横浜流星の筋肉に注目!腹筋バキバキ俳優のトレーニング方法を徹底解説!特技の空手も好影響?体脂肪率5%キープの秘密に迫る

 

甘いマスクにバキバキの腹筋を持つ横浜流星は、そのストイックぶりが話題になっています。

鋼のような腹筋はどのように作り上げられたのでしょう。

日々のストイックな彼のトレーニング方法を徹底解説していきます。

体脂肪5%をキープしていくには、どんなトレーニングをすればいいのでしょうか。

横浜流星の筋肉を作り上げたもの

 

ems: center;”>

この投稿をInstagramで見る
ems: center;”>

 

横浜流星(@ryuseiyokohama_official)がシェアした投稿

「烈車戦隊トッキュウジャー」で大注目を集めた横浜流星は、空手の有段者としても有名です。

その実力は確固たるもので、世界大会で優勝を経験しているほどの実力を持っています。

特技は極真空手

 

ems: center;”>

この投稿をInstagramで見る

 

R_yu💗(@r_yu0222)がシェアした投稿

小学校1年生から極真空手を始めた横浜流星は、何と中学校3年生の時に世界大会で優勝しています。

極真空手は黒帯になるのがなかなか難しいことで有名です。

しかし彼は極真初段の実力を突破しており、難関の黒帯を持っています。

始めは弱かった

現在、バキバキの腹筋を持ち強力な蹴りを披露する横浜流星ですが、空手を始めた頃は一番弱かったようです。

辞めたいと思うこともしばしばあったようですが、頑張り続けた結果が今に至っています。

彼の公式ブログには下記の言葉が記されています。

「努力は嘘をつかない」

引用:https://ameblo.jp/ryusei-yokohama/entry-11407422763.html

この言葉は、彼の日々の筋トレに通じるものではないでしょうか。

極真空手のトレーニング方法

空手 男性

子供のころからモデル業をこなしていた横浜流星ですが、中学、高校時代は芸能よりも極真空手に夢中でした。

まずは、彼の土台を作り上げた極真空手のトレーニング方法を見ていきましょう。

極真空手はフルコンタクト

横浜流星の行っている極真空手は直接打撃を与えるフルコンタクト形式です。

彼が得意としている「蹴り」などの技の重さに魅了される人が多い空手の流派といえます。

相手を倒すことが勝利への条件という、激しいぶつかり合いが特徴的です。

極真空手の呼吸法は呼吸筋を強くする

極真空手では息吹、のがれの呼吸法というものをトレーニングします。

中でも息吹は丹田を熱くする呼吸法で、呼吸筋とよばれる肋間筋や僧帽筋、脊柱起立筋などを強くしてくれるのです。

息吹は通常の腹式呼吸とは逆に、息を吸う特にお腹を膨らませます。

そして息を吐き切った後に、「ハッ」と全てを吐ききることがポイントです。

下記動画では極真の息吹を観ることが出来ます。

体を温める意味もあるので、トレーニング前に取り入れてはいかがでしょうか。

ミット打ち

極真空手のトレーニングのひとつにミット打ちがあります。

しかしミット打ちは、自分より強靭な人物か同等の体力を持つものでないと相手が出来ません。

そこで、自宅ではミット打ちの代わりにサンドバックトレーニングを取り入れる人も多いです。

サンドバックトレーニングはバランスのいい筋肉と持久力をつけたい人にオススメといえます。

幾つか注意点を上げておきましょう。

  • サンドバックを突くときは手首を曲げず、拳から手首まで一直線のラインを保ちます
  • サンドバックを押し出しすぎないよう、体幹を崩さないように打ち込みます。

下記動画では、サンドバックのトレーニング方法を観ることが出来ます。

この他にも、極真空手では様々なトレーニングをおこなっています。

横浜流星の土台は、激しい組手や受け流し稽古の積み重ねで出来上がったものなのでしょう。

横浜流星の自宅トレーニング

 

この投稿をInstagramで見る

 

たおりゅう(@taoryu_recipist)がシェアした投稿

ストイックなトレーニングで有名な横浜流星は、空手に行けない時もトレーニングを欠かしません。

彼のトレーニングメニューは下記のようになっています。

  • 腕立て伏せを100回
  • 腹筋を100回
  • 背筋を100回
  • スクワット100回
  • ダンベル
  • 縄跳び
  • ランニング

さすがストイックトレーニング、彼はこのメニューを毎日こなしているとのことです。

しかし初心者が急に真似をして継続できるトレーニング量ではありません。

これからトレーニングを始める人は、自分に合った数を設定しましょう。

大切なのは毎日継続できるか否かということです。

横浜流星のような体を作るトレーニングメニュー

 

この投稿をInstagramで見る

 

you‪✌︎☺︎︎(@ryuseifan4053)がシェアした投稿

横浜流星のトレーニング方法を 取り入れて、体脂肪5%の鍛え抜かれた体を手に入れてみませんか。

基本のプッシュアップ

腕立て伏せ(プッシュアップ)は、誰もが知っているの基本の筋トレ方法です。

基本ゆえに効果も絶大、まずは基本のスタイルから紹介します。

  1. 手は肩幅より少し広めに付く
  2. 踵から頭頂部分まで一直線にする
  3. 胸を床に近づけるように腕を曲げる
  4. 腕をもとに戻す
  5. 10回~20回繰り返す

腰が落ちで弓なりにならないように注意しましょう。

基本のプッシュアップはインターバルを30秒~1分ほど開けて3セットが理想です。

下記動画で動きを詳しく紹介しているのでご参考ください。

体幹も強くするヒンズープッシュアップ

手の幅を大きくセットし、全身にウエーブをかけて行うのがヒンズープッシュアップです。

  1. 肩幅の1.5倍ほどの広さに手をセットする
  2. お尻を天井へ着きだし、腕を伸ばす
  3. 上体が床すれすれを通るように手の間を滑らせる
  4. 大きな円を描くように元に戻す

このプッシュアップ方法は上腕三頭筋と大胸筋、そして体幹部分に強く働きかけます。

下記動画で動きを詳しく紹介しているのでご参考ください。

上級者向けのプッシュアップ

下記の動画では4分30秒のストイックなプッシュアップを紹介しています。

筋トレ上級者向けのメニューになりますが、よりストイックに鍛えたい人におすすめの内容です。

  1. スタンダードなプッシュアップ
  2. スロープッシュアップ
  3. インターバル15秒
  4. ダイヤモンドプッシュアップ(手の幅を狭くとる)
  5. ステイダウンプッシュアップ(曲げた状態を長くとる)
  6. インターバル10秒
  7. アッパーチェストプッシュアップ(腰を上げ、胸を突き出す)
  8. ヒンズープッシュアップ
  9. インターバル5秒
  10. リバースハンドプッシュアップ
  11. スタンダードプッシュアップ

レッグレイズ腹筋

横浜流星のような鋼のような腹筋は、日々の努力の賜物です。

毎日のトレーニングに、正しい腹筋を取り入れていきましょう。

まずは腹直筋に効果的なレッグレイズです。

  1. 仰向けに寝る
  2. 手を床に着け、垂直になるまで足を持ち上げる
  3. ゆっくりと足を下ろし床につく前に再び上げる

膝を伸ばした状態が、きつく感じる場合は膝を曲げて負荷を軽くします。

下記動画で動きを確認出来ます。

腹筋はサーキットトレーニングがオススメ

腹筋も様々な方法がありますが、効果的的に鍛えるために腹筋のサーキットトレーニングをおすすめします。

この方法は様々な腹筋を合わせておこなう方法です。

組み合わせ方は様々ありますが、ひとつの例として下記動画をご参考ください。

ダンベルトレーニングで腕を強くする

 

この投稿をInstagramで見る

 

たおりゅう(@taoryu_recipist)がシェアした投稿

ダンベルを使ったトレーニングでは、上腕三頭筋、上腕二頭筋、肩、大胸筋、前腕筋などを鍛えることが出来ます。

ここでは横浜流星のような隆起した肩を作るトレーニング方法と引き締まった上腕三頭筋を鍛える方法を伝授します。

ショルダープレス

逆三角形の横浜流星は、腹筋だけでなく肩の筋肉も話題になっています。

ダンベルを使った肩のトレーニングにオススメなのがショルダープレスです。

  1. ダンベルを両手で持ち肩の横にセットする
  2. 胸を張りながら腕を伸ばしていく
  3. 元の位置に戻す

ベンチに仰向けになっておこなうことも出来ます。

腕を下ろしすぎず、90度をキープしてダンベルを上げ下げしていきましょう。

下記動画で詳しく解説しています。

フロントレイズ

フロントレイズは、その名の通りダンベルを前に持ち上げていきます。

主に三角筋に負荷をかけていきます。

  1. 両手にダンベルを持ち、手の甲を上にむける
  2. 足を腰幅に開く
  3. ダンベルがなるべく遠くを通るようにダンベルを上げる

脊柱起立筋に負荷が逃げないように、少し猫背にするといいでしょう。

下記動画でも詳しく説明しています。

キックバック

上腕三頭筋を鍛える定番といえば、ダンベルキックバックです。

女性にもおすすめの筋トレ方法で、ダンベルの代わりにペットボトルを使用してもトレーニングが出来ます。

  1. ベンチに片膝と片手を付く
  2. 反対手にダンベルを持ち、肘を90度曲げる
  3. この時上腕が床と平行になるようにセットする
  4. ゆっくり肘を伸ばし元に戻す

繰り返すうちに肘が下がってくるので、肘の位置は動かないように固定しておきましょう。

体脂肪5%をキープする方法

 

この投稿をInstagramで見る

 

横浜流星(@ryuseiyokohama_official)がシェアした投稿

横浜流星のような体脂肪5パーセントを維持するにはどんなことに注意するべきなのでしょう。

食事が大切

横浜流星は、食生活が大切だといっています。

忙しい朝はコンビニのサラダチキンをよく食べていたそうです。

食事をバランスよく食べてトレーニングをすることが大切ですが、食事の際のポイントをいくつか挙げておきましょう。

  1. よく噛んで食べる
  2. ながら食べはしない
  3. 三食しっかり食べる
  4. 血糖値が上がらないように炭水化物は最後に食べる
  5. 腹八分目でやめる
  6. 和食を中心にする

体脂肪を落とす食事方法となります。

痩せようとして食事を減らし、ドカ食いに繋がるのが最もNGな食事方法です。

引きしまった体を維持するためには、時間をかけた体づくりを視野に入れていきましょう。

間食は和菓子にする

体脂肪を測る機械

横浜流星が間食していたのは「和菓子」です。

甘いものが食べたくなった時は、食物繊維を豊富に含んだあんこ入りの和菓子がおすすめです。

和菓子は洋菓子に比べ脂質が少なくなっており、中でも水ようかんなどはカロリーも抑えめになっています。

有酸素運動をする

 

この投稿をInstagramで見る

 

横浜流星(@ryuseiyokohama_official)がシェアした投稿

体脂肪を落とすことは体重を落とすことではありません。

体重を意識すると、筋肉が付かずリバウンドを起こしやすい身体になります。

横浜流星のような引き締まった体を作りたいのなら、筋肉トレーニングの後に有酸素運動をするのがおすすめです。

筋肉量を増やしつつ有酸素運動をすれば、脂肪は更に燃えやすくなります。

横浜流星が取り入れているのはランニング

彼のトレーニングメニューに入っているのはランニングです。

これからランニングを始める人は下記の順番にトレーニングをすることをオススメします。

  1. 30分間、早歩きをする
  2. 60分間、早歩きをする
  3. 1~2kmをゆっくり走る
  4. 2日か3日に1回ペースで走る

順番にクリアしていくと、ランニングが継続しやすいのではないでしょうか。

始めから無理に頑張ろうとすると続かないので、自分の基礎体力を徐々に上げていくのがベストの方法です。

ランニングを筋トレメニューと組み合わせることで、体脂肪の減少が期待出来ます。

日々の努力が横浜流星を生み出した

 

この投稿をInstagramで見る

 

ayumi(@ryusei_yoko)がシェアした投稿

ストイックなトレーニングで知られている横浜流星は、毎日のトレーニングを欠かさず努力を続ける俳優です。

彼の絞りぬかれた見事な肉体は、継続した筋トレが生み出したものでした。

継続は力なり、まずは続ける事から始めてみてはいかがでしょう。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP