チャンバラ

スポーツチャンバラのトレーニング方法を徹底解説!勝つために必要な筋肉とは?効果的な筋肉トレーニングとメニューを紹介

 

スポーツチャンバラは安全性が高く誰にでもできるスポーツとして人気が高まっています。

得物(武器)の種類の多彩さと、体のどこに当てても良いというルールのわかりやすさが特徴です。

当然勝つことを追求するために必要なトレーニングや鍛えるべき筋肉を知っておくことが大切になります。

効果的で的確なトレーニングをすることで実力アップにつなげましょう。

スポーツチャンバラに必要な要素をチェック

ジムで体を鍛える男性スポーツチャンバラの得物は空気を入れた非常に軽いものなので、単純な腕力だけで振り回すというのは得策ではありません。

科学的・理論的に実力を向上させるため、必要な要素を考えていきましょう。

俊敏性・瞬発力

スポーツチャンバラは瞬間的に相手の間合いに入って一撃を放ちます。

さらに攻撃をかわすために瞬時に相手の間合いから離脱する必要もあります。

そのため、俊敏性や瞬発力が必要になります。

最小限の動きで相手の攻撃から逃れたり、逆に相手の攻撃に対してカウンターを放つといった動作も重要です。

柔軟性

スポーツチャンバラでは下半身への打撃も認められています。

そのため、相手との打ち合いの際に体勢を低くして攻撃することも多いです。

柔軟性がなければ高低の打ち分けが難しくなりますし、守備時にも動きづらくなります。

もちろん怪我の予防という観点からも、柔軟性は非常に重要です。

フットワーク

ランニングマシンスポーツチャンバラでは相手との間合いを計りながら攻撃・守備に対応するためのフットワークの良さも重要です。

柔道や剣道なども足さばきの良し悪しで攻勢・守勢が変わりますが、スポーツチャンバラでも同様です。

視野の広さ

スポーツチャンバラでは視野の広さも重要なポイントになります。

簡単に鍛えられる部分ではありませんが、相手のウィークポイントを見抜くため、広い視野を持っていることが大切です。

持久力

スポーツチャンバラの試合時間は1分間という短時間ですが、1分間常に動き続けるというのは非常に難しいことです。

そのため1分間は動き続けられるような持久力を身に着けましょう。

スポーツチャンバラに必要な筋肉はここだ

スポーツチャンバラに必要な筋肉をチェックしていきましょう。

全身を使ったスポーツなのでどの部位も大切ですが、特に以下のポイントを鍛えるのがおすすめです。

また、筋肉をつけすぎて体重が重くなると俊敏性が失われるので注意が必要です。

背筋・腹筋

得物(武器)を振るときには背筋を利用します。また力をいれるときには腹筋を踏ん張る必要があります。

背筋・腹筋はどんなスポーツにも必要な筋肉です。バランス良く鍛えておくと良いでしょう。

得物を振るための腕の筋肉は非常に重要です。

単純な腕力ではなく、手首のスナップや握力を強化するために前腕筋を特に強化すると良いでしょう。

下半身

下半身の安定感は力強い打撃を生みだします

また瞬発力やスピードの源になるため、大腿四頭筋・ハムストリング・大殿筋・下腿三頭筋などを鍛えておきましょう。

体幹の強さ

スポーツチャンバラは体のどの部位でも十分な力で当てれば一本になります。

攻撃時・守備時に無理な体勢になっていることもあるため、ボディバランスの良さは大きな強みになるでしょう。

体幹を鍛えることで体勢を崩すことなく攻撃や守備ができるようになり、十分な力を加えられるようになります。

スポーツチャンバラで勝つために必要なトレーニング

縄跳びをする男性スポーツチャンバラで勝つために必要な筋力トレーニングをご紹介します。

特にリスト・背筋・下半身を中心としたトレーニングを行うと良いでしょう。

リストカール

スポーツチャンバラでは手首のスナップを効かせることが大切です。

手首の周りは筋肉が少ないため、手首のみに重点を当てた筋トレを行いましょう。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. パーソナルトレーナー
  2. トレーニング ストレッチ
  3. 食事

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP