉田正尚(よしだまさたか)プロフィール

 

ems: center;”>

この投稿をInstagramで見る
ems: center;”>

 

吉田正尚さん(@bh_masataka34)がシェアした投稿

イメージはフルスイング&豪快なホームラン

青山学院大学から2015年にドラフト1位でオリックス・バファローズに入団

プロ入り直後はケガに悩まされた時期もありましたが、その後は着実に結果を残し、2019年現在では4番打者として活躍しています。

子供の頃から夢見たホームランバッター

 

ems: center;”>

この投稿をInstagramで見る

 

吉田正尚さん(@bh_masataka34)がシェアした投稿

2016年からの成績を見ると将来を期待される器にふさわしい活躍ぶりです。

2017年以降は打率が3割を超えており、有望な選手の中でも今もっとも期待されている選手の一人といっても過言ではありません。

野球選手としては身長が173cmで小柄な部類に入る吉田選手ですが、幼い頃から憧れ続けたホームランバッター像が自身の打撃理論に反映しているといわれています。

かっこいいホームランバッターを見て野球をしたいと思う子供が増えることを願って、日々自分のバッティングに向き合っている吉田選手。

コーチ軍からも力強いスイングやその飛距離に一目を置いているという注目の選手なのです。

自他共に認める“マッチョ”

試合登場ムービー

選手が登場する際はそれぞれにテーマソングや映像がありますが、吉田選手の場合は、登場ムービー内で“マッチョ”を連呼しています。

本人監修のもと作成されたといわれており、マッチョ感だけでなくかっこよさも表現された映像だと話題になっています。

太ももが物語るマッチョ感

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉田正尚さん(@bh_masataka34)がシェアした投稿

身体の小ささを感じさせない吉田選手は強靭な下半身の持ち主で、中でも太ももは一目瞭然です。

詳しく語るまでもなく、写真がそのすごさを物語っていますね!

吉田正尚の筋肉はあの人からのトレーニングでできている

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉田正尚さん(@bh_masataka34)がシェアした投稿

“マッチョ”な吉田選手ですが、どのような筋トレをすればあのような頑強な身体づくりができるのでしょうか。

その秘訣についてご紹介していきます。

オリンピックメダリストから直々受けるトレーニング

プロ入り前から注目を浴びていた吉田選手ですが、その身体づくりのために自らがファンレターを送ったといわれているのがかつてオリンピックの陸上男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治氏です。

室伏氏は金メダリストとしての筋トレメソッドを吉田選手に惜しみなく伝授し、自らが開発したトレーニングを直接指導しています。

師匠にも大きな期待をかけられたその伸びしろ

173cmという身長をカバーするためには体格の良さが求められますが、室伏氏は吉田選手の研究熱心さや素直な性格も大変評価しています。

秘伝の筋トレをマスターすることで、ケガのない屈強な身体づくりをしながらゆるぎない信頼関係を築けているのだとか。

室伏氏は吉田選手に「野球界で他の人ができないことをやってほしい」という大きな期待をかけているようです。

室伏広治に教わる一風変わったトレーニング

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉田正尚さん(@bh_masataka34)がシェアした投稿

ハンマー×バーベルトレーニング

バーベルを担ぎゆっくり腰を下ろす動作を繰り返す・・・。バーベルで負荷をかけながらのスクワットですが、室伏流だとさらにバーベルにハンマーが!

バーベルの左右には、実際に室伏氏が使用していた約7kgハンマーがそれぞれ付けられています。

ハンマーが重りになることで安定性がなくなるので、左右のバランス感覚も重要になってきます。

全身を左右偏りのないように鍛えることができる、室伏氏発案のトレーニングメニューです。

紙風船トレーニング

使用したのはチューブやダンベルではなく、なんと紙風船!

膨らませた紙風船を両手で持ち、つぶさないように両手で抱えたまま低い姿勢を保ち、左右に移動するというトレーニングです。

一見、力が必要なさそうな紙風船で何を鍛えるのかと不思議に思いますが、主導筋の他に拮抗筋を鍛える筋力トレーニングだそう。

主導筋とはその部位が収縮することで働く筋肉のことで、それに対し、拮抗筋とは主導筋とは逆に伸長した状態の筋肉のことを指します。

例えば腕の筋肉の場合、ダンベルカールのトレーニング中は主導筋が上腕二頭筋(力こぶのできる筋肉)、拮抗筋が上腕三頭筋(二の腕の筋肉)となります。

室伏氏のトレーニングはメインの筋肉だけでなく、裏で動く筋肉をも意識したトレーニングなのです。

ちなみに“10秒台の壁”を破った陸上の桐生選手も室伏氏に師事した一人。さすが金メダリストならではの経験と知識が存分に活かされたトレーニングですね。

吉田選手こだわりの自主トレ

プッシュアップする男性

自体重を利用したトレーニング

吉田選手が高校時代から行っていたのは、主に体幹トレーニングや腕立て伏せなどの自身の体重を利用する筋トレです。

さらに青山学院大学に進学し、器具を使用したトレーニングもメニューに組み込んでいきました。

冬場にはベンチプレスやスクワットなどの、マシンを使用したトレーニングも併用していたそうです。

吉田選手がトレーニングで心がけたこととは?

吉田選手はある特定の部位を集中して鍛えるのではなく、全身のバランスが重要だといいます。

体幹トレーニングを中心に全身を鍛えるのが吉田選手流のようです。

まんべんなく全身を鍛えることで頑強な身体づくりを目指しているのですね。

ケガを防止するトレーニング

室伏氏のトレーニングでも、単に身体を鍛えるのではなく、ケガを防止するためのトレーニングが重要だと強調しており、吉田選手もこれに深く賛同しています。

吉田選手がルーキー時代に筋膜炎を発症し、4ヶ月の療養期間を余儀なくされたことが一因だともいえるでしょう。

1年間を通して1軍で活躍できる身体づくりは、日頃からの努力が大切だったりもします。

吉田選手は若き選手ながら、独自の打撃理論と身体づくりのメソッドを大切にして日々取り組んでいるということがわかりますよね。

飛距離がアップするバッティングに必要な筋肉

全身の筋肉をまんべんなく鍛えることが重要ですが、吉田選手のようなホームランバッターにとって“飛距離がアップする”ことに重点を置いた場合はどこの部位を鍛えるのが効果的なのでしょうか。

代表的な筋肉の部位をご紹介していきましょう。

まずはホームランバッターに必要な足元からのパワーを発揮する太ももの筋肉です。

太ももを鍛えることで、軸足の回転と踏ん張りで飛距離を生み出すといわれています。

ハムストリングス

ハムストリングスとは大腿二頭筋(だいたいにとうきん)、半腱様筋(はんけんようきん)、半膜様筋(はんまくようきん)を総称した部位を指しています。

お尻からもも裏にかけての筋肉をイメージするとわかりやすいでしょう。

膝の曲げ伸ばしや、足を後ろに大きく伸ばす時に動かす筋肉です。

内転筋

内転筋は大内転筋、小内転筋、長内転筋など複数の筋肉から構成されている、内もも部分の筋肉です。

股関節を閉じる動作の際に働いています。

これら内転筋群の筋力のバランスが崩れるとO脚やX脚を引き起こす可能性のある、下半身の中でも重要な部位のひとつです。

背筋

ホームランバッターとして鍛えるべき部位はというと諸説ありますが、やっぱり背筋は外せないという声も多いようです。

背中は主に下方部分にある広背筋と、首~肩甲骨・背中にかけて広がる僧帽筋などがあります。

飛距離を伸ばすスイングのためには速いボールを押し返すパワーが必要だともいわれており、他の部位とあわせて背筋を鍛えるメニューを取り入れてみるのも良いでしょう。

ただし、背筋を鍛える=球威がアップするというわけでなく、その背筋を存分に活かせる投球法が重要ともいえます。

腹筋

なぜ腹筋が必要なのかというと、これは背筋とのバランスです。背筋に力を入れた分、腹筋にも時間を割くことで身体の前後をバランスよく鍛えることにつながります。

前後を同じように鍛えることで身体の安定感が出るようになり、ピッチングやバッティングにも効果が期待できます。

身体の前後だけでなくツイスト等の動きを加え、左右も意識するとよりブレない身体づくりが目指せるでしょう。

トレーニング方法

パーソナルトレーナーと男性

レッグランジ

  1. 足を肩幅くらいに開く。
  2. 手を頭の後ろにセットする。
  3. 片足を大きく前に出す。
  4. 背筋はまっすぐのまま、腰を真下に下げる。
  5. 前足の足裏で床を押すように元の姿勢に戻る。
  6. 逆の足でも同様に行う。

レッグエクステンション

  1. シートに深く腰かけ、膝が90度に曲がるようにセットします。
  2. 息を吐きながら膝を伸ばす。
  3. 息を吸いながら元の位置に戻す。

動作は簡単ですが、ポイントは座る位置と負荷です。座る位置を浅くすることによって、大腿直筋を鍛えることができます。

太ももの前側部分である大腿四頭筋を鍛えるトレーニングで、深く腰かければ外側広筋、内側広筋、中間広筋を鍛えることができます。

負荷は自身のコンディションに合わせてかけていきましょう。無理をするとかえって膝を傷めることにもなるので気をつけましょう。

アダクション

  1. シートに深く腰かけ、膝の内側にパッドが当たるようにセットする。この時、太ももは左右平行を意識します。
  2. 息を吐きながらゆっくりと足を閉じていく。
  3. 閉じきったら息を吸いながらゆっくりと足を元の位置まで戻す。

スクワット

  1. 足を肩幅より少し大きく開く。
  2. 背筋はまっすぐのまま、ゆっくり息を吐きながらお尻を後ろに突き出すように腰を下ろす。
  3. 膝を深く曲げたら少し停止する。
  4. ゆっくりと息を吸いながら元の姿勢に戻る。

アダクションは太ももの筋肉を鍛えるだけでなく、骨盤を安定させる効果も期待できます。

まとめ

ボールを捉えた野球選手

別名“和製大砲”と呼ばれる吉田正尚選手のストイックなトレーニングについてご紹介してきました。

プロ野球界では吉田選手と同じようにマッチョと呼ばれている阪神・糸井外野手ソフトバンク・柳田外野手との合同トレーニングも話題になりました。

偉大なる先輩の知恵を授かりながら、独自のトレーニングメソッドでますます屈強な身体づくりに励んでいる吉田選手。

師匠の室伏氏から期待されているタイトル総ナメの日ももう間近かもしれません。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 格闘技を練習する男性

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP