正しい姿勢と猫背の比較

猫背を改善する筋力トレーニングとは?

 

猫背とは背中を丸め、首を前に突き出した姿勢のことを言います。
外見面でみっともない、恰好悪いというのが取り沙汰されがちですが、実は健康への悪影響の方が深刻です。腰痛や頭痛の原因になることはもちろん、時には大病の原因にすらなりうるのです。
ここでは猫背の外見面のデメリットと健康面への悪影響、そして改善方法や対策についてご紹介します。

ルックス面のデメリット

姿勢改善前と後の比較

例えばルーズなスタイルが決まるようなファッションを好む場合、どこか不良性がある猫背が逆に恰好良いと思うこともあるかもしれません。
しかし背中が曲がり首を前に突き出している猫背は、一般的には滑稽にも映るだらしなさの象徴と言っても良いでしょう。

肩を竦めることで出てしまう暗い雰囲気は、覇気の無さ、不健康さを想起させ、対人関係で与える印象としてはマイナス要因にしかなりません。
デスクワークなどの長時間の座り仕事を行っている方に多く見られますので、現代では誰もが猫背予備軍と言えるかもしれません。

健康面でのデメリット

健康面での影響はより深刻です。
肩や首がこったり、頭痛に悩んだり、腰痛の原因となるといった想定内のトラブルならまだしも、内臓への影響すら考えなければなりません。

更には最も恐ろしい病気として、深刻な後遺症や死の危険性すらある脳梗塞についても心配です。

猫背と脳梗塞

猫背が習慣化してしまうと首への負担が慢性化し、酷いケースになると骨と骨の間にある椎間板が潰れ、首の動脈が圧迫され続けることになります。
そういったことから脳梗塞すら誘発する可能性が考えられます。

猫背で横隔膜の機能が衰える

猫背になることで顎が上がったままになってしまうと、深い呼吸が出来ない状態が続き、横隔膜がしっかり機能しなくなる可能性があります。
横隔膜神経は首から出ているため、横隔膜が正しく機能しないと首にかなりの負担が掛かってしまいます。
子どもだと起立性貧血や車酔いなどの症状が出ることもあります。

猫背の原因

やはりデスクワークなど座った姿勢を続けざるを得ない仕事は猫背の危険度が高まります。

また、スマホやタブレット端末も猫背で覗き込むことが多いため、これから更に猫背になる人が増加するのではと懸念されています。
実際若年層には、早い時期から脊柱後弯症の方が増えているとの調査報告もあるそうです。

※脊柱後弯症とは?
背骨の胸の部分、即ち胸椎のカーブが異常に大きい状態を指し、一般的にはいわゆる猫背のことです。
軽度では自覚症状がないこともありますが、背中に持続的な痛みが起こり、進行すると酷い腰痛や神経痛に悩まされます。

筋力トレーニングで猫背を改善する

腰に痛みをかかえる筋骨隆々の男性

例えば矯正ベルトを使ってみたり、ストレッチで改善を試みたりと猫背対策も様々です。
ここでは筋力トレーニングでの解決を考えてみましょう。

背筋や背中を鍛えて改善するという手段もありますが、先に述べた通り悪い姿勢が常態化してしまったことが猫背の原因だとすると、背筋の弱さで猫背になっている訳はないので、根本的な解決にならない可能性が高いでしょう。

筋トレで予防をするのであれば、正しい姿勢を維持出来る身体を作ることに注目しましょう。正しい姿勢を習慣化出来れば、猫背から脱することが出来るためです。
では猫背改善に有効なトレーニング、プランクを紹介します。

猫背改善に効果的な筋トレ種目、プランク

プランクの効果は多岐に渡ります。

  • 姿勢改善
  • ヒップアップ
  • ぽっこりお腹の予防
  • シックスパックづくり

インナーマッスルをしっかり鍛えられるトレーニングですので、猫背で悩んでいる方にも有効です。
では早速プランクのやり方を見てみましょう。

プランクのやり方

  1. 床にうつ伏せになり、脚はのばして力を抜きます。
  2. 両腕は曲げ、両肘を床につき、両足のつま先を立てて身体を持ち上げます。
  3. 肩からお尻、足の先まで一直線のラインになるようにします。背中反らしたり丸めないよう注意します。
  4. この姿勢のまま30秒間キープしましょう。

30秒×3セットを目安にトライして、慣れてきたら時間を延ばしていきましょう。

現時点でに猫背の方がやると、最初は背中が伸びにくいかもしれません。
その場合は慣れるまで足先ではなく膝をき負担を軽くして実施しましょう。

【関連記事】姿勢改善にも効果がある大胸筋のストレッチ方法

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. キックボクシングのスパーリングを受ける女性
  2. 女性 腹筋
  3. 男性 ダンベル
  4. ラグビー スクラム
  5. 太もも ダイエット
  6. ストレッチする女性
  7. バスケットボール シュート
  8. バスケ 男性 ドリブル

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP